好きなアーティストさんのライヴを中心に、書き込んでいきます!


by kei4542

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

バセドウ病

みなさんこんにちは

先日、絢香ちゃんのシンフォニックコンサートがあった後、土曜にイベントとして行なわれた青森での「Dream Summer Live in 地球村」~みんな空の下~で、絢香ちゃんが体調不良によってキャンセルされたことはご存知かと思います。

確かに、シンフォニックコンサートのMCでも、話しているだけで息が切れる場面があって、調子が悪いのかな・・と思わせるシーンがあったのは確かです。

もちろん、参加された方にとっては、凄く楽しみにしていて、絢香ちゃんが来ないのは残念だったと思います。まぁ。。体調不良だから仕方がないとは思うのですが、以前から体調不良を告白していたとはいえ他人に迷惑をかけるくらいなら、来年以降、無期限活動休止といわず、すぐに活動を中止して治療に専念するべきだ!と言う声がかなり聞こえてきます。

私もそうだと思います。ですが、今の絶頂期に以前からの持病があるのでいきなり休止する・・・という決断を、今までなんとか出来ていたときにするには勇気がいると思います。

私は医者ではありませんが医療関係者で、絢香ちゃんの持病であるバセドウ病について調べてみると、

=甲状腺機能亢進症となっていて、甲状腺ホルモンが過多になって、甲状腺機能が亢進するらしいです。

症状としては、目が突出するとか、女性はきれいになるとかいうのは良く知られていますが、
全身症状として、疲れやすい、だるい、脱力感等。
神経・精神症状では  イライラ感、落ち着かない、集中力低下、不眠等。
循環器症状として  動悸、頻脈、むくみ、息切れ 口渇等。
このあたりまでは、知ってる人は知っているかもしれません。

ただ、他に女性の場合、月経不順、無月経、不妊の原因になるってところまで知っている一般の方はあまり多くないかもしれません。

そして、この治療には、大きく分けて3つあります。
①内服治療。
②放射線治療。
③手術。

それぞれの長所短所をあげると、

①内服は症状が軽くて甲状腺腫が小さいひとに適応で、外来治療も可能ですが、治療期間が長く、薬を規則的に服用する必要があります。症状の改善(根治に近い)は望めるが、再発の可能性は、②③に比べると高いです。
②の放射線は、基本的に50歳以上の方で手術後で再発の方に適応で、妊娠中、授乳中は不可、3ヶ月以内に妊娠の可能性のない人 にしかできません。根治が望めます。
③手術は甲状腺腫が大きい方に適応で、一番手っ取り早く治療できますが、首に傷が残ること、確率は低いですが、反回神経麻痺の可能性が0ではないという危険があります。根治が望めます。

これらを考えると・・・絢香ちゃんが来年以降無期限休止を宣言した気持ちが良くわかります。

ヒロくんと結婚し、家庭に入ったことを考えれば不妊の原因になるこの病気をしっかりと治療したいという気持ちが痛いほどわかります。では治療はどうするか?結婚して家庭にはいった絢香ちゃんに放射線は適応ではありません。さらに人前にでる仕事をしている絢香ちゃんには首に傷が残るのは耐えられないことだし、なにより万が一、半回神経麻痺で声がかすれたり、呼吸困難になる可能性がある手術に踏み切るのは非常に怖いことだと思います。

だからこそ、時間はかかっても、生活習慣を整えて、内服でしっかり治療しよう!というのが今回の無期限休止の意図なのだと思います。

逆のことを考えると、その治療で手術を選ばないということは、今の症状は内服でも治療できるくらいで、まだそんなに悪化してはいない事が推測されます。更には、手術を選ばないで首に傷が残らないで済むという選択をする(だろう)ことは、治療がうまくいけば、またみんなの前に戻ってきてくれる^^・・・と。まだその可能性は十分ある(=完全引退ではない)と考えてもいいのではないでしょうか?

確かに、今回の急な欠場はみなさんをがっかりさせ、迷惑をかけたかもしれませんが・・・治療がうまくいって、またみんなの前であの素晴らしい歌と感動を与えに舞い戻ってきてくれることを期待して、今回のことは許してあげて・・・温かい目でみてほしいなと思います。

それにしても。。。シンフォニックコンサートでのマイクレスI belive・・・どれだけ絢香ちゃんが消耗していたか良くわかります。あの感動は、気持ちを込めるだけで出来ることではないんでしょうね・・・自分の命を削って・・・まさしく魂をみんなにぶつけて歌いあげているのでしょう・・・。
その場にいた私達は・・・少なくても私は、そのメッセージをしっかりと受け止める義務があるのだと思っています(だからこそすぐに活動中止して引退しろとはいえない・・・彼女が歌い続けるかぎり)。そう思うから、あの場所でこのように言葉になっていなかったとしても・・・あれだけ感動することが出来たのだと思います。

まあ、人それぞれ考えは違いますが・・・とにかく絢香ちゃんには一日も早く、良くなってほしいとおもいます。

また、今回の青森で絢香ちゃんがいなくて、ステージを支えてくれた奥村初音ちゃん。絢香ちゃんのいないステージを、プレッシャーのなかでがんばって歌い上げてくれたこと、本当にお疲れ様でした。
その初音ちゃんをサポートしてくれたチーム初音のみなさん・・・雨宮さん本当にお疲れ様でした。
また時間を見つけてライブ観にいきたいです!

長くなりましたが。。。ではでは
[PR]
by kei4542 | 2009-08-25 08:23
きっと、ずっと忘れないコンサートになる・・・。

コンサートパンフにあった絢香ちゃんのメッセージの最初の一行です。
おそらく、全てのファンが思ったことだと思います。

私にとって10回目の絢香ちゃんコンサートを間近で感じることができたことを奇跡に思います。

e0176972_8302396.jpg


e0176972_2332745.jpg


人が写りこんでいますが開演前です^^;;(座席から見た指揮台とピアノ)


セットリストは

1. I believe (Inst)
2. 恋焦がれて見た夢
3. For today
4. グンナイベイビー
5. 魔法使いのしわざ
6. 三日月

休憩(15分)

7. 今夜も星に抱かれて (Inst)
8. おかえり
9. 1・2・3・4
10. POWER OF MUSIC
11. 夢を味方に
12. ありがとう
13. みんな空の下

14. I believe(ピアノソロ・マイクレス)

1曲目のinstで音のシャワーをいっぱいに受け、2曲目で絢香ちゃんが登場ですが・・・。
もう涙腺緩みっぱなし^^;;
結局、隣は空席のまま・・・いたらいやだったでしょうね^^;

みんな空の下まで、すごい早かった・・・。

最後、オーケストラのみなさんから一輪ずつ花束を渡される絢香ちゃん。

その中でピアノの澤近さんだけが残って二人だけに・・・。
澤近さんはデビュー前の絢香ちゃんにピアノレッスンをしてくださった先生なのだそうです。

その先生と、マイクレスでI believeを熱唱する絢香ちゃん。
何度かマイクレスでのI believeを聴いたことはありますが・・・最高のI believeでした。

またいつか・・・絢香ちゃんの声が聞けますように・・・。

e0176972_8304752.jpg


ではでは
[PR]
by kei4542 | 2009-08-23 00:04 | 絢香
先日の週末は、土曜に井上昌己ちゃんのアコースティックライブwith江口さん@大阪中津VI-Code、さらに、日曜に送り火ライブ@京都都雅都雅の2連戦がありました。

関西でライブに参加するのは初めて・・・(以前、やうちゃんの名古屋金山ライブに夜行バスでいったことが^^)
いえ、大阪で電車に乗って自分の足でどっかいくのは学生のとき以来w車で移動した時からでも、すでに15年ぶりくらい^^;;;(東京ではエスカレーターに乗るとき、左側に立つのですが、大阪では右に並ぶことにびっくりwこれ大阪だけなんですか?京都は左ですよねw)

しかも、土曜は夜勤明けで睡眠時間ゼロ;: 速攻で帰宅して1時間だけ寝て昼に新幹線に飛び乗って現地へ向かいました。

大阪に着いたのは15時前。中津の近くに宿をとっていたので、先にチェックインして間に合うだろう、と思っていたら・・・。駅から宿が異常にわかりにくく、迷子に^^;;;電話して誘導してもらいなんとかチェックイン。少し休めるかと思ったのですが、すでにいい時間になっていたので、あわててVI-CODEさんへ向けて出発。これまた歩いていったので、わかりにくかったのですが、うちわをもったいつもの集団を発見。なんだかんだで、開場30分位前に到着。
VI-CODEさんは当然初めてなのですが、路線の高架下に入り口があるのです。まさか真下に建物ないよなぁ?・・・地下への階段あるんだよねぇ?wと思っていたら・・・・。


で、18時前から江口さん、昌己ちゃんが入場して、スタートです。

セットリストは、
1) 愛しているから
2) 夕立
3) YELL! 16番目の夏
4) メロディー
5) 砂浜
6) だいすき
7) 奇跡の糸
8) 向日葵
9) 砂に落ちた涙

衣装替え
10) Too far away


11) 魚座たちの渚
12) ラ・ブートニア
13) 神様のミステイク
14) 僕がいるから大丈夫
15) 彼女が泣いた夜
16) LOVE
17) 純心
18) 1976年のラブレター
19) Balancin' Love
20) 土曜夜市
                11 ~ 20はアコースティックアレンジのワンコーラス

21) チェリー
22) 10年後も…


アンコール 1
23) 76th Star
24) 花火

アンコール 2
25) 恋が素敵な理由
26) メリー・ローランの島

以上が、3時間以上にわたって演奏されました。今回のライブはアコースティックライブで、一部カラオケがあったものの、ほぼアコースティックアレンジされた、耳新しいサウンドでした。
昌己ちゃんの澄み渡った響きのあるボーカルに江口さんのアコギによるセッションオンパレード状態なわけですが、バンド編成にくらべれば圧倒的に昌己ちゃんの声を楽しむことができるこの今回の趣向は、私は大好きで、very goodだったと思います。
またいつか、いえぜひぜひ、同じ趣向のライブを体感したいですね。あと、昨日絢香シンフォニックコンサートに行ったからと言うわけではないのですが、弦楽四重奏と一緒というのも有りかもしれませんね。
というわけで、素晴らしいサウンドをくれた昌己ちゃん、江口さんお疲れ様でした♪


また、ライブ後、ファンクラブの方が集まって打ち上げをされてたようです。
私も、事務局代表さんにお声かけますとメールで話しておきながら、かけずにいたのを気にはしていたのですが、なにせ、眠くて仕方なく^^;;;いつ寝落ちしてもおかしくないような状態でしたので、ライブ終了後、宿泊先に帰り、速攻でzzzでした^^;;;



翌日、京都都雅都雅で行なわれた送り火ライブにも参加しました。

井上昌己ちゃんの出番は3番目。


セットリストは

1) 恋が素敵な理由
2) 愛しているから
3) Too far away
4) 向日葵
5) 花火
6) 76th Star

向日葵のあと、送り火ライブの名の通り、スクリーンで五山の送り火中継がはいり、一時中断。

五山の送り火・・・大文字焼きですけど初めてみました^^
私、てっきり ”大” しかないものとおもっていました^^;;お恥ずかしい^^;;;

曲に関しては Too far away が良かったですね~♪
江口さんのAgと、昌己ちゃんの声のみで会場のみんなが聞き入っていました^^


で、残念ながら、私の参加はここまで;:、翌日の仕事のため、東京への帰路につきました。
途中までしかいられなくて、岩男潤子さん、鈴木トオルさんの生声を聴けなかったのが残念でした;:


次回はFABでお逢いできそうです。その際には岩男潤子さんも聴くことができそうです。

ではでは

(今回数回アップしてますが、誤字に左右間違い^^;大変失礼いたしました)
[PR]
by kei4542 | 2009-08-21 12:05 | 井上昌己

いよいよ

先日の週末は、土曜に井上昌己ちゃんのアコースティックライブwith江口さん@大阪中津VI-Code、
さらに、日曜に送り火ライブ@京都都雅都雅の2連戦がありました。

そして・・・今日はこれから絢香ちゃんのシンフォニックコンサート@東京国際フォーラムがあります。
どんな感動が待ちうけているのか楽しみにしているところです。
(また、泣くんだろうなぁ・・・笑)

以上3件、近いうちに報告といった形でアップしますね^^

ではでは、準備していってまいります^^ノシ
[PR]
by kei4542 | 2009-08-20 14:29

さぷらいず@@

昨夜は夜勤で、関東地方では地震に夜半から大雨があったりと、夏らしくない気候が続いていますが、みなさま体調を崩されたりしていないでしょうか?

私は忙しいさなか、不定期な休日で日程が合うライブにだけ参戦するような形になっています。

8月は井上昌己さん中心になっていますね。
8/1の海老名は夜勤明け。8/8のラゾーナ川崎は勤務終了後20分で現地に到着も、同じ所属事務所の方の歌も聴けず・・・。浜松町も夜勤でNG><の予定。
8/15の大阪は夜勤明け移動で、8/16京都は昌己ちゃん出演後、次の日の勤務のため途中抜け出しで帰京することになりそうです。

そんな予定を頭の中でシミュレーションしているところに、サプライズが・・・。

8/20は春先から狙っていた絢香ちゃんのシンフォニーコンサート。何ヶ月も前から休みを取ると決めてはいたものの、結婚(持病治療)休止前の大きなコンサートのラストにあたる、この東京国際フォーラムでのコンサート・・・いままでチケットぴあで一発で当ててきた私(昨年4回一昨年4回今年1回)もチケット当選せず全敗状態でした。3,4種類のチケット抽選でダメだった時点で、最終手段でチケットだけはキープ。ただし、チケットが手元に届くのは公演の直前になるとのこと。

この休止前のコンサート、正直参加だけでもできれば席順はどうでもいいと思っていました。
ところが・・・。本日チケットを受け取ってびっくり☆。1階の2列・・・。え?2列ぅぅぅ@@
あれ?フォーラムって武道館みたいにアリーナとかあったっけ?wと会場HPで確認・・・アリーナ・・・ない@@
このプレミアム必至のコンサートで前から2列・・・ありえない。

またもや音楽の女神さまに微笑まれましたw

しかし、今度は贅沢な?悩みが・・・。絢香ちゃんライブ。。。いつも結局一人でみることになるくせに毎回ペアチケットで購入してしまう私^^;;;

だれかぁぁぁ~~隣座って(爆)

この席で空席ってのは、まずいよなぁ・・・行きたくても行けないひともいるのに・・・。

はぁ・・・悩みの尽きないけいでした。
[PR]
by kei4542 | 2009-08-10 23:30

ひさびさに・・・

ご無沙汰しています。^^;;;

自粛してからもライブへは参戦しており、ちょろっとだけ報告です。

①7/17 non-Stさんライブ@恵比寿天窓
②7/20 井上昌己ちゃんバースデーライブ@渋谷BOXX
③7/23 やうちゃんライブ@お台場
④7/24 広沢タダシにーさん@音魂(otodama)
⑤8/1 井上昌己ちゃんフリーライブ@海老名ビナウォーク

こんなところでしょうか?さらっといきますw

①non-St編
 中川翔子ちゃんのライブにお二人がバックコーラスで参加した影響からか、最近特に若いファン層が増えたように思います。このお二人の楽曲、実は生音を中心に聴いてきたせいでCDは一枚しかもっておらず、足を運ぶ機会が減ることを考慮してCDがほしかったのですが、若い衆が凄く、物販までなかなか辿りつけそうにありませんw
個人的には、CDになっていない”it's you”という楽曲が大好きですが、CDになっていないので、しゃーないってことで時間の関係もあり、すごすごと退散^^;;;
お二人のライブにはまた足を運ぶつもりでいるので次回のお楽しみということで・・・。

③やうちゃん編
 この日はですねぇ・・・もうほとんど事故ですね・・・;:
会場が、お台場は私にとって思い出の地、Zepp Tokyoの2階。東京カルチャーカルチャー(TCC)というところだったのですが・・・。
最初の2曲を歌ったあと、やうこさんから”えーと、業務連絡!PAだめだめですwトークの間になんとかしといてください”とダメだしが出るくらいPAがダメダメでした><

ここまで音のバランスがとれていないライブは初めてでした・・・。ライブにはライブの魅力がありますが、こういうとき、本当につらくなります。せっかく良い音を会場に足を運んでくださるお客さんに届けたい・・・という気持ちで渾身のパフォーマンスをしていても、それが伝わらないわけですから・・・。

もっともこの日のPAは、ギャグなんじゃないか?って思うくらい、いえ、その場で私がやっても調整できるんじゃないかってくらい、音のバランスが取れていませんでした。急にオケの音が大きくなって演奏者がびっくりしてその場で跳ね上がるくらいで、もう笑って済ませるしかないかーってくらいw
でも、ひさびさにやうちゃんの笑顔をみられたのでよしとしますw
次回の名古屋には勤務の関係でいけませんが、静岡にはがんばって参戦します。

④広沢タダシ@逗子編
音魂・・・みなさんご存知でした?逗子海岸にある波の音が聞こえるライブ会場・・・。
この日はDewさんも出演してましたが、波の音をバックにハーモニーが聞こえて絶品の音楽を堪能できました。
にーさん、ひさびさでしたが、相変わらずのペースでした。お約束の”サフランの花火”、出だしのちょんぼも、”どっからやり直しましょうかね”と、トークまで巻き戻ってのリテイクで大爆笑でしたwもちろん歌は言うまでもないでしょう。ぜひ、にーさんの生歌をみなさんにも聞いていただきたいです♪

そして・・・今回の目玉はなんといっても・・・井上昌己さんでしょうね。

②井上昌己ちゃん@バースデーライブ編

まずはセットリストから。

1 星空からのエレベーター
2 Know One Knows
3 優しい嘘
4 魚座たちの渚
5 砂浜(C)
6 メロディー(C)
7 Too far away(C)
8 イヤリングのはずしかた
9 軌道
10 教えない
11 月とクォーター
12 秋の気配 (C)
13 ありふれた今日という日に
14 76th Star (C)
15 月の或る夜
16 恋はLiberty

アンコール1
17 世界でひとつだけの涙
18 流星のアダージョ
19 Tokyo夏休み

アンコール2
20 忘れてあげない

7月22日発売のカバーアルバム"the covers of my color"からも数曲歌われていました。
今回の選曲、昌己ちゃん本人の思い出に残る曲、"the covers of my color"から(セットリストのCマーク)、更に”the covers of my color"以外の最近の曲から、そしてファンのみなさんからのリクエストで構成されていたように思います。

今回のライブではまずバンドメンバー登場で、はっと気が付いたことがありました。あまり最近のライブでは見かけない楽器、サックスをもったメンバーがいたこと。で、まさか?と思っていたら、”星空からのエレベーター”からスタート。この曲は絶対といって良いくらいサックスがなければ演奏できない(と思うw)曲なので、直ぐにピンときました。
もう一曲目からサプライズで、一人で変な汗かいてしまいました^^;;;この曲は19年・・・いえもう20年前ですが、地元で聞いた昌己ちゃんの生歌2曲の内の一曲。昌己ちゃんの生歌で初めて聴いた思い出の曲。
”世界でひとつだけの涙”とともに、20年という節目の大事なときに歌われるこの2曲が、初めて聴いた2曲だったということに何か不思議なものを感じました。
今年ラゾーナで19年ぶりに・・・という話をした私への昌己ちゃんからのプレゼントだとしたら(・・・と、勝手に思ってみる。笑)、本当にうれしい限りです。
その後も思い出に残る曲がぞくぞくと。。。"the covers of my color"からの楽曲が良いアクセントを加えていたと思います。

後半、”ありふれた今日という日に”から、みなさんのりのりでSTAND UP状態でした。
(昌己ちゃんの公式ブログ、いえライブ会場でよく見かける、Kさん?らしき方から火がついたようです^^;)盛り上がるのは本当に良いことですが、身長の低い私にはちょっとつらいところ^^;;;会場入場が後ろだったので最初から座席には座らず、立ち見の最前線に陣取り、前半はしっかりとステージの昌己ちゃんを堪能できたので、よしとしましょう^^

その後、2回のアンコールがあったのですが。。。忘れてあげないを歌う昌己ちゃん・・・本当に年を重ねるごとに歌の魅力が増していくのをリアルタイムで感じることが出来たことに心から感謝です。これからも、ついていきますよ^^♪

更に・・・なんか怖いものなしって感じの昌己ちゃんファン・・・ライブが終わって追い出しの音楽が会場に流れても、アンコールの手拍子がwww普通ないですから!こんなこと(爆)
でもそれに応えて、歌はなかったけど(当たり前ですね^^;)、しっかり戻ってきて挨拶してくれる昌己ちゃんには本当に頭が下がります。こんなにファンのみんなを大切にしてくれるアーティストさん・・・見たことないですよ☆

次回の単独ライブは大阪・・・遠い><。
でもですねぇ・・・スケジュールが合ってしまったので強行軍ですが行きます!

⑤昌己ちゃんフリーライブ@海老名ビナウォーク
e0176972_1348164.jpg

 最後は、昨日のフリーライブですね。14時と16時の回があって、
セットリストは
(14時)
1 魚座たちの渚
2 砂浜
3 ありふれた今日という日に
4 向日葵
5 76th Star

(16時)
1 恋が素敵な理由
2 Too far away
3 チェリー
4 花火
5 76th Star
             ちがってたらごめんなさい><

前回の海老名は雨天中止><この日も事前の雨の確率では70%でしたが、当日はしっかり晴れて、子供達が水浴びまでしてました^^;;
一回目のステージでは汗をかかないという昌己ちゃんが首にびっしょり汗をかいていました。ステージ上照明が強かったのでしょうね・・・お疲れ様でした。

2ndステージではクリーム色?の素敵なドレス姿で登場・・・。隣の若いのが、”すげぇ~レベルたけぇ~”を連発していましたが^^;;ホントに綺麗でした^^
(こんなに綺麗なのに、足に絆創膏がwなんか昌己ちゃんらしいw)
私はこの日夜勤明けで睡眠時間1時間で参戦^^;;;そんなに日差しが強かったわけではありませんが、もうヘロヘロでした。そんなわけで私もTシャツを購入して変身www(私のことはどうでもいっか^^;)

今回のフリーライブは"the covers of my color"の発売に伴うものなので、そこからの選曲が中心でした。
限定版を購入したかったのですが、結局新星堂さん全店舗sold out ><らしく、通常版を購入して昌己ちゃんからサインを頂ました。睡眠不足で頭が回らず、なにも話しかけられませんでしたが:;

さて、"the covers of my color"の曲ですが・・・これ、どれがいいとかいう問題じゃないですね。
昨日購入してから全曲ヘビロテで聞いてる最中で(睡眠中もイヤホンで・・・文字通りのヘビロテw)原曲も確認しましたが、全ての曲がmy color、そう10曲全てがshoko's colorに染まっていて、10曲全てに新しい息吹が吹き込まれたっていう感じです。
しいて言うなら76th Starが一番オリジナルとは変化があって、それだけにshoko's colorになっていたといえるかもしれません。
(昌己ちゃんのほうがスタンダードに聞こえてしまうくらいNokkoさんのボーカルが強烈すぎてオリジナリティが強いっていうことかもしれません。まあ、感じ方は人それぞれってことで^^;;)

次回フリーライブ川崎はいけませんが(すぐそこなのにw)、がんばって大阪、京都にいきます!
昌己ちゃん、みなさん、またそこでお逢いしましょう^^v

ちょこっと・・・のつもりがぁぁぁ^^;;
長くなりました。ではでは。
[PR]
by kei4542 | 2009-08-02 13:50