好きなアーティストさんのライヴを中心に、書き込んでいきます!


by kei4542

<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

みなさんこんにちは

さてさて、今月のライブめぐりは何かと目白押し。
昨日は、やうこさんのコンサートに行ってまいりました。

場所は富士市の大富山永明寺(だいふさんようめいじ。と読みます)。そう・・・お寺なんです会場が^^;;
これ、本題に入る前に少し説明がいりますよね。

まず、なんで富士市かというと・・・実はやうこさん、かぐや姫の生まれ変わりなんです!
おいおい、なに言ってんだよ~。なーんて言わないでくださいね。

詳しいことはわかりませんが、富士市にはかぐや姫伝説があって、その伝承の地の近くでやうこさんは生まれたそうです。
やうこさんいわく、小さい頃”私のルーツ(違う言い方してました^^;なんだっけ)ってなーに?”ってお母様に質問すると、”あなたはかぐや姫の生まれ変わりよ!”といわれて、自分もそうだと思っていたそうなんですw

実際、やうこさんには不思議なジンクスがありまして、雨女雨男ってみなさん信じます?
私はあまり霊的なことは信じないというか霊感0なんですけど、”やうちゃん=雨女”それも、筋金入りの雨女って説は否定しません!てか出来ません・・・あんだけ雨だと(笑)
やうちゃんライブにかれこれかなりの回数足を運んでいますが、昨年、足を運び始めていきなり3連続雨^^;名古屋も雨・・・確か誕生日ライブも雨。昨年のロゼシアターでの富士市コンサートも雨・・・そして昨日も雨・・・。
昨日、本人が”私のコンサートやライブ、99.999%くらい雨なので、ファンのみんなは、来るときは晴れていても帰りのために傘持って、長靴はいてきます(笑)”っていってました・・・まあ、99.999%は言いすぎとしても、雨確率50%は軽く超えてますね。証言できます^^;;

で、”なんで私って雨女なんだろ?”ってお母様に聞いたそうです。すると、帰ってきた答えが”かぐや姫だからよ”って・・・。かぐや姫は水の神とも言われていて、”竜神がついてくるのよ”・・・って。そこまで言われると、もう、認めるしかなくなってきますよね・・・やうちゃん=雨女=かぐや姫・・・の生まれ変わり?^^;

そんなわけで、富士市上げてやうちゃんをサポートしていて、昨年のロゼシアターでのライブから定期的に始まったやうこコンサート。今回が2回目?になるのかな。

その2回目の富士市コンサート。今回は、静岡県でも有数の日本庭園の名勝。日本庭園の100選にも選ばれているという、大富山永明寺で行なわれました。
大富山永明寺の近くには、かぐや姫伝説にも関係する竹取公園が直ぐ近くにあるそうなんですが、やうこさんが個人的にそちらに足を運んだりしているうちに、永明寺の住職さんが案内してくれて、顔見知りになり・・・。そう、顔見知りになっただけでやうちゃんが終わるわけがない(笑)。
その永明寺の素晴らしい庭園でライブをしたい!と数年前から胸に抱いてきた野望(爆)を、今回のコンサートで実現させようと相談したところ、檀家のみなさんやお寺の委員会の許可などを得てOKがでて、今回の大富山永明寺でのコンサートという運びになったわけです。

それなのに・・・あーそれなのにw雨で屋外でのコンサートは中止><
永明寺の本殿ですることに・・・。なんで台風までくるかなぁ・・・。笑っちゃうくらいの雨女っぷりでした^^;


まー雨とかぐや姫の話はこのくらいにして^^;本題です。

私は新幹線でちょっと早めに新富士までいき、コンサート実行委員会さんが現地までの送迎を行ないますってことで、送迎をお願いしたのですが、予定の場所に時間通りに行ってもだーれもおらず・・・。改札までもどると、通ったときにはいなかったお迎えの人が・・・w(場所ちがうやんwって思いながらも合流)
で、車で大体25分くらいでしょうか?周りはもう暗くなってわかりませんでしたが、開演前に永明寺に到着。
既に開場からずいぶん時間が経っているようで、本殿は満員。

毎回、やうちゃんにサポのまみちゃんを見るのに良い場所はどこか?考えるのですが、本殿に入った瞬間にキーボードや譜面台の様子をみて、上手側がいいと判断したものの、まだまだ入場してくる人たちの妨げになるといけないと考え奥へ。正面側で空いてると思った所も柱の関係でステージがみえず><結局下手側の壁際にイスの置いてないスペースがあって、やっと場所をキープ。
譜面台の関係でお二人のお姿があまりよく見えませんが、まあ仕方ないでしょう。

e0176972_2249689.jpg



で、サポが入ってからやうちゃんが入場。
セットリストとサポートメンバーは以下の通り。

Vocal :いわずと知れたやうこ【やうちゃん】。
Violin :あめまこと 雨宮麻未子【まみちゃん】。
Cello  :セクシー部長、エロチェロリストこと平松由衣子【ねーさん】。
Dance :キャンベルさんこと下山直美【キャンベルさん】。
ジャンベ :今回初サポートの藤川清。
(【】は私がこのブログで呼ぶときの呼び方です。勝手にこの呼び方するので、誰のことか判らない方もいらっしゃったかと思います・・・スイマセン。ちなみに、いきなり【にーさん】と言ったら広沢タダシさんですw)

1 KAGUYA
2 感情構造線
3 Canaria
4 桜
5 すいふよう
6 soul mate
7 ice land
8 ジャンベsolo
MC1
9 Sibylle
10 森夜
11 返り咲き
12 月の夜に
13 Ballad ~愛屋及烏~
MC2
14 アジアの花V2
アンコール
15 再見
16 robin's blue

今回は新曲4曲、それもかぐや姫伝説にそってストーリーが展開するように考えた曲がお披露目されるとのこと。今回のコンサートのカギですね。

まずサポートメンバーが着席してやうちゃん登場。1曲目のKAGUYAはその新曲でかぐや姫の降臨を思わせる曲でした。衣装もかぐやを意識したお着物。
マイクを持って歌われたのでそのままMCかと思いきや、エレピの前へ。そのまま一気に6曲歌って衣装換えのために退場。その間はジャンベの藤川さんのソロ熱演^^会場からも自然と拍手が沸きあがっていました。

で、再度衣装を変えてやうちゃん登場(このときの衣装姿はやうちゃん、まみちゃんそれぞれのブログにアップされてます。)してMCへ。
MCでは、最初に説明したかぐや姫の話、雨女の話に続いて、屋内ですることになったのは残念だけど、雨が降るかもしれない外では、生楽器を使うわけにはいかないので、エレキを準備せざるを得ないけど、最初から屋内だと、生楽器を使えるので、いい音をみなさんにお聞かせできるのだけは良い点だと説明してました。

で後半戦へ。
まずはinst曲2曲が続いて返り咲きを。
そして新曲の”月の夜に”。まみちゃんのVLソロから始まるこの曲。ゆったりとした曲調にやうちゃんの高い伸びやかな声でたおやかにかぐやを表現していました。今回のコンサートの主題曲と言っても良いでしょうね。
さらにおなじみのBallad~愛屋及烏~ですが、この曲を聴くたびに私は涙が・・・^^;;

MC2
まずBalladの説明。
この”愛屋及烏”は中国の四文字熟語で、”愛するひとの家に泊まる烏でさえも愛おしく思える”という意味なのだそうです。

で、メンバー紹介。
ねーさん;女性からも好かれる完璧な美人も、ぬけたところが・・・。
まみちゃん;アイス大好き。1日5個も食べるらしく^^;;
藤川さん:太鼓のおじさん♪翁の格好が素敵。CDも出すそうです。
キャンベルさん;ほんとは庭園の高いところから天女が舞う企画だったんですけど・・・。
と、やうちゃんの紹介のあと、突然、キャンベルさんに、私を紹介してと。
やうちゃん;”雨女です!見た目もかわいいんですけど、中身もかわいいんです。寝かしてくれないんですよ”(笑)。
さらに、日曜朝7時k-mixで放送されている、やうこのアルデンテルームの宣伝?があって、お約束の説明に入りました。

お約束の説明とは・・・、”アジアの花”にはお約束があって、サビの部分、”私達~アジアの花♪ (パパン)”と合いの手を入れることになっていて、キャンベルさんの説明と練習があってから、本編ラストのアジアの花に突入。
何度聞いても生の”アジアの花”、いいですねぇ・・・^^。You tubeに7th Floorでのライブバージョンがアップされていて、CDとはちがったアレンジのアジアの花を聞くことができます。(というか私、このヴァイオリンがアレンジされたアジアの花を聞きたくて毎回ライブに足を運んでるようなものです。)もしよければ一度見てみることをお勧めします。たぶん、生で見たくなること間違いないでしょうね^^

大拍手のあといったん舞台裏に退場も、そのまますぐにアンコールの大拍手に。
正直いって、今回の会場、まちがいなく平均年齢50は越えてました・・・いえ60も超えてたかもしれません。そんなわけでアンコールの拍手も起きないかもと思ったけど、全くの杞憂でした。富士市のみなさんの中に、やうちゃんはしっかりと刻まれているのだと感じた瞬間でした。

で、すぐにもどってきてアンコールですが、入場の際にくばられたパンフレットに、アンコールの再見とrobin's blueの曲名がしっかりかかれていて(笑)・・・。”そりゃー心配になってアンコールするよねぇ・・(笑)”とやうちゃん。
アンコールの再見でも手拍子はしっかり続いてました。
最後のrobin's blueでは、キャンベルさん、やうちゃんが扇子をもって踊りつつゆっくりと歌ってくれました。


本日のコンサートはこれにて終了・・・かと思いきや、住職さんから一言があって、来年の約束を取り付けて、全編終了となりました。

今回のコンサート、お寺の住職さんに檀家のみなさん、役員のみなさん、企画や会場つくりをしてくれた富士市のみなさんに心から感謝いたします。それから、素敵な歌声を披露してくれたやうちゃん、まみちゃんを始めとするサポメンのみなさん、本当にお疲れ様でした。


数度のアップになりましたがこのへんで・・・。
けいでした。
[PR]
by kei4542 | 2009-10-27 20:29 | やうこ
さて、昨日のプチ事故は忘れて・・・仕切りなおし^^;;

最近のライブめぐりは昌己ちゃん&広沢にーさん主体になってます。特に昌己ちゃんは秋のフリーライブがしばらく続くのですが、いきなり初日の今日、夜勤で我孫子のフリーライブは欠席><
そのことに気を取られていたのか、木、金とあったARIA ASIA(アリアエイジア)のライブを見逃すところでした^^;;

そんなぼけぼけした状態でしたので時間に余裕がなく、あわててARIA ASIAの出演時間を調べ、ターゲットを絞ってASIA Pへ行きました。実際には早めに現地着。この日のARIA ASIA以外の対バン3組の一つ、ZUKANというグループのステージを拝見したのですが・・・。過去最高の漫談ライブショーを拝見することができました!

メンバーが着席した中、やたらとデカイ、アフロ頭のVocal(じゅんぼさん)が両手に銀色のシーサーをもって入場・・・。この時点で、只者ではないってオーラがめちゃくちゃでまくっていました^^;;;
シーサーをおもむろに床に置いて両手を合わせて拝み始め・・・wさらに特許がどうとかって話したかと思うと、用意してあったピアニカを持ってひとこと、”ぞうさんやります”と言ったかと思ったら、ぞうさんを歌いながらその息でぞうさんを演奏!(ぞうさんって柄じゃないだろーw)
さらに、”この技は特別なので一回しか出来ないです。それ以上やったら死んじゃいます”って言っときながら・・・。”じゃーかえるのうたやります”(オイオイ・・・お約束とはいえwツボ抑えすぎだろw)会場大爆笑wwww

でやっと一曲目を歌ったかと思ったら、なかなかどうしていい感じで歌ってましたw
でもですねぇ・・・両手にさとうきび持って歌う人・・初めてみましたよwゴーヤのマラカスまでw
その後の曲も、決まってると思ったら、最後の締めがへなへなって感じの締め方で・・・w歌がどうとかっていうより、お笑いのツボ押さえまくってました(笑)・・・歌は90点、お笑い300点って感じでしょうか(爆)
そんなわけで、もし、ZUKANという名前を見かけたら、一度は立ち止まってみることをお勧めします。絶対に飽きさせないステージに魅了されること保障します!


話がそれてしまいましたが・・・ARIA ASIA。

まずは ARIA ASIAについて簡単に紹介すると、
ヴァイオリニストのARIAさんを中心にギター、ベース、ドラムのロックバンド形式で琉球ロックを展開するグループです。ARIAさんは、金髪姿がチャーミングな日本の女の子。このARIA ASIAは昨年の春頃から本格始動したばかり。
これはARIA ASIAの公式HPやCDの帯に書かれている言葉のほんの一部なのですが、
”かつて、歩む路に疲労困憊し、音楽の路を自ら閉ざしたヴァイオリニストがいた。・・・・”
(続きはARIA ASIAの公式HPへ。もしくはCD買ってくださいね^^)
とあるようにその道のりは決して簡単ではなかったようです。まみちゃんのクラスメートだったらしく、腐れ縁と自らブログで公言するほど仲の良いお友達なようですね。どれだけまみちゃんがARIAさんを大切に思っているかは”あめまブログ”をご覧になれば伝わってくるかと思います。

さて、そのARIA ASIAの昨夜のセットリストですが、

1 いきなりですが失念^^;; Toss the Feathers ? でしょうか?
2 Morning Sunshine
3 戦場の花
4 Aerial Garden
5 Gypsy Girl

アンコール
Ryukyu Song

ちがってたらほんとすいません。今回めっちゃ自信ないです^^;;

で、ARIAさんのヴァイオリン、サイコーに響きまくってました。
なにより、演奏している時絶えず笑顔で・・・こんなに楽しそうに演奏するヴァイオリニストは見たことがありません。
きっと、音楽の路を自ら閉ざし・・・ヴァイオリンの世界にもどってきたARIAさんだからこそ出来る笑顔なのだと思います。
ARIAさんの笑顔は最大の武器だと思います。

この日のライブはアコースティックがテーマだったらしく、”普段は私、はっちゃけてるんですけど・・・今日はそうでもなくて・・・”とMC。
次回、はっちゃけたARIA ASIAの演奏をぜひ観に行きたいですね!!

帰りにはしっかりCDをGETして、ARIAさんにサインを頂き握手までしていただきました^^v


ではではまた~♪
けいでした。
[PR]
by kei4542 | 2009-10-24 07:28 | ARIA ASIA

う・・・。

昨日、念願のARIA ASIAさんのライブに参加してきました・・・。
そして、とうとう。。。やっちまいましたw

結構な時間かけて・・・。あとはボタンを・・・送信を押すだけってところで・・・。
消えた・。・

はぁぁぁ・・・。また後日アップします・・・てか、ネタがたまりそうな気配><
早めにアップしなくちゃです。

ではまた~^^
[PR]
by kei4542 | 2009-10-24 02:39
みなさまこんにちは

そして、昌己ちゃんですが、12日のMANDALAライブの僅か三日後、調布FM(83.8MHz)「午後のカフェテラス」にゲスト出演されるとのことで、そちらにも行ってきました^^

場所は調布の市役所の3階^^;;、モロ市役所~って雰囲気の(だって市役所だもん(笑))しずか~な建物の3階に、いきなり壁がガラス張りのブースがあって・・・。
先日のレインボータウンFMとは全く大違い^^;;というのも、本来こちらの調布FMでは公開放送はしてないそうでスタッフの皆さんびっくりされていたようです。

そう、放送局の方をびっくりさせるほどの昌己ちゃんファンが、8名・・・平日の昼間に8名・・・。
”みんな暇だなぁ~(笑)”って声が上がってましたw
ここでみなさんの名誉の為に言っときますが、仕事サボってきた人はいません!・・・たぶん。。。きっと、、、。だったらいいなぁ・・・(声がだんだん小さくなるぅ~^^;;)。
いえ、実際私も含め、その後職場に直行した人が3人くらい、主婦1名?、あとお休みらしき人が・・・4名?いや絶対お休みだったに違いないw・・・もうやめよwこの話題触れるの(笑)

話が脱線しました・・・。

この日の昌己ちゃんの出演は14:00から予定の14:20を少々過ぎたくらいまででした。
トークの内容は、the covers of my colorの話。パーソナリティが女性で普段はコスメの話題をトークされるらしく、昌己ちゃんのお肌の管理のお話をされていました。
”私、一週間に2回しか顔洗ってないんです”・・・えええっ?と思っていたら、”クレンジングでお化粧を落としてそのまま洗うんです”・・・(ほっ^^;;)、いつもの昌己ちゃん流トークがw

あとは、普段インドアで家にいることが多いって話に、”ファンがこんなに来るとは思ってなかったので、もっとちゃんとした格好で来れば良かったなー”って所から、”通販で買った洋服で失敗したのは実家の甥に・・・いえ、姪に送ってます”、”たまに実家に帰ると、おかあさんとかも着てて、あーこれみたことあるなーってことも・・・”

そして、終わってからファンのみんなとご挨拶。更にファン持参のCD、DVDにサインをしていただいて解散となりました。
私も含め3名ほど、先日のMANDALAライブで先行発売されたDVD、”DOUBLE DICADE”にサインしていただきました^^v(ペンを貸していただいたファンの方・・・みっちゃんさん・・かな?ありがとうございました^^)

この日は昌己ちゃんの生歌を聞くことはできませんでしたが、事務局代表さんをはじめ、ファンの方々と交流を持つことができ、有意義な時間を過ごすことができました^^

ファンの中には、DVD出演!(え?^^;)のかよぴょんさんに、先日のライブで忘れてあげないを歌っている昌己ちゃんを泣かした女性・・・いえ、昌己ちゃんに泣かされた女性(笑)もいらしてました^^(”○○さんは、ライブで目立つところにいるの禁止ね”なーんて事務局代表さまにダメだしされてましたw)
そそ、ネットTVで話題になった、かよぴょんさんの旦那さまの写真を見せていただきましたが、ナイスガイでした^^
少数ということもあってファンのみなさんそれぞれに交流があったようです。

以上簡単ですが、調布FM出演の報告でした。


あ、そうそう・・・”DOUBLE DICADE”で思い出しました。このライブDVDには映像特典があって、その中で昌己ちゃんが選ぶ自分の曲ベスト10のコーナーがあるのですが、以前から少しこれってどうなんだろう?っと思っていたこととか、あー、これって・・・そうなんだって思う事がありました。

一つは、私のお気に入りのCD、Sweetの続編であるSweetⅡの一曲目、”想春譜”。
CDのコンセプトから少し離れた感じのする曲だと思っていたのですが、亡くなられたお父様を想って書かれた曲とのことでした。
もう一つは、”月の或る夜”。
メロディーも大好きで、詩も現実の生活の中で疲れた私達に、月の光(昌己ちゃんの女神の歌声)が舞い降りて元気をくれる・・・そんなような解釈をしていたのですが、まさかこの詩の内容が昌己ちゃん自身のことだとは思ってもみませんでした。

こうしてライブに参加するようになる以前は、昌己ちゃんといえば、すごく綺麗でCDの中でしか逢えない遠い存在に感じることもあったのですが(もちろん、今はそんなこと思ってもいないし・・・ライブやフリーライブに参加して本当に良かったと思ってます・・・4月の川崎ラゾーナ、本当に行って良かった)、”月の或る夜”のエピソードや、”ありふれた今日という日に”などの歌詞を聴いていると、普通の一人の女性なんだなぁ・・・ってますます思うようになりました。

秋のフリーライブ、我孫子からスタートですが・・・お仕事で行けないので・・・私は府中からの参加になりそうです^^;;
さ、できるだけ行けるようにがんばろっと^^

ではではまた~。
けいでした。
[PR]
by kei4542 | 2009-10-17 11:05 | 井上昌己
さてさて、残り二つ・・・興奮冷めやらぬMANDALAレポートしたく、がんばってますw

まずは10/9レインボータウンFM にて放送された、「今西祐介のハロアル・レディオ」。
昌己ちゃんはゲストでの参加でした。

場所は江東区の木場にあるレインボースタジオ。
実際昌己ちゃんが出演したのは21:15分すぎからラスト22:00まででした。

現地には事務局代表さんをはじめ20人くらいの昌己ちゃんファンが参加していました。
その中で、スタジャンに厚着のあやしい人が(笑)・・・良く見たら事務局代表殿wまたまた扁桃腺がはれて41℃台の高熱があったらしく、その時は症状は沈静化してたらしいですが、開口一番”薬くれっ!”って・・・もう・・・子供じゃないんだから^^;;”手術したほうがいいっすよー”なんて会話してました。
それはさておき・・・。

実際のトークは、the covers of my colorの話題、MANDALAと秋のフリーライブの告知、そしてファンのみんなへの思い等を話されていました。その場にいた”約20人の殆ど顔と名前わかります。”というファン冥利に尽きる言葉までいただき、放送終了後はファンのみんなに挨拶してくれる姿勢に、頭が下がる思いです。
(もう少し詳細の報告は、shokofan-1963さんが運営している”井上昌己さん応援BLOG”にありますのでそちらをご参照ください^^)

で、そんなファンへの強い気持ちが現れたのが、昨日の昌己ちゃんワンマンライブ「秋風に包まれて」@南青山MANDALA。

今回も3番という絶好の位置をキープ。7月のバースデーライブの模様を収めた”Double Decade”をしっかり購入してオンタイムで17:00場内へ。最前列上手側の位置に陣取りました。
実はこの位置、ステージに張られてるセットリストが丸見えで、目のやり場に困ってました^^;;

それは知らないふりして、18:00メンバーが入場して昌己ちゃん登場。
オープニングは”恋はLiberty”・・・ですがその時点で目が釘付けに・・・というか、ウェディングドレスを思わせる純白のドレス姿になんか照れてまともに昌己ちゃんを見ることができず・・・^^;;もう変な汗かきまくりで気持ちを落ち着かせるのに目をつむって音に集中したりとひと苦労(笑)
まーそんな変な奴のことはほっといて・・・。

この日のセットリストは、
M1 恋はLiberty
M2 恋が素敵な理由
MC1
M3 土曜夜市
M4 忘れてあげない
M5 彼女が泣いた夜
MC2
M6 だいすき
M7 ガラスの林檎
MC3
M8 あの場所へ(piano弾き語り)
M9 愛だけ(piano弾き語り)
MC4
M10 High Heal
M11 思い出の続きはなくて
M12 魚座たちの渚
M13 メリーローランの島
M14 秋の気配
M15 76th Star
M16 悪い人

アンコール1
MC5メンバー紹介
E1 星空からのエレベーター
E2 月とクォーター

アンコール2
MC6
E3 Too Far Away
MC7
E4 ありふれた今日という日に

DVD購入特典のセットリストを元にしていますが、当日の変更(予定ではM8とM9。最後のE3とE4は逆の予定だったようです)があったり、MCの位置に間違いがあるかもしれませんがご容赦ください^^;;;

いやもう・・・気持ちの動揺が収まるまで時間がかかって、そのままMC1に・・・。
”夏の季節も過ぎたけど、みなさんのリクエストを元に選曲しました。責任とって聞いてください”と昌己ちゃん。
大好きな”土曜夜市”から3曲続けて演奏♪
ところが”忘れてあげない”で最初のハプニング・・・。昌己ちゃんをはじめファンのみんなにとってもいろんな意味で思い入れの深いこの曲ですが、終わり近くの所で泣き出してしまい・・・。すぐにクラップしてフォロー。なんとか歌いきり・・・。
会場の女性が泣いているのを見て、昌己ちゃんも泣き出してしまったのだとか・・・。
この時点でちょっと気持ちが入りすぎているというか、なにかいつもとちょっと違うと感じました。

次はthe covers of my colorからの選曲で”だいすき”と”ガラスの林檎”
さすがに、歌わないで済ますわけにもいかないのか、とうとう”ガラスの林檎”を聞くことが^^
松田聖子さんに似ていると言われ続けて、いやでも意識させられる呪縛から解き放たれたいと言わんばかりの昌己ちゃん”の” ガラスの林檎。心地よい声にお馴染みの歌詞。しっかり癒されました。そこには松田聖子さんの影は微塵もありませんでしたよ^^

ここでサポートメンバーが退場。昌己ちゃんのピアノ弾き語りコーナーへ。
過去にあったピアノでのミスを気にしているのか、昌己ちゃん自身がずいぶんと気にしているとのMC。がんばって弾いてるわけだから、だれも文句は言わないと思いますけど^^
”あの場所へ”と”愛だけ”をしっかりと歌ってくれました。・・・実は、”あの場所”歌詞間違えたみたいですけど、全く気になりません(笑)。この2曲、予定では”愛だけ”→”あの場所へ”の順番だったらしいのですが、なぜか反対に。間違えたのか何か意図があったのか・・・。なんとなくですが・・・わかる気がするのです・・・後述しますが。

で、本編後半に突入!
メンバーが戻って”High Heel”から7連チャン!
ほんとは途中でMCがはいってメンバー紹介の予定だったらしいのですが、バンマスの水島さんのフライングでMCに入れなかったらしくw
"76th Star"あたりからノリノリでみんな立ち上がってきたのですが、私、ラストの"悪い人"まで立てず^^;;
いや、本来なら真っ先に立ちたいところなのですが、あれだけ近い位置で立ち上がって昌己ちゃんの素敵なドレス姿が見えなくなることに躊躇してしまい・・・いくら私がちっさいとはいえ昌己ちゃんが見にくくなるのはどうかと・・。
で後ろの様子を探りながらでしたが、立つ気配がなく、聞こえないとは思ったけど後ろに一言”スイマセン”と言ってからやっとスタンディングw
FABみたいにステージの位置が高ければこんな悩みもないのでしょうが、このステージとの近さがMANDALAの魅力ですね^^

本編終わってアンコールへ。ここでも衣装変えはなし。
ここでMC。先ほどの、MCにいけなかったので・・・って話をしてからメンバー紹介。
前回もそうでしたが、Dr大久保さんを軸にしたあの笑いの空間はなんなんでしょうね(笑)
それにしても、今回は昌己ちゃんの”(大久保さんの)咳がオヤジくさい”ってネタはスマッシュヒットでしたね^^笑いがとまりませんでした。

ファーストアンコールは、”星空からのエレベーター”と”月とクォーター”でした。
”星空からのエレベーター”は、私が初めてライブで聴いた昌己ちゃんの曲。しかも、この曲といえば8時15分!、時計を持ってないので携帯を見るのもどうかと思ったので確認しなかったのですが、ファーストアンコールが終わったのが8時40分ころ。おそらく、”星空からのエレベーター”を歌ったのは8時15分頃だったのではないかと・・・。ライブを楽しむちょっとしたエッセンスですね。
”月とクォーター”は、”井上昌己といえば?”と問われれば、一番多くあげられるのが”月とクォーター”。
歌詞に年月を感じさせられますね・・・。

2ndアンコールは、予定の順番が入れ替わって"Too Far away"が先にきて"ありふれた今日という日に"で最後締めくくられました。
このときの昌己ちゃんのMC6・・・昌己ちゃんからみんなへの、”みなさん幸せですか?”という、単純だけど人生の命題とでもいうような難しい問いかけが・・・。
ちょっと重い問いかけに会場の反応が少なかったですが、もちろん答えはYes!会場のみんなもそう思ってにこにこと笑顔を昌己ちゃんに降り注いでいたことと思います(振り返ってないのでワカリマセンが)。
まー、Yesなのは当然でしょうね。大好きな人が目の前で一生懸命がんばって素敵な歌を響かせてるんですよ?あの瞬間、幸せだと感じない人があの場にいるわけがないですよ^^;;
まあ・・・昌己ちゃんの”幸せですか?”という問いにはその時だけではなく、普段の生活も含めてって意味が強かったのだと思いますが・・・。
それは、最後のMC7に現れていました。
”明日からみなさん普段の生活にもどって・・・・・・おそらく、みなさんいい気分になりながら、でもちょっとさみしいという感じ(名残惜しい?)で帰るんじゃないかーと・・帰ってくださるといいなーと”。そんな気持ちを込めてラストの”ありふれた今日という日に”を歌ってくれました。


今回のライブを通したキーワードは・・・昌己ちゃんのファンへの思い。


20年歌を続けられて、こうやって私(昌己ちゃん)についてきてくれるファンを大切に思う気持ち。
そんなファンと同じ時間を共有する大切さ。昌己ちゃんにとってファンとの時間と空間を共有できるライブは神聖な空間、時間なんだと思います。だからそんなファンに自分の全霊を込めて歌を歌いたい。そんな気持ちがウェディングドレスを思わせる純白のドレスに現れたのではないかと思います。

そういった目の前の愛する人たちへ向けたメッセージを強調表現するためのM8とM9の入れ替えであり、20年という音楽シーンだけでなく自分のライフスタイルは平凡な繰り返しだけど、今自分は幸せですってことを伝えたい、そして、ファンのみんなもそう思っていてくれるのかな?というメッセージがE3とE4の入れ替えに現れたのではないでしょうか?

さらに退場の際には握手までしてくれて・・・。
もう外は寒いのに、出口の近くで最後の最後まであの純白のドレス姿でお見送りを・・・。
肩に背中まで露出していて、絶対に寒くないわけないのに・・・。”寒くないですか?”と聞くと、”大丈夫。まだライブの熱気が残ってるので・・・。”と。めずらしく前後に人がいなかったのでゆっくり話をしたかったのは山々でしたが・・・目頭が熱くなってきて・・・”おつかれさまでした”と挨拶してそのままグッズ売り場に逃げ込んでしまいました^^;;
(ちなみにそこで仍世さん見かけて会釈したところ、会釈を返していただけましたwお札の首飾り持ってかなくちゃ(笑))

私は年齢も昌己ちゃんと9ヶ月しか違いませんが、いまだに独身・・・。このまま独り身で何十年後かに亡くなっても体を壊しても誰もそばにいてくれない・・・さみしいって思うことが時々あります。
(まだそんな年齢でって思うかもしれませんが・・・仕事柄そういった方々を看取る仕事をしているのでなおさらかもしれません。)
誰かが一緒にいてくれたらそんな怖さも和らぐのかもしれませんが・・・。なんとなく昌己ちゃんの気持ちがわからないでもありません。

さらに・・・ライブの前日から当日にかけて、昌己ちゃんのブログにとんでもない書き込みがあったらしく、昌己ちゃんの生き方を侮辱するような書き込みに対して、私はもちろんファンのみなさんも怒りを感じたようです。おそらく昌己ちゃんも目にされていたかと思いますが、そんなこともあったのかもしれませんね・・・幸せかどうか?自分の生活は繰り返しで・・・。といったMCが多かったのは。

以前、ネットTVで、12文字のラブレターで送った、”心配しなくていいよ”っていうメッセージには、自分の大切な人に対して、生活のことは心配しなくていいから、君は自分の好きなこと、やりたいことに集中しなよっていう意味が込められています。
と・・・いっても、言う相手がいないのでどうにもなりませんが^^;;;

かなり長くなりましたがひとまずアップしておきます。
あとで修正いれるかもしれませんが・・・。

ではでは
[PR]
by kei4542 | 2009-10-13 13:48 | 井上昌己
さてさて、ぼけぼけしているうちに更新が滞ってしまい、ネタが溜まってしまいました><

現在たまってるネタは
10/4 下北沢GARDENで行なわれたaluto主催のRAPID EYE MOVEMENT(以下REM)

さらに井上昌己ちゃんが二つ、
10/9 レインボータウンFM 公開生出演。
10/12 ワンマンライブ ”秋風に包まれて” @南青山MANDALA
ってところですね。

今回はいろんな意味でハプニング満載のREMについてです。

今回のREM、前回広沢にーさんのモンフェスでラスト一曲にゲスト出演されたalutoのお二人を拝見して・・・ってのがきっかけですが、印象が薄れないうちにと、速攻でお二人のライブに参戦しました。

ところがですね・・・。この日は日曜にもかかわらず変則勤務の私はしっかりとお仕事^^;;;
REMのスタートは休日ということもあって17:30とちょっと早め><

とにかく帆乃佳ちゃんのヴァイオリンが聞きたくて、遅刻覚悟で行ってみました・・・で、やっぱりしっかり遅刻w到着したのは18:10。受付のおねーさんに”誰がお目当てですか?”と聞かれて、”alutoさん”って答えると、ちょっと困った顔をされて、”もう終わってるかもしれませんがいいですか?”っと・・・。もちろん仕方ないので”大丈夫ですよ”と当日料金を支払って、引きつり(?)笑いしながら会場へ・・・(笑)。

するとステージにはalutoのお二人&広沢にーさんが、alutoの新曲”明日天気になぁれ”を歌っていて一番盛り上がっているところ^^;;
今回初alutoでしたが、”あ~し~たぁ~天気になぁ~れぇ~”っていうわかりやすいフレーズが親しみやすくて、ノリがよくって、今でも頭の中に藤田大吾くんのボーカルが耳に残っています^^
もちろん、お目当ての帆乃佳ちゃんのヴァイオリン、響きまくってました。噂通りというか、本物です!!
また一人、素敵なヴァイオリニストを発見することが出来て、それだけで大満足です。
しかも、曲の最後に、3人が会場にドサドサっと何かを投げつけ・・・(笑)。良く見ると、てるてる坊主^^;

今回のREMの出演者は、alutoのお二人単独ではなく、広沢にーさんとタイアップして、イズミカワソラさんをゲストに迎えてのもので、最初から、aluto単独を見れなくても、広沢にーさんも出るし、他とのカラミを見越しての参戦でしたので2曲だけでもalutoの歌声を聴けたのは大満足でした。

で、そのあとのイズミカワソラさんのステージでも、最後に帆乃佳ちゃんが出てきてソラさんと来年出される帆乃佳ちゃんのアルバム(リリーフランキーさんが楽曲提供されて来年発売予定だそうです)から一曲、お披露目してくれました。しっかり歌っていたので、普段からコーラスだけでなく歌うこともあるのかな?っと思って調べてみると、今回のが初歌らしく、初々しさが良かったです^^v

で、ソラさんのステージのあとは、にーさんの登場。
セットリストは、前回のモンフェスと同じような感じで、秋をテーマの選曲。

秋風
暖かい季節
歌うたいのバラッド
悲しみのぬけがら
夢の中で君が泣いてた
                違ってたらスイマセン
”歌うたいのバラッド”は、大吾くんとのセッション。
超~シビレました^^;;;

オリジナルは斉藤和義さんですが、alutoでもカバーしていてCD化されています。
以前テレビでオリジナルを聞いたことがあるのですが、なぜかその時はピンとこなくて・・・^^;;
やはりライブの力にはかなわないってことなんでしょうね・・・^^;
でも、間違いなく”歌うたいのバラッド”は”サフランの花火”に勝るとも劣らない名曲と言って良いと思います。
そして・・・この曲を聴いて少々思うことが・・・。まあ、それは次回に。

話がそれましたが、スタートからハプニング続き(って私だけですがw)のこの日、私のハプニングが伝染したのか(ナイナイw)こっから変な流れに・・・。

にーさんのステージでは終盤、”・・・・・最高~Oh~yeah~♪”と振って(・・・は地名とか入ります。今回なら東京とか下北沢とかですね)、会場も、”Oh~yeah~♪”って返すのがお約束なのですが、いつものごとくこれをやったら、会場からは”・・・・”の部分まで返そうとして、字が余るw余るwww
思わずにーさん、”ごめん、オレが悪かった”っと・・・もう大爆笑。
そのあとはしっかりできてました^^;;
で、無事に”夢の中で君が泣いてた”も歌い終えてステージ退場。

いや・・・無事にではなかったんです・・・。にーさん大事なこと言ってなくて会場に変な空気が・・・(笑)

私の頭の中でも、”んー、次はどうなるんだろ・・・。REMの趣旨だと最後全員でセッションだよなぁ・・・。あれ?”夢の中・・・”がラストってあんまりなかったっけ??”とここまで考えて違和感を感じていたところでalutoの二人に続いてにーさんも登場。それまでシーンとした会場に拍手がおきましたが、この流れって・・・???

そそ、実は”夢の中で君が泣いてた”が本編のラストだったんです・・・。

にーさんの、”もう・・・ホントに初めてです。10何年歌ってきたけど、コールのないアンコールって始めてや”って言葉が全てを物語ってました(爆)”オレがラストだって言わないからアカンかったんや”とフォローを入れてましたが会場も戸惑ってたところ・・・。
ほのかちゃんまで楽屋にいったん引っ込んで・・・大吾くんとにーさん、”おー、怒ってる怒ってる(笑)”と会場をあおって・・・やっと”アンコール!”の掛け声と拍手がw

こういう展開、大好きです!(笑)

で、アンコールでお約束の”サフランの花火”を歌って無事に終了・・・。


かと思いきや、追い出しの音楽が流れているにも関わらず、先ほどのアンコールできなかったのが不満だとばかりに、会場爆発www
音楽のボリュームが大きくなるのに逆らって、会場の拍手はヒートアップw
もちろん応えてくれて、aluto、にーさん、ソラさん再登場で2ndアンコール突入!

にも関わらず、会場の追い出しの音楽はボリュームが下がるものの流れ続け・・・。
”ちょっと、これやらせないつもり?(笑)”っと大吾くん。・・・・スタッフ空気読んで欲しいよね・・・さすがに^^;;

当然用意してる曲はないので、”みんながわかる歌にしよっ”と、ほのかちゃん(ホンマイイコヤ~w)。
これしかないって感じで、”あした天気になぁれ”が再び。
おかげさまで初alutoの私でも、フレーズがしっかり頭に残りました。

帰りにさっそくalutoのアルバムCDを購入。CDにサインをしてもらって、握手までしていただけました。
購入したのは、”歌とギターとバイオリン”。
てのひら、未来空想、16trip、道、歌うたいのバラッドと、珠玉のalutoの曲達が満載のこのCD、alutoを知るにはうってつけの名盤ですね。

私事のハプニング(?)に始まって、にーさんの所から徐々に歯車が狂い始めた(?)今回のREM。
いろんな意味で楽しい時間を過ごすことが出来ました^^
REMは今回が初回らしく、来年もぜひ参戦したいと思います!

そうそう、ライブが終わって家に帰ってもう一つハプニングが・・・w
私、前売り買ってたらしく・・・。ちょっとかなしかったです^^;;;

長くなりましたがこのへんで。
[PR]
by kei4542 | 2009-10-13 09:06 | 広沢タダシ

9/19モンフェス@渋谷DUO

遅くなりましたが、先月の渋谷DUOで行なわれた、広沢にーさん主催のモンスターフェスティバルの報告です・・・といっても、広沢にーさんの公式ブログで画像を交えたレポありますので、そちらをどうぞ^^・・・と言ってしまっては元も子もないので^^;;;
・・・一応報告を。

出演は、前回も記載したとおりですが、出演順に紹介すると、

・アサダマオちゃん
・タニザワトモフミさん
・木根尚登さん

・シークレットで、ヒロシさん!!

・東京60WATTSさん
・GAKU-MCさん
最後のアンコールのラストに
・alutoのお二人が合流・・・。

アサダマオちゃんはオリジナル2曲でした。
以前7thFloorで歌っているところを、にーさんが見つけて今回の参加になったらしく、”名前がすごいですよ”ってことでしたが、歌もオリジナリティー溢れる曲で、あれってなんていうんでしたっけ?早口でセリフみたいに歌う?歌い方・・・^^;;ラップでもなく、平坦にセリフのようにつぶやく歌い方・・・。ま、いっか^^;
オリジナリティーを考えると、今後どういう曲を世に出してくれるのか、すごい楽しみです!

ここで、にーさん登場で”秋風”を^^

で、タニザワさんは、最近、やっとデビューすることができたらしくアルバムを発売されたそうですが、そのアルバムからの選曲でしたがなかなかどうしていい声で響いてました!
さらにタニザワさんの選曲で、にーさんの”ブルー”をカバーセッション♪
こうしてみると、声の響きとか、なんとなくにーさんに通じるものがあるようで、今後に注目したいアーティストです!!

さらににーさんだけ残って新曲の”あたたかい季節”を弾き語り。

3番手のゲストは、なんとあの木根尚登さまが^^・・・。
もう言うまでもないでしょう!木根さんといえば、あのTMネットワークのメンバー。あのお方が事件を起こしてしまい、さらにこの時期、某アイドルの事件もあって、自虐的なネタで笑いがおきていましたが、しっかりにーさんとセッションしてくれました・・・。スイマセン、曲名失念です><

次が東京60WATTSからたけしさん参加で”真夏の夜の事”をカバー。たけしさんと広沢にーさんが作った「ビール&コーラ」という曲をセッション!この曲、とにかく歌詞が面白い!また次回も聞いてみたいなーと思いました。

ここまでが、前半戦。

で、照明が暗くなりステージの準備がされている中、暗闇になれた目に写ったのは、一人でステージの真ん中に立つ誰かの姿・・・^^

もしや・・・と思ったところで、あのメロディーが流れて、シークレットゲストのヒロシさんがwww
もう、ネタが自虐ネタオンパレードで・・・会場大爆笑!

3年前、ファンレターには必ず書かれていました・・・。一生ヒロシさんについていきます!・・・って。
それがどうしたことでしょう!みんな死んでしまったのでしょうか!?

ヒロシです・・・ヒロシです・・・ヒロシです・・・・・・。

もう、お腹痛かったです^^;;;


で、後半戦は、ノリノリのステージで、東京60WATTSさんからスタート!
なんか曲名とかわかんないけど、とにかくノリノリで、Vo.のたけしさんも、どのマイク使ってたか判らなくなるくらい、ステージを飛びはねてましたw

最後がGAKU-MCさんのステージ。大盛り上がりでした!!
私、知らなかったのですが、GAKUさんて、あの、”DAYONE”で大ブレイクした、EAST END×YURIのメンバーさんだったんですよねー^^;
GAKUにーさん、いきなり懐から温度計を取り出して、なにかと思えば、いきなり室温をはかりだして、確か26℃だったかな?で、”現在26℃の会場を、1℃でも上げるのが私の仕事~!”みたいなノリで”ガク問の進め”に”Take it slow”といったラップで会場はヒートアップ・・・しっかり、室温28℃まで上がってました(爆)

ここで、予定の楽曲は終了・・・。

アンコールではまずアコギ5人での”ディドリームビリーバー”でカントリー風のしっとりしたスタート。
それも最初だけw2曲目がGAKUにーさんメインに、またまた会場の温度を上げる作業がwww
曲は”手をだすな”で、しっかり温度があがったところであのピアノの音・・・”GET WILD”が^^感動ものでした・・・1日もはやく、あのお方の復帰を願うばかりです。

最後はもちろん”サフランの花火”。GAKUにーさんのラップ入りで、一味違ったサフランの花火でした。飛び入りでalutoのお二人も参加してくれました・・・てか、目の前に現れたalutoのVL、佐藤帆乃佳ちゃんに釘付けでした^^;;;(にーさんごめんw)


普通対バンライブといえば、それぞれがそれぞれの持ち時間でオリジナルを演奏して、アーティストさん同士でのカラミはなくて、あっても最後にセッションだけしておしまいってのが多いのですが、今回のは、ほとんどが広沢にーさんとのカラミを中心にステージがあって、それぞれに意外な音楽を耳にすることができて、本当に音楽は楽しいって改めて教えられるようなステージでした。
今回でモンスターフェスティバルは何回目かで毎年公演されてるそうで、来年もぜひ参加したいなーと思った一日でした。

広沢にーさんにみなさん、本当におつかれさまでした!!!

そして・・・、このライブでの一番の収穫はalutoの存在を知ることができたことでしょう。
てなわけで、当日仕事で大遅刻でしたが、alutoの下北沢gardenに行ってきました!が、そちらは次回報告ってことで^^;

長くなりました。
ではでは♪
[PR]
by kei4542 | 2009-10-07 20:38 | 広沢タダシ