好きなアーティストさんのライヴを中心に、書き込んでいきます!


by kei4542

<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

こんにちは~。

昨日、昌己ちゃんの大阪フリーライブありましたが、こちらは昨年から手配してましたので^^;・・・行ってまいりました・・・松たか子 コンサートツアー”Time for music”

1st tour "a piece of life"@BUNKAMURAオーチャードホール
2nd tour "second wave"@NHKホール
3rd tour "I Cherish You"@中野サンプラザ
それぞれに参加し、今回の松たか子さんのコンサートは実に3年ぶり。

セットリストは、

1) So Long
2) I NEED YOU
3) WIND SONG

MC) みなさんこんばんは・・・昨日三島で新幹線が止まりまして・・・やっと帰ってきました。このツアーも折り返しなんですけど、それを東京にもどってこられて、ほっとしています。みなさん最後まで楽しんでください。

4) 君となら
5) きっと伝えて
6) Time for music

MC) 私が小さい頃に聞いていた曲・・・アルバムにも入っているんですけど。古い曲なのだそうですけど・・・忌野清志郎さんも歌っていて・・・。

7) 500Miles

MC) まつさーん(観客)。はい。松ですよ。
 普段お芝居をやったり映画をやったりパンを売ったり、お皿をくばったりしてるんですけど(笑)、以前自分のドラマの主題歌を歌ったことがあるんですけど・・恥ずかしくて。うわー、すいませんて感じなんですけど、次の曲は先輩の方の曲なんですけど・・・で、ちゃっかり最後に自分の曲も歌ったりして(笑)。まずはみんなひとり、聞いてください。

8) みんなひとり
9) ほんとの気持ち
10) 未来になる

MC) まつたけこっていうんですよ。私は松たか子ですよ。これ、会場のどこかにあります・・・。初めての方大丈夫ですか?ついてきてますか?先いきます。
次の曲は初めてやる曲です。同期のの方に曲を書いたりして、結果的に自分で歌うことになって、アルバムのタイトルにもなったのに、一回もライブでやってないっていう(笑)曲を、このメンバーでやりたいと思います。
僕らがいた。

11) 僕らがいた
12) 黄昏電車
13) 優しい風
14) 山手駅
15) 時の舟
16) あかりの灯る方へ
17) 明日、春が来たら

アンコール

MC) 本編で話すっていってた”まつたけこ”について話すの忘れてました。今回のツアーでは安西さんが強力な助っ人としてついてくれました。空耳アワーだけでないんです。イラストレーターなんです。・・・
金太郎飴があるんです(笑)。売れ行きが悪いんです(笑)。ありそうであまりないグッズなので、見てみてください。
まつたけこ、他の仕事は締め切りぎりぎりだったらしいのですが、このグッズだけはすごい勢いでレスポンスがあって、なんでだろう・・・ってくらいだったらしいです。
えーとそれでは、アンコールに感謝して、作詞作曲市川染之助、歌、その娘でお送りします。野バラ咲く路です。

18) 野バラ咲く路
19) コイシイヒト

MC) 最後の最後に歌いたい曲があるんですが。2010年のお正月に作ったばっかりの新曲です!何を思ったか今回のツアーでは新曲で終わるってどうですかねー?ってプロデューサーにぽろっとに言ったら、いつくるんだ?ってお正月になんとか、リハーサル前にまにあって。まだタイトルもありません。あ。募集してないから大丈夫です(笑)。大人なんでね(笑)。新曲ではありますが、是非覚えてみなさんで歌って是非盛り上がっちゃってください。

20) 新曲(タイトル無)

実は・・・一度書き込んだのですが・・・消えてしまい・・・^^; とりあえずアップしときます!

けいでした^^;
[PR]
by kei4542 | 2010-01-31 07:02
みなさんこんばんは。

ここ数日、ライヴバカならぬ演劇バカと化している私。
今日も行ってまいりました三軒茶屋シアタートラム。演劇ユニットG.COMによる"闘争か、逃走か。~或は、浄水器販売員の異常な日常~"の最終日。

結果的に最初に予約していた昨日(3日目4幕目)以外に、初日、最終と同一演目を3度観劇しました^^;;

でもですね、毎回ワクワクしながらの観劇でしたし、それなりに学ぶ事もありました。
そんな素敵な舞台を演じてくれた俳優陣のみなさん、演出家の三浦剛氏、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
そして毎度の事ですが、きっかけを与えてくれたまみちゃんに心から感謝です^^
本日、最終日を迎えた事ですし、少し内容にも触れようかと思います。


まず、今回同一演目を三回見た理由ですが・・・単にツボったからです^^;;

この"闘争か。逃走か"を十二分に楽しむには、少なからず物理、科学、数学といった理数のトピックス的知識が必要でした。
私・・・若かりし頃は理数系の学校にいながら、数学が大嫌いで歴史や考古学が大好きという変な奴でした^^;

フェルマーの最終定理、ゴールドバッハ予想。マクスウェルの悪魔、エントロピーに重力、シュレディンガーとその猫・・・。
(みなさん、全部わかりますか?^^;)

これらのキーワードが初日公演に出てきたときには、”マニアックだぁ~w”と思いながらも、内容に共感できる自分が滑稽でしかたありませんでした^^;;
”そうか~世の中に出ても全く役に立たない、クソ面白くもなかった学生時代の授業は、この劇を見るためだったんだぁ~w”と、自嘲せずにはいられませんでした^^;;
(実際には、これらを数学や物理学としての授業でだけでなく、自然科学という客観的視野の授業で学んだことは、脱サラして今の仕事に方向転換したり、人生論を考える上で少なからず参考にはなりましたが・・・^^;・・・というのも、これらの小難しい話を突き詰めて行くと、哲学論になるんですよ・・・ご存知の方はご存知でしょうけど・・・^^;)

もっとも、ロビーに、”闘争か、逃走か。”の用語集が置かれていて、ちゃんと理解できれば劇の理解には事欠かないようにはなっていましたが、それに気が付いたのは最終日の退出時^^;;

そして・・・直接言葉としてはでてこなかったけれど、劇中、その根底にあると思われた熱力学の第二法則・・・。
エントロピーが最大になる・・・つまり、劇中で言うところの世界の終わり・・・。それを防いできた村長=サラリーマンの男(若かりし頃の村長)。
物語の終盤、男は、村に来て初めて村長に出会った時にもらったマッチ箱の、”いつも最後の一本のマッチ”を確認して、やっと、ありえない事だが、目の前の現実を受け入れることができ・・・こうつぶやく・・・”ま、いっか・・・”と。

それまでの男は、目の前で村人が繰り広げる非現実的な事象や会話を全く受け入れられずに来た・・・。
自分を助けにきた、尊敬する・・・ひそかにあこがれる部長さえもが村人と一緒に違和感なく溶け込んでいる現実を否定し続けてきた・・・。
それが、最後に自分で使ってなくなってしまったはずのマッチが、再びからからとハコの中で音がするのを聞いて・・・ま、いっかと^^;

いま、みなさん(自分も含めてですが)の目の前にある現実・・・どんなに自分が望むと望まざるとに関わらず・・・目の前の現実を受け止めていますか?
ま、いっか・・・でもいいです^^;現実を受け入れていますか?それとも現実逃避?

あなたは・・・自分は・・・、現実と闘争していますか?それとも、現実から逃走していますか?

そんなことを考えさせられる演目でした。


今回の観劇のきっかけは、毎度お馴染み、まみちゃんのバイオリンですが・・・今回もやられました^^;俳優陣がすばらしかったです。

部長を演じた佐藤さん・・・颯爽とした感じに世のサラリーマンならこんな部長いたらいーなーっと思うのではないでしょうか?^^;実際、終演後ロビーで拝見しましたが、大変素敵な方でした^^

博士を演じた田谷さん・・・役どころ的に、重要でありながら、力の強弱の加減が心地よく、ほれぼれしました・・・。

電気屋の星野さん・・・声がいいですよね・・・^^初日、自転車で登場したときに頭をぶつけて登場したのが忘れられません^^;;

Z役の富所さん・・・劇団のムードメーカー的演技をされていて・・・重力芸(笑)&部長とのお母さん論のからみ・・・バカ受けでした^^;;

トム役の奥田さん・・・Zとのコンビ・・・最高です!演劇で劇中ラップを刻むの・・・初めて見ました・・・最初は違和感あったんですが、劇と回が進むにつれて、なくてはならない存在に^^;

駐在役の藤田さん・・・なんか、シラフでも酔ってるような感じで^^;・・・名人芸ですねあそこまでくると・・・っていう演技でした^^

レディー&村長・・・この二役、後も触れますが・・・昨年観劇した”風のクロニクル”を思いださせるような演技で・・・言葉がでませんでした・・・。

農家のお二人・・・エキセントリックな役柄を演じていて・・・村長に続いての登場で、この辺鄙な村の住人の象徴みたいな演技をされていました。

子役の二人・・・かわいい!とにかくかわいい(笑)

みなさん、個性的な役どころ満載で、3回見ても飽きませんでした^^

話はちょっとそれますが、3回見たといえば・・・細かな部分で各回で違いがありました。
昨日(3日目4公演目)は、部長の靴が脱げたり^^;、学蘭さんが学ランを脱ぐと同時に眼鏡がぶっ飛んだり・・・^^;
本日(最終日)も、博士が改造した携帯を男が耳にあてるときの当て方、雨男を農夫がピストルで撃つところでは、音が鳴らなくて弾が出ずにピストルを投げつけたり(雨男を撃つのが残酷だという意見でも出て演出を変えたのか・・・アクシデントだったのか?あれがアドリブで対応したのだとしたら、すごいですね^^;)・・・。
ラッパー、トムさんのボイパも各回で違いがあったようですし^^・・・テントの中でのボイパ+ヴァイオリンでのアイネ・クライネ・ナハトムジーク・・・ほんの数小節でしたけど、続きを聞きたくなりましたし^^;


で、戻りますが・・・。
雨男を演じた浦河さん・・・セリフはないけれど、劇中重要な役割を演じていたと思います。エントロピーの増加に反する自然力の象徴だったのでしょうか・・・。実際の所はわからないけど、それぞれの科学事象に相反する、地球を守る存在なんでしょうね・・・。

そして・・・浄水器を販売するサラリーマンの男・・・。
内藤羊吉さんという方が演じたのですが・・・なんとなく、”風のクロニクル”を演じた、飯田氏を思い出しました・・・。何がと問われると困るし、3回観て客観的に比較すれば違うというのはわかるのですが・・・。

でも、今日帰宅してわかりました・・・。
さっき、シアタートラムのG.COMの案内を見て、演出家の三浦剛氏からのコメントを拝見したんですが・・・。
いきなり、”先日、演出家、越光照文に会ってきた。僕の師匠。・・・”と。

これを見てそれまで感じていた”闘争か、逃走か。”に流れる雰囲気が、風のクロニクルに重なっていた理由がわかりました・・・。

昨年、俳優座で観た”風のクロニクル”と”虹のクロニクル”は、越光照文氏の演出。
もちろん、三浦氏は非現実を取り扱い、越光照文氏は学生闘争という現実世界を描いている(でも世間からはタブー視された話題)という違いはあるものの、一般の人には受け入れがたい(学生闘争と、天皇さえも狙った爆弾テロ)事実(=非現実としたいという世の願望)と、非現実という共通項が、そんな雰囲気の相似を感じさせていたようでした。それも、師弟関係のある二人の演出家によって。

終演後、今日はちゃんとまみちゃんにご挨拶できたのですが、そのことについて触れてしまい^^;・・・そんな難しいこと、とっさに説明できないし、理解できないですよね^^;;すいません。変なこと聞いてしまって^^;;

話が難しくなってしまいました^^;

あ、最後になりましたが・・・。

男 : 内藤羊吉
村長 : 河原崎次郎(俳優座)
博士 : 田谷淳
部長 : 佐藤晃子(演劇ユニットG.COM)
レディー : 高安智実
雨男 : 浦川拓海
農夫 : 古口圭介(演劇組織夜の樹)
農婦 : 内海詩野(演劇集団壺会)
電気屋 : 星野祐介(フルタ丸)
駐在 : 藤田健彦
Z : 富所浩一(A級戦犯)
トム : 奥田晃平(演劇ユニットG.COM)
学蘭 : 橋本昭博
少女 : 重盛玲架
妹 : 重盛麻里亜
楽隊 : 鈴木絵由子
楽隊 : 雨宮麻未子

作・演出 : 三浦剛

以上、会場パンフより。敬称略。順不同。

このへんで・・・。
けいでした。
[PR]
by kei4542 | 2010-01-28 00:11 | 演劇
こんばんは^^

先週の昌己ちゃんのライブから、金、日、火と今日で三日目の三軒茶屋。
マイブームが三軒茶屋になりそう^^;;;

今日も行ってまいりました。
場所は世田谷パブリックシアター内シアタートラム。演劇ユニットG.comによる、”闘争か、逃走か。”

今日で同一公演、2度目の観劇ですが・・・。噛めば噛むほど味がでるんですね・・・演劇って。
同じ演目なのに、初日とはテンポもちょっとしたスパイスの効き方も全く違うんです。

もっとも、日曜の初日公演、私遅刻しましたからね^^;;
前回は浄水器のカタログを村長に渡すところから見たのですが、そこまでのほんの僅かな時間の間に、部長の挨拶、携帯、村長の必ず次も一本入っているマッチ箱・・・特にこのマッチ箱、主人公の最後のセリフのシーンに関わってくる非常に重要なアイテムなわけですが、それを知っているのと知らないのとでは、この劇から受ける印象が全く異なってしまいますからね・・・。

そういう意味では、本日2回目でも、全く新鮮に楽しむことができました。

また、初日では、電気屋さんが自転車で登場する2回目のシーンで、舞台へ出る出口の天井に頭をぶつけてましたが、あれは作戦ではなく、ハプニングだった^^;;;のだということもわかりました(笑)

演劇も、ライブ同様、2度と同じものはないのかもしれませんね・・・そういう意味では、ライブも演劇も私にとって非常に楽しいものだと、今日改めて実感しました・・・。

こうなってくると、昨年飯田氏が演じた、風のクロニクルと虹のクロニクル・・・もう一度見ておくんだったと今更ですが後悔しそうになります^^;;

今日は、22日のお誕生日も兼ねて、まみちゃんに花束を届けました・・・で、ご挨拶しようと待っていたのですが・・・目の前に現れて、さあ!というところで職場からTELがぁぁぁぁ・・・・。(ちなみに職場からの着音はダースベーダーのテーマ(笑))
戻ったときにはロビーにはほとんど誰もおらず・・・泣けるわぁ・・・><

でもまー明日、休みになったし、空きがあったらまた行こうかと考えているライブバカなのでした。

ではでは。
けいでした。
[PR]
by kei4542 | 2010-01-26 23:17 | 演劇

闘争か、逃走か。

みなさんこんばんは^^

先日の昌己ちゃんのレポもまだ完了していませんが、本日急遽、観劇してきたのでそのレポです。

演劇ユニット、G.comによる演目、「闘争か、逃走か。」。
予定では26日に予約しているのですが、本日仕事が終わっていけそうだったので当日予約して、10分遅刻も無事に三軒茶屋にある世田谷パブリックシアター内シアタートラムに到着・・・。

内容は、浄水器の販売員が、バスで販売先の研究所に向かう途中、携帯電話もつながらない辺鄙な村にたどり着き・・・そこを出ようとするものの、バスは来ず・・・。
村人との非日常的な埒のあかない会話・・・。そうこうしているうちに隕石が落下して村は孤立・・。
その日から、村にはなにか得体の知れない圧力が・・・。

その結末は如何に・・・。

その劇中、これも良くわからないキャラ^^;として、舞台上で無言でバイオリンを弾くまみちゃんとえゆちゃん。
非常にシュールな登場の仕方に、思わずくすっと笑ってしまいました^^;;
そんないち役者(?)として登場しても、音はしっかりしていて、お二人が学生時代にしていた実験空間オーケストラって、こんな感じだったのだろうか?と、思いを馳せることができました。

今回の公演、まだ水曜日まであります!
平日ということもあって、席に余裕があるそうなので、日常を忘れ、わずかなひと時でも異空間へぶっとんで見たいという方、是非三軒茶屋、シアタートラム(03-5432-1526)に連絡をとってみてください!!

ではでは
けいでした^^
[PR]
by kei4542 | 2010-01-25 00:08 | 演劇
みなさんこんばんは^^

とうとう始まりました・・・昌己ちゃんの怒涛のライブシリーズ。
今日はその第一弾が三軒茶屋ラヂヲデイズでありましたので・・・レポです^^

e0176972_2039398.jpg



で・・・まずはセトリ。

1 僕がいるから大丈夫
2 神様のミステイク
MC 昨日何たべました?話・・・今日はしゃべるぞ宣言
3 奇跡の糸
MC 次の曲も幸せで終わる歌で・・・
4 愛だけ
MC 唯一カバーアルバムから・・・大人の事情ってあるんですよ?江口さん。
5 Too far away
MC 僕もつらいんですよ・・・そうそう、渋谷のライブハウスで・・
6 私の空
MC なくなった父が・・・
7 Before Tears
8 あの場所へ
9 純心
10 終わりの予感
MC あと2曲になりました・・・
11 軌道
12 思い出の続きはなくて・・・

アンコール
MC 一曲じゃなかったですね・・・ファンクラブイベントで何をしましょうか・・・
11 76th star
12 10年後も・・・


実は今回のライブ・・・ある意味初体験の進行でした・・・。
というのも・・・井上昌己ちゃんFACE to FACE LIVEというより・・・江口正祥トークショーと紙一重・・・^^;;

その証拠に、19時にスタートして、本編が終了した時点で恐ろしいことに・・・既に21時20分・・・えっマジですかぁぁぁ???って感じでした^^

おそらく、昌己ちゃんの歌を聞きたいってファンの人には物足りなかったかもしれませんが・・・こういうトークもライブの醍醐味。”今回だけしゃべらせてくれ”というエロギタリスト江口様の好きにさせてあげましょう^^

まだまだ東京でもライブありますからね・・・そのときにガッツリ、昌己ちゃんの歌を満喫しましょう^^


というわけで・・・今回のセットリスト、唄った曲に間違いはないのですが、順番が6以降かなり記憶があやふやで、ショコ友の方にフォローしてもらいました^^v
間違ってたらスイマセン・・・またご指摘くださいね^^


定刻の19時より若干遅れて、会場の真ん中を通って江口さん、昌己ちゃんが登場。
今回の一連のFACE to FACE LIVE、基本はボーカルとピアノを昌己ちゃんが、ギターを江口さんが勤めるというアコースティック編成で進行するようです。

そんなわけで入場して直ぐに
1 僕がいるから大丈夫
2 神様のミステイク

MC1
”いよいよ始まりましたね・・・そうそう、聞こうと思ってたんですけど、江口さん昨日何たべました?”(し)
”えーーっと、なんだっけ・・・思いだせない”(え)
”それ、やばいですよ(笑)”(し)
”えーと、ほら、いま新曲のオケつくってて、パソコンにむかってずーっと。朝の6時まで・・・あー、そーだ、昨日はうどんを・・・7イレブンの冷凍の奴に、自分でダシからとって・・・・”(え)
”すごーい、自分で作るんですか?それすごいですね。私なんか素うどんですよ。ねー(笑)。誰かに作るんなら色々やるんだろうけど・・・自分だけだと女性はねぇ(笑)”(し)
”オレ、女だったらいい奥さんになれるよ・・・エプロンして・・・(略)・・・あー、朝も何食べたかわかった。”(え)
”え?今日の朝ですか?”(し)
”いやいや、昨日の朝。にんじんあったから、しゃーしゃーしゃーって切って、衣つけて・・・(略)・・・桜海老も入れて、天ぷらそばつくった”(え)
”それ、ほんとにすごいですねー”(し)
"私は昨日、おでんを・・・しらたきにこんにゃくだけいれて・・・ほら、ライブ前なんであんまり食べちゃいけないんで・・・お腹ぽっこりとかしちゃうでしょ?あと、ダイコンもいれたんですけど・・・そうそう、前にチーズでやったんですけど今回も熱くて、口の中口内炎みたくなっちゃって・・・歯が当たって痛いんですけど・・・がんばって歌いますね"(し)

”とにかく、今3月までに(新曲を)出さなきゃいけないってんで、今大変なんですよ。・・・だから、今日は発散の場なんで、みなさんすいませんね。(FACE to FACE LIVEの)初日なんですけど、今日はいっぱいしゃべらしてもらいます!”(え)
”いいですよーしゃべって(笑)”(し)
”そんなわけで、初日に来てもらってるのに、今日が一番悪くて、これから良くなっていくっていうね、みなさん、次も来てもらえばいいライブが見れますから”(え)
”そんな、脅迫してどうするんですか(笑)・・・脅迫ライブ(笑)”(し)
”いや、ほんとにね、昌己ちゃんと僕しかいませんからね、これでパーカッションとかあればいいんですけど。みなさんの手拍子が(パーカッションの)変わりになるんですよ。そうなんで、ノリのいい歌きたらお願いしますね。テンポ速すぎるのは困るけど・・・(笑)”(え)

長い!!・・・これまだ他にもあって・・・^^;
今日の1曲目。実は2番の入りで息が合わずに昌己ちゃんが、”だっ(いじょうぶ~)”とフライングしたものの、すぐに修正入って、事なきを得たのは、やはり長年やってるから、肩の動きとかでタイミングわかるし、さすが昌己ちゃんって話から・・・江口さんがサポしてきたアーティストの話、そのサポの中でもシャンソン歌手とか演歌はあわせられない・・・あの遅れ気味のテンポはなんなんだ(笑)って話。特にM進一さんのテンポとか・・・一時期はやったでしょ?”あの、ジャーン・・・なんとかなんとか~♪ジャーンみたいなテンポ、早く入れよっみたいな”・・・などなど延々と^^;;・・・こういう所までわかると通だよね・・・って、東京だからこういう話できるけど、これ、地方でだったらマニアックすぎて何言ってんだってなるよねー・・・。
って感じで、とにかくたーーーっくさん話してました^^

MC1で既にこれだけしゃべって^^;;・・・MCでしゃべった内容は1文ずつは覚えていますが、順番とかぐちゃぐちゃ^^;;

確かにこれだけしゃべれば、9曲で2時間半近くなります・・・ちなみに結構MC慣れしていてよくしゃべるといえばnon-Stのmayuちゃんですが、ワンマンライブで10曲+アンコールで大体2時間切る位の時間で終わることが多いですから。昨日の江口さんのトークは型破りでしたね^^;

もちろん、場所や人数、ハコの雰囲気とかで変わってくると思いますが、まさしくFACE to FACE LIVEの名前通り、音も、アーティストも、トークの内容も、オーディエンスの間近で聞いたり感じたりすることができる濃密な時間を過ごせること、間違いないです!

他のMC・・・またアップできればしますが^^;;;(します?これ^^;)何はともあれ、会場に足を運ぶことが先決ですね。
特に、地方・・・出雲、米子、あたりはまだまだ予約が殆ど入っていない状態らしいです。その次が高知かな?
この素敵な時間を独占(笑)するチャンスですよ?!

もちろん、私も日程が合えば行きます・・・が残念ながら積極的にこの中四国の6箇所、スケジュールをあわせるわけには行きません・・・というのも、既に北海道、東京は手配済み・・・3/9の月の203号室のライブも入れちゃってますので・・・これ以上あわせるには、仕事やめるか無断欠勤するか身内でも亡くなったことにでもしないと^^;;;

ところで先日発売された絢香ちゃんのMTVライブのDVDご覧になった方いらっしゃいますか?
その中でも絢香ちゃんがMCで言ってましたが・・・以前、コンサート会場にスーツ姿のサラリーマンらしき方がコンサートを見に来ていたそうです・・・で、その方にステージから、”お仕事帰りですか?おつかれさまですー!”って声をかけたら、会場の何千人もの人が居る前で・・・”さっき仕事辞めてきましたぁ~!!”・・・”って、よっぽどきたかったんやろなぁ~”ってのがありました。

私もライブバカを自称してますが・・・さすがに・・・・^^;;
いや、やってもいいんですけど(笑)
事務局代表様・・・アンドテックで雇ってください(笑)
昌己ちゃん、私を養ってください・・・(オイオイ笑)

とりいそぎアップ(2回目)です。(・・・あんなに長いMC・・・一回でアップできるかぁぁぁwww笑)

ではでは
けいでした。
[PR]
by kei4542 | 2010-01-22 23:27 | 井上昌己

月の203号室

こんばんは^^

突然ですが、月の203号室ってペアユニットご存知ですか?

私のお気に入りのアーティストのひとつなのですが、昨年は、スケジュールが昌己ちゃんのワンマンライブとことごとく重なり、3/3を最後に長期ご無沙汰している男性2名のユニットなのです。
(1/6に札幌時計台でまみちゃんサポのライブがあり・・・ご無沙汰しているなぁ・・と。)


この、月の203号室。
ボーカル・ギターの春くん(西畑春之介さん)と、ピアノ・カホンの俊くん(蓮本俊介さん)の二人で構成されていて、春くんの気持ちのこもった歌はもちろん、二人の独特な空気の掛け合いが、大変楽しく、お二人のお人柄か、若い女性からかなりのご高齢の方までライブ会場では見かけることができます。(春くんが以前、施設?でアルバイトをしていた関係らしいです。)
更に、この二人のライブではギター、ベース、ドラムが加わったり、時々、まみちゃんのバイオリンが加入したりと飽きさせないサウンドも大変魅力です。

その”月のコンサート”が3/9にあると聞き・・・まみちゃんも数曲サポされると聞き・・・当然のごとく予約いたしました。場所は東京文化会館(上野)。お二人にとっては初めての200人を越えるキャパの会場・・・しかも、ライブハウスではなく初のコンサートホール。

いまから大変楽しみです^^

この二人を拝見したのは・・・いつだっけか・・・。
そうそう。一昨年8月にライブめぐりがスタートして、やうちゃんの2度目のライブを7th floorで拝見したときの
対バンさんが、月の203号室だったと思います(他にOne threeさんとあともう一組女性アーティストさんがいたと記憶しています)。
その後もすぐに対バンになる機会があって、そのときに、まみちゃんが数曲サポしたのをきっかけに足を運ぶようになりましたね。渋谷の乙、労音十条会館、赤坂グラフィティ、高田馬場Club Phase等に行ったのを記憶しています。

小さなライブ会場では客席に汗が飛んでくるほどの^^;熱のこもった歌を歌う春くんは、間違いなく本物だと思います。

ちなみに、この二人のライブ映像はないかと思い、You tubeを検索したらありました!それも昨年いけなかった仙台でのまみちゃんと3人Ver.のfamily^^・・・これいけなくて大変残念な思いをしたのですが、年をまたいで拝見することができました^^

みなさんもよろしければ検索してみてください^^・・・そして、ぜひ、生の声を聞きに会場まで足を運んでくださると幸いです^^

公式HPは、http://moon203.com/ です!

ではでは
けいでした^^
[PR]
by kei4542 | 2010-01-19 02:07
みなさんこんばんは^^

今日は新宿歌舞伎町、PINKBIGPIGさんにいってきました^^v

昌己ちゃんがらみのイベントということで、昌己ちゃんの2010年、初ステージですね^^

出演は、KATSUMI&YUMERUのお二方が普段出演している、インターネットラジオのjump to the90'sという番組の一環として、その中に、昌己ちゃん&仍子こと(爆)長友仍世さんがゲストで参加するといった形でのイベント進行でした。

出演順は、
1 長友仍世さん
2 茜沢ユメルちゃん
3 井上昌己ちゃん
4 KATSUMIさん
の順で、それぞれ3曲ずつ歌い(ユメルちゃんだけ4かな?)、最後に4人のコラボで一曲歌ってくださいました^^

セットリストは・・・。

ユメルちゃんが、
1 Zutto(永井真理子カバー)
2 夢のしずく
3 足跡
4 ・・・・・(フランスの歌で・・・なんだっけ^^;;)

昌己ちゃんが
1 恋が素敵な理由
2 あの場所へ
3 思い出の続きはなくて・・・

以上!^^;・・・え?仍世さんとKATSUMIさんがない?
うーん・・・今回、初見でわかりません^^;;・・・すいません、どなたかわかる人いらしたら、情報提供願います・・・ほんとすいません^^;;

・・・男は興味ない・・・ってことだったり・・・いえいえw

といってる間に、仍世さんの情報が^^

1 涙・抱きしめて
2 大地の祈り  (オカリナによるinst.曲で出来立ての新曲だそうです^^)
3 answer

曲名がわからなくても(スイマセン)仍世さんが好きな私(けっして仍子が好きなわけではない(笑))・・・入場の際にライブハウスではお決まりの、”どなたがお目当てですか?”というスタッフの質問に・・・”え?・・・井上昌己さんと仍世さんなんですけど・・・”と、当然のごとく答えたのですが、向こうもつわもので、”どちらかというと・・・?”と、執拗な質問が・・・なんて答えたかはご想像にお任せします^^;;

で、最後のコラボはあくまでも90年代の代表曲ということで、K2Cの”君がいるだけで”でした^^

さて・・・今回のREMEMBER'90s vol1、ですが、確かにこの年代、私にとっても懐かしい曲満載の時代でした。一方で、それまでのアイドル全盛の時代から、少しずつ趣向が多彩になってきて、おニャン子クラブに象徴するように、混沌とした時代の始まりだったようにも思います。

今日の4人、特にユメルちゃんを除いた3人の曲を聞いていて思ったのですが、3人とも、声が高い!!^^;
リバーブのかけ方はハンパないし、非常にうまいと思います!!これが90年代の特徴なのかも^^;;・・・でも、気持ち音がずれることが^^;・・・まあ、ご愛嬌ということで^^
(その後の、宇多田ヒカル、MISIA、倖田來未、絢香、といったアーティストを思い浮かべると、時代の変遷を感ぜずにはいられません・・・。)

特に、今日聞いていた中で、仍世さんの低音でのフラットな声を次回聞いてみたいと思いました。
次回もこのような機会があれば是非参加したいですね^^

簡単ですが、とりいそぎアップです。

ではでは
けいでした。
[PR]
by kei4542 | 2010-01-16 00:10 | 井上昌己
みなさんこんばんは^^

さてさて、昨日は休日ということもあって、のだめオーケストラコンサートアニメ編最終楽章~楽しい!オケ入門コンサート~にいってまいりました。

e0176972_2039677.jpg


正直いって、のだめカンタービレ・・・ドラマもですが、殆ど見たことがなく・・・いくらドラマの内容にクラシックが関係あるとはいえ、なんで実際のクラシックのオーケストラにのだめが??と思いながら行ってきました^^;;

ドラマ内で演奏された曲を、オーケストラで選曲してっていうのが基本で、その他にもアニメのオープニング、エンディング曲や、映画で使われた曲を演奏していました。

なぜか、司会の軽部&かとぱんの両フジテレビアナウンサーが司会を^^;
(主旨が全くわかっていない私^^;;)

演奏曲目は、
第一部
1 ベートーヴェン:シンフォニー7番イ長調作品92より 第一楽章
2 アニメオープニングテーマ:”まなざし☆デイドリーム” piano&Vo さかいゆうさん
3 ラヴェル:ボレロ

20分休憩

第二部
4 ロッシーニ;歌劇”ウィリアム・テル”序曲
5 アニメエンディングテーマ:”風と丘のバラード” Vo Real Paradis
6 ショパン:ピアノ協奏曲第一番ホ短調Op.11より 第一楽章から
7 チャイコフスキー:序曲”1812年”変ホ長調 作品49

アンコール
1 ドヴォルザーク:チェコ組曲Op.39 B.93より 第二曲”ポルカ”
2 J.シュトラウスI : ラデツキー行進曲

以上、指揮:梅田俊明氏 演奏;のだめオーケストラ

クラシックをオーケストラで聞くのは何年ぶりだろう・・・最後に聞いたのが2002年だから、8年ぶり・・・。
そのときもラヴェルのボレロ・・・聴いたっけ・・・。

で、今回、のだめオーケストラにまみちゃんが参加するということで行ってきました^^;
(一昨日あったばかりで・・・^^;まだブログも途中ですが^^;)

本当は、スケジュールがあめまブログにアップされて直ぐにチケット確認したところ、既に全席売り切れていたのであきらめていたのですが、今日は私、久々になんにも予定のない休日・・・それも東京はかなりの冷え込みに冷たい雨。
これは絶対にキャンセルとかあるだろう・・・と、当日券の確認をしたところ、なんとか入手できそうだと・・・。

演奏曲目はどれも一度は耳にしたことのある曲がほとんど。
しかもボレロでは、司会の軽部&カトパンの両アナウンサーと指揮の梅田氏が楽器をひとつひとつ紹介、解説するという親切な演出。
クラシック久々の私にとっても良いリハビリになりました^^;;

一昨日の恵比寿では、ソロでロック魂全開のまみちゃんを・・・今日は、クラシックでおしとやかなまみちゃんを拝見することができました。
でも今日はちょっとおすましさん過ぎて・・・やっぱりまみちゃんにはロックな方が似合っているというか、らしい感じがします^^;

まだ明日と明後日NHKホールであるそうです。
よろしければ、たまにはみなさんもクラシックを聞いてみてはいかがですか?
気持ちが落ち着くと思います。

ではでは
けいでした^^
[PR]
by kei4542 | 2010-01-13 01:15 | あめま
こんばんは^^

今日もライブバカは行ってまいりました・・・今年のライブ初め^^
そして・・・。

やうちゃん、まみちゃん、まいこちゃん Happy Birthday~!!

えーっと、それぞれ、いくつになったかはあえて聞きません^^;
・・・が、やうちゃんだけは、今年の成人式、いかなくちゃっと言っていたとだけお伝えしておきます(爆)
(ちなみに誕生日は・・・まいこちゃん1/3、やうちゃん1/20、まみちゃん1/22です^^)

さて、ソルナカフェ、初めて伺ったのですが40人限定・・・やっぱり・・・狭かったですね^^;
私はお三方へのプレゼントを購入して会場に向かったのですが、16時前ぎりぎりに到着・・・。受付を済ませ、階段を上がって3Fへ・・・。ここでちょっとイラッとすることがありましたが・・・まー、バースディだし、さらっと受け流し・・・^^;;でもそのために階段まで人が溢れていて・・・席が^^;;;

ドリンク無視して座席へ・・・。で、会場が狭い=ステージが近い・・・ってことで、前の方の席が空いていて・・・押しやられるような形で下手側の最前席へ・・・。

e0176972_2329979.jpg


        ち、近っ・・・近すぎて全部入りません^^;;

開始が30分遅れて・・・まみちゃん(VL)、まいこちゃん(chlo)、が先にステージ登場。
ですが、会場の音楽までOFFしたのにスタンバイが早すぎて・・・妙な間が・・・^^;;
しかも、目の前に観客が・・・ってことで、”さくらさーん(やうちゃんの新マネさんです)、音楽流して~、間がもたない・・・”っとまみちゃん(笑)
実際、目の前にまみちゃんがいて、こちらも目のやり場に困ります・・・空を見上げたりして挙動不審者モード(笑)
そうこうするうちに、お着物姿のやうちゃん入場・・・。

あ、そうそう、まみちゃん、とうとうやってくれました^^
アジアの花V2発売記念ライブ(昨年の今頃でしたね)に、三線の比嘉のあにーがまみちゃんに託した、あの、85(やうこ)ジャージ着用でステージに・・・思わず、おーって声でちゃいましたよw
(※三線:さんしんと読みます。沖縄の楽器で、弦が3本。見た目は三味線みたいですけど・・・別物らしいです^^;私も今回初めて目の前でみました)

で、ライブスタート。
セットリストとMCは、

1 小さな旅   

MC1 天気、最近の旅行について

”いつも、毎回天気のこと気にするんですが、今日は・・・大丈夫ですね?過去に2回、大雨で台風がきたり、雪で電車が止まって帰れませんってこともあったと思いますが、今日は大丈夫ですね(苦笑)”

”昨年はいろいろな所に行く機会があって・・・中国とかいろいろいったんですけど、過去にフランスとかにもいってまして、韓国語とかフランス語とか勉強してました。で、次の曲なんですけど、フランス語で唄います。Premire encontre(プレミアアンコントレ)って、言って初めて逢うときの・・・(失念^^;)で、そうそう、その歌詞を書くのでスタート遅れました・・・もう一曲は、韓国語で歌うんですけど、これはみなさんご存知だと思うので、言いません。2曲続けて聴いてください”

2 プレミアコントレ(あってる?フランス語わからん^^;)
  Premire encontre・・・でした^^;やうちゃんありがとう^^
3 雪の華(カバー)
→いきなり出だしのピアノでギャグのようなミスが^^;;
”わざとじゃないですよ(笑)・・・”

MC2 琴とか習い事について&海がめの話

”新年ということで、新しいことを2つ始めました。えー、一つは、琴を始めようかとおもって、近所の教室とか探したら、直ぐご近所にありました。ということで、琴の爪ケースとかも買って、あとは体験教室行くだけです(笑)、二人(まいこちゃん&まみちゃん)はどうなんですか?って、あめちゃんはこないだ上海いって、二胡を買ってきたんだよね?”(や)
”そうそう・・・上海いって、カニくってきて(会場から食ってw)・・・あ、食べてきて・・・。二胡買ってきたんで始めます”(雨)
”まいこちゃんは?なにか始めないの?”(や)
”・・・前から三味線興味あって・・。”(ま)
”あー、前から言ってたもんね。同じ弦だから、すぐうまくなるんじゃない?じゃー3人で、琴と二胡と三味線でできればいいなーということで、誰が一番うまくなるかな?やっぱり雨ちゃんかな?物覚えいいし・・・”(や)
”(いえいえ)・・・・”(雨)

”あとですね、私海がめが好きで・・・日本では飼っちゃうけないんだけど・・・あ、そこに詳しい人がいる(客席の人)・・・(略)・・・で、よく子供が日中亀を放したりしてるんですけど、小亀を日中放してもだめで、月の明かりを頼りに、生まれて元気な7時間(あってる?)の間にできるだけ遠くに魚とか食べられない所まで泳いでいかなくちゃだめなんですよ・・・だから、途中でごみとかにひっかかったりするので、そういったごみとかね・・・綺麗にして海がめにやさしい環境が必要なんですね。で・・・日本海がめ協会(?だっけ^^;)っていうのがあって、会員になるとですね、何日にどこで亀を放したとか見つかったとか、メールで情報が届くんですよ。で、自分になにが出来るか考えて、こないだ入りました。・・・って、タダ単に手続きしてお金払うだけなんですけどね(笑)でも、今日話したことで、いきなり会員数増えて、”おー、なんだこれはー”とかなると面白いんですけどね。”

4 Canaria
5 Just your way

”じゃー、ご飯タイム!みなさん、飲んでますか?ご飯はまだ・・・かな?このあとちょっと休憩あるので、一杯食べてください(笑)”

食事タイム^^

6 (曲名失念^^;;) → Operetta でした。 やうちゃん情報です^^;
  
MC3 MCというか、大コスプレ大会?(笑)


7 Happy Birthday(会場のみんなwithまみちゃんのピアノ)

e0176972_23244970.jpg


 おかしのおうちの屋根の上に煙突までついてて(写ってないけど)、やうちゃん、大喜び^^

8 雲のかけら
9 やさしい風

MC4 そういえば前半すいふようわすれたので・・・。

10 すいふよう

MC5 キャンベルさんの旦那さんのPA加入は・・・。

”・・・(略)・・・PAって本当に大事なんですよ。もちろん、ライブハウスにはちゃんと専属のPAさんっているんですけど、結構いい加減なんですね。(会場後方を確認して(笑))あ・・・いないですね?・・・うちではこうやってますからって言いながら本当にいい加減にやってるとこもあって、それはそうじゃないだろーってこともあるんですね。で、やうこはうるさいとか言われてたりするんですけど、そうじゃなくて、やっぱりやることはちゃんとやって欲しいですよね。で、そういうときに、キャンベルさんが突然、ケーキをもって、うちにやってきて、”わたしの踊りはー、やうこさんの音と合うと思うのー”って言ってきてですね(笑)。今ではこのお二人の存在は大きいんですよ。キャンベルさんの旦那さんがPAとして加入してくれたおかげで、本当、安心できるというか、そっちの心配がなくなって、音に集中することができるようになりました。去年、一番の収穫でした。”

”次の曲は、アルバムを出すにあたって、スタッフから、一曲足りないよ~って言われてですね。締め切りもちかいけど、まだ間に合う・・・まだ間に合う・・・まだ間に合う~♪・・・madamaniau♪ってな感じで出来た曲です。”

11 madamaniau

12 アジアの花V2 (比嘉のにーさん、JOIN)


MC6 お母さんも知らないんだけど・・・小学校4年生のときに・・・

ちょっと、この内容・・・公の場ではいえません・・・^^;;

アンコール 子犬とおじさん


詳細ですが・・・この日の目玉はなんといっても、後半開始の会場を、衣装チェンジした劇団やうこがパン(クロワッサン)を配りながら練り歩いた(笑)ところでしょう^^(パンはやうちゃんの弟さんが焼いてくれたそうです。メチャおいしかったです!!)

やうちゃんが歌いながら入ってきたところまでは、”うんうん、よくあるパターンだ”・・・と思っていたら、あれっ?見覚えのないメイドさんが・・・まいこちゃんでもないし、まみちゃんでもないし・・・誰だろっと思っていると、その後ろにも、人影が二人・・・。あれ?じゃーメイドさんはお店の人なのかな・・・と思っていたら・・・。
な、なんと、キャンベルさんwww

かぐや姫コンサートでも、実はこっそりやうちゃんには感想のメールで言っていたのですが、一番大化けしたのキャンベルさんですよね・・・って言葉を思い出しました・・・(キャンベルさんゴメン^^;;)。

さらに、いまさら合いの手、”ぱぱん”を説明するまでもない人たちが集まってる今回のバースデー。
キャンベルさんまでいるし・・・アジアの花V2、今回は振り付けまでリクエストが^^;;
更に、更に、前半で85ジャージを着ていたからまさかと思っていたら、やっぱり来てくれました^^比嘉のあにー(笑)。
三線プレイヤーらしからぬ風貌に、比嘉さんからはロックが伝わってきました(大爆笑)

そんなノリノリの、アジアの花V2。

例のお気に入りの間奏(2番のオリエンタルビューティーの後の、デュラリラリ~♪の所(笑))では、比嘉さん、まみちゃんがステージを降りて、目の前僅か15cm・・・いえいえ、距離ゼロの所で、ソロバトル!!

もー、サイコーです^^vこんなのもう2度と見られないでしょう・・・^^;
新春早々、ベストバウト(試合じゃないからステージか?^^;;)です♪

そして・・・PAの件。
はっきり証言します・・・やうちゃんがうるさいわけでもなんでもないです。
これ、実際にそういう場面に私も遭遇してますからね。昨年夏にあった、TCC(東京カルチャーカルチャー)でのお粗末なPAは、ステージを見ていて可愛そうになるくらいでした。
もちろん、直接苦情は言いませんよ(でも会場のアンケートには参考意見として書かせてもらいましたが)。なぜなら、やうことしてステージで演奏している以上、例え直接関係のないお店のPAのやらかしたことも、やうちゃんの責任になってしまうから・・・。

これは・・・言ってもいいのかな・・・今年これから地方ライブを含めかなりの数をこなす昌己ちゃん。ライブをするにあたって一つ条件を出したと聞いています・・・。”しっかりとしたPAを一人つけてください”・・・と。

私がこのブログで比較的PAの話題を取り上げるのは、こういった背景があるのです・・・。
アーティストとPAは一心同体ですね。

あ、それから・・・一回目のアップの際に、劇団やうこのコスプレ衣装を写メで掲載していましたが、やうこさんのブログでも基本的にライブ写真は載せないようにしていて、そのぶん、携帯サイトで写真はアップしている・・・という、やうこさんのスタンスを尊重して削除いたしました。
普段のライブでも撮影自体禁止されていますし、今回はバースデーライブということで、撮影に関しては特別にって感じだったので掲載しましたが・・・撮影はOKでも掲載は・・・ってことですね。ご迷惑をおかけしました。

ではでは、けいでした♪
[PR]
by kei4542 | 2010-01-11 00:12 | やうこ

けいのブログ

みなさんこんにちは^^

夜勤明け・・・ねむ・・・zzz


突然ですが、けいのブログ・・・ぶっちゃけ、どうですか?ネーミング^^;

私の知人に、これこれこういうブログ書いてて・・・けいのブログっていうんだけど・・・っと、いうと、決まって返ってくる言葉が・・・。

センスない・・・。


う・・・・・・^^;;;

まー、確かにそうなんですけど・・・。
どうせ、安直で、なーーんも考えてないですよーーーっだっ!(笑)

っと思ったら大間違い・・・。
ちょこっと(ちょこっとかいっ笑)考えて、あえてこれにしたんです・・・。

雨宮麻未子ファンサイト・・・やうこファンサイト、井上昌己応援ブログ、絢香応援ブログ・・・ライブバカ日誌(笑・・・これでも良かったかな^^;;)等など・・・考えましたよ?そりゃ・・^^;

でもですね・・・一つはっきりしてたのは、ある個人、グループだけを単独にターゲットにしたファンサイトにはしないということ・・・。
それは、私のライブめぐりのスタイル、趣旨に反するから・・・。

私のライブめぐりは、雨宮麻未子さんのサポートバイオリンを中心に、全く知らないアーティストの音楽に初見で接して、その中で”これは素晴らしい”、”お、また聞きたい!”と思わせてくれるアーティストを発掘していく楽しみを多少なりでも表現できればいいかな・・・というのが原点。他にも記憶が薄れたときのための記録としての意味もあります。
(最近、個別のファンサイトじゃないかと勘違いしそうな内容になってますが^^;;)

そうやって、めぐり合ったアーティストさんは、月の203号室、広沢タダシ、non-St、aluto、ARIA ASIA、星村麻衣、舞弥、峰香代子、奥村初音・・・など数えあげればキリがないほどです。

で、ですね・・・。

前回の記事に私が書いた、

”ライブはアーティストが単独で作るものではない。会場の観客と一体となって作り上げるものだ”
という言葉に対して、”当たり前の言葉”とか、”その通り”といった感想を頂きました^^
(ご意見をくださった方、ありがとうございます!)


もちろん、どんなアーティストでもいいので、ライブ参加して、そういうシーンを体験した人は、当たり前・・・といえるのですが・・・それがそうでもないんですよ?^^;;

さき程、私があげたアーティストさんはもちろんそんなことありませんが、その方達が、単独ライブじゃない、たとえばスリーマンライブに参加するのでってことで観に行くと・・・つまり、対バンさんで、その・・・そういう盛り上がりが全くない方たちも存在するんです・・・残念なことに・・・^^;

このようなインディーズで活動している方のライブに行くと、メジャーな歌手のライブではありえないことに平気で遭遇するんです・・・^^;;
(それが楽しくて、足を運んでるというのもあります^^)

なんでこんなにすごい歌唱力あるのに、インディーズなんだろう・・・って思う方達もいます。
でも、そういう方々に共通することがあって、聞いていると必ず、既にメジャーで活躍している方の顔がちらっと浮かんできてしまうんですよ。

この世界、マイクの本数は多そうに見えて、実は少ないようです・・・。それだけに、同じタイプのヴォーカリストはいらない・・・という業界のプロデューサーは多いように思います(そう、深夜にやってる某番組みたいな感じです)。
いつかどこかで私がコメントした、オリジナリティの問題ですね。


話はもどって、盛り上がるか盛り上がらないかに関しても、まったく、観客が反応しない・・・てか、反応できない^^;;・・・この空気なんとかしてくれぇwww^^:::ってこともインディーズのステージでは遭遇します。
でもそれは、その歌い手のカラーであり、あえてそういう選曲をしている場合もあります。
(みんなそうやってインディーズでがんばってる訳で、そういう方達の成長過程を見守るという楽しさもあります)


それで・・・、”ライブはアーティストが単独で作るものではない。会場の観客と一体となって作り上げるものだ”・・・と書かせていただきました。あくまでも誰のライブがそうだから・・とかではなくて、人の前で歌う全てのアーティストに関してのコメントであって、けいのブログの趣旨から、そういう書き込みをさせて頂きました。



*話は飛びますが^^;ちなみに・・・一昨年の夏からスタートした私のライブめぐり・・・そんなに長い期間ではなくても、名シーンと言える場面にたくさん遭遇できました・・・。

・広沢にーさん:一昨年の赤坂でのサフランの花火の大合唱
・やうちゃん:毎回のライブで見られる、アジアの花での、”ぱぱん”
・絢香ちゃん;東京国際フォーラムに響き渡ったマイクレスI believe
・月の203号室;一昨年の労音十条会館での、Familyの大熱唱
・昌己ちゃん:20周年記念ライブでの、ファンによる”忘れてあげない”の大合唱♪
・aluto:下北沢ガーデンでのズッコケ?(笑)アンコールでの”あした天気になーれ”
・舞弥:昨年、恵比寿での中島みゆきさんのカバーの”糸”
・最近ではないけれど^^;
  昌己ちゃん:20年前地元で聞いた、昌己ちゃんピアノ弾き語り”世界に一つだけの涙”
・歌ではないけれど^^;
  演劇、風のクロニクル、虹のクロニクルと一つに融合された、まみちゃんを始めとするストリングス隊の響き

などなど・・・数え切れません・・・。
これだけでも、ライブに時間を割き、足を運んだ甲斐があったというものです。
いかがですか?みなさんも2度と同じものはないライブに足を運んでみては???


そして・・・ここからはちょっと個別の書き込みになりますが・・・^^;;

>どんばーさんへ

どんばーさんが意図しているところ、おそらくほぼズレなく、なんの事を言っているのか、把握しているつもりです。
この点に関しては、昨年の新浦安で私の隣に座ったおばちゃんに言われた件と無関係ではありません。
その後、話題にするといいながら、取り上げることができず、本当に申し訳ありません。

あくまでもキーワードは、”自然に”です。
素晴らしいパフォーマンスをアーティストが発揮すれば、自ずとオーディエンスは自然と盛り上がってきます。
(これ、重要ですぞ!アーティストのみなさま!)

盛り上がり方は、私は自由で良いと思います。
茶道の極意に、”何ものにもとらわれない、自由な心”というものがあります。ライブも茶の湯も音楽と言う芸術を鑑賞するという共通項はあるのだから、この極意はライブでも生きていると私は思っています。
ライブに参加するかしないかに始まって、クラップするかしないか、ライブ中スタンディングするかしないか、声援を送るか送らないか・・・全て参加者の意思で自由に表現して良いと思います。


新浦安のおばちゃんは、もちろん、昌己ちゃんのことを少なからず好きで会場に来てくれたわけで・・・にも関わらず、あることを強要されてカチンときたようでした。もちろん、強要したと思われた方は強要したつもりなんて全くなかったと思いますが・・・一般のファンの方にそう受け取られてしまったわけで・・・^^;;
(そこから、あの人ファンクラブの人?から始まって、ああいう固定が幅効かしてると、一般のファン増えないよとか・・・昌己ちゃんならもっと売れてもいいのに・・・とか、その日の衣装まで・・・ご意見オンパレードでした^^;;;・・・もちろん、かなりの誤解もありましたから、ひとつひとつ丁寧に説明して、ごもっとも!とよいしょして^^;;平謝りに謝り^^;・・・ご機嫌を直していただきましたが・・・笑)

今だから言えるのですが、おばちゃんには、”タオル欲しいけど・・・ないのよねぇ・・・。”と意見を頂いたので、その旨、代表殿にお伝えしました。また、その他のグッズに関しても、年末のライブに向けて、卓上カレンダーがあれば私なら必ず買いますよ・・・と、あくまでもファン視点での希望とかファンの声を代表殿には伝えてきました。
私が代表様と話すことは、あくまでもファン視点の意見であって、それ以上でもそれ以下でもないように常に心がけています。

歌唄いの気持ち・・・参加している観客の気持ち・・・ライブとはなんぞや?アーティストとファンとの関係とはなんぞや?簡単なようで難しい命題なのでしょうか・・・。
考えずにはいられない一夜でした。

何を言いたいのかわからなくなってきたのでこの辺りで・・・。
ではでは

けいでした。
[PR]
by kei4542 | 2010-01-09 16:20