好きなアーティストさんのライヴを中心に、書き込んでいきます!


by kei4542

<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

理由

先日の昌己ちゃんによる、松田聖子さんの”瑠璃色の地球”に痛く感動した訳ですが、どこがそんなに?という声もあると思います。

意味もなく誇大表現をしてる訳ではないので、ちょっと解説を。


その前にこの話に触れるには、歌の要素に関して触れなければなりませんね。

ライブバカがライブで初見のシンガーを評価する視点は次の通り。
声量、音程、リズム、声の伸び、リバーブ、声の個別性。

これらを個人的にランク付けるとしたら、

個別性>音程=リズム>声の伸び=リバーブ>声量

一応要素に優先順位をつけましたけど、現在では声量、リバーブ(特に声量)は音響機器・・・つまりPAでかなりどうとでもなるので下位になってます。が、それ以外はほとんど僅差で、どれか突出してるからいいとかではなくて、全ての要素、特に音程、リズム等の出来具合のバランスがどれだけいいかによります。

あとはそのシンガーの個別性。
BUMP OF CHICKEN、桑田佳祐、椎名林檎等、声に特徴がある人を挙げればその人気度合いが分かります。大体はその人の声が好きだから・・・っていうのがそのシンガーを好きになる大きな要因になってるのではないでしょうか?

リズムも基本的にはよほどのリズム音痴でないかぎり、メロディーメーカーの演出するメロディーをシンガーがどう再現するか?によります。CDでは再現性100%(笑)。何度聞いても同じメロディー。でもライブでは??

で、ここまではあくまでも初見のシンガーの話。私の基準ってだけで、人によって全部逆の人もいると思います。


では、井上昌己の場合は?
私は、(松田聖子に似てると言われる・・・良くも悪くもですが)透き通った声とリバーブと声の伸びが彼女の最大の武器だと思います。

毎回心配しながら聞くのは、音程と声の出具合つまり、声の伸び(声量)ですね。

・音程
リバーブと強く関係しています。
大御所といわれる歌手でさえ、語尾の最後の音がリバーブをかけながら毎回外れている人がいます。
つまり声の揺らぎによって本来の音が微妙にずれるからだといえます。
(某新御三家のあるかたは、常にずれてるってモノマネの審査の先生が言ってましたが・・・w)

例えば語尾をラ~♪で伸ばす時、ラの音から、微妙に小さい振幅でラからシ寄りに高い音とラからソ寄りの低い音に振動している時、その中心の音がきっかりラで響けば正しい音程を。どちらかにでもずれれば音が外れて感じる・・・ということです。(これはヴァイオリンのビブラートと同じ理論)

つまりリバーブが著しい歌い手は音程がずれる可能性がそうでない人に比べて高いということです。
単にリバーブに集中することで音程がずれるという人もいるみたいです。


・声の伸び
俗に言う声の張りですね。声量に関係しています。声量がなければ声を張ることもできない。声を伸ばすには声を出さなければならない。逆に言えば声を出さなければ声は伸びようがない。

多くのファンが、”今日、声が出てましたよね?”というのはこのことだと思われます。

そして、先日のFace to Faceの後半(京都、名古屋)に気がついた昌己ちゃんの歌い方の変化とは・・・。
”語尾を意識的に伸ばして歌うということ。”
淡谷のり子大先生を除けば、常にリバーブをかけながら発声する歌手はオペラ歌手でもない限りほとんど皆無。現代のシンガーの多くが語尾の音にリバーブをかける歌い方をしているわけで、それは昌己ちゃんも例外ではありません。

つまり、声を伸ばす=語尾が伸びる=リバーブの時間が長くなる ということ。
”語尾を延ばして意図的にリバーブと声の響きを聞いてもらおう。”それが変化の内容。

でも発声の時間の延長でリバーブの時間が長いということは、先述したとおり、音程がずれるリスクも大きくなるということ。
正直、昌己ちゃんに限らず、80~90年代の音楽では音の正確性つまり音程の精度よりもリバーブを重視する傾向が強かったように思います。

そのリスクを押さえ込みながら語尾を延ばしてリバーブをかける。
これが今回の昌己ちゃんの素晴らしい部分であり、先日の更新で”短所を修正するのではなく、長所を伸ばす歌い方”と言った部分。このような発声法では発声している本人も気分がいいし、ますます気分が乗って発声しやすくなる。

以上が今回のシリーズを絶賛する理由。


同様の効果が見られたのが先日のDXでの瑠璃色の地球。

夜明けの来(1)ない夜は無(1)いさ(2) あなたがポ(1)ツリ言う(3) 燈台の立つ岬で暗い海を見ていた
悩んだ日もある 哀しみに くじけそうな時も あなたがそこにいたから 生きて来られた・・・

一番のAメロの(1)で既に効果が発動。音程ばっちりでリバーブがオリジナルにはない短めのリバーブ。(2)で同様にちょっと長めに響き、(3)でオリジナルより明らかに長めにリバーブがかかる。

この時点で涙があふれて・・・というのも無理からぬ話。
ちなみに、昨日のマッキーさんの話ではありませんが、伸ばした分、どこでブレスするかという問題も出てきますが、今回は割愛^^;

井上昌己というシンガーに限定した話はここまで。


あとひとつだけ。最初にちょっと触れた個別性に関して。
過去にも何度かふれてますが、正しい音程でリバーブを響かせるシンガーは、80~90年代を過ぎてたくさん増えています。それはメジャーだけでなくインディーズの世界にもです。(リズムに関しては小室サウンドというキーワードだけ残して、いつかまたどこかで触れられればと思います。)

ライブバカのライブめぐりでもたくさんの上手なシンガーを見てきました。
確かに上手だ。でも、オリジナリティは?その曲をその人だけが歌っているのか?その曲を歌ったときに、既にメジャーにいる誰かの顔が思い浮かんでくるのはどうして?

その人でなければ替えが効かない・・・そういう人だけが持つ個別性。その人が放つオーラ。これが重要なんです。(みなさんにはどんなオーラが見えてますか???)

桑田佳祐の歌は桑田佳祐じゃないとダメなんです。そっくりさんじゃダメなんです。
椎名林檎も林檎ちゃんじゃないとダメなんです。
BUMP OF CHICKENもBUMPじゃないとダメなんです。コピーバンドじゃダメなんです。

だから・・・井上昌己も井上昌己じゃないとダメなんです。
昌己ちゃんの瑠璃色の地球を聞いたとき、よく、”聖子ちゃんに似てる”と言われるフレーズは、今回のことでさらに払拭された。と思いました。
先日のDXで、完全に井上昌己の瑠璃色の地球を歌い上げたんだ。私はそう思っています。


(先日来、書きかけてた記事のUPです。途中で放置でしたが・・・オリジナリティのある歌手に関して触れたくてあえてUPです。)

追記:本件、音程とリバーブと声の伸びで話を展開しました。客観的に見たら、リバーブと声の伸びってリズムのことだろ?って意見もあると思います。確かにそうかもしれません。ただ厳密な意味でのリズムではなく、これだけ延々と書いたことは・・・普段のライブで江口さんが言ってる一言で言い表すことができると思います。そう、レイドバックです。意味はゆったりと。おおらかに。そのゆったりした中で表現者としてシンガー井上昌己がどう歌(瑠璃色の地球)を表現したか?そういう内容だと思っていただけると幸いです。
(2011.5.9 23:57 けい)


けい
[PR]
by kei4542 | 2011-04-30 13:18

奇跡を見た・・・。

昨日は、月の203号室の川崎でのフリーライブが雨で中止><
そのまま帰るのは癪なので^^;・・・映画(ガンツ)見て帰宅・・・行きは豪雨でぐしょ濡れ^^;;

そんなことがあったけど・・・今日は気を取り直して、昌己ちゃんの音楽室DXでのマンスリーライブ♪

正直、DXでのマンスリーライブは、いろいろなことへの実験的要素の強い、箱庭的なライブ(と、S坂さんが言っていた(笑)いえいえ、私もそう思います)と捉えています。
なので、毎回いろんな気づきがあるのですが・・・。

今日の最大の発見は、昭和カバーで歌った、松田聖子さんの”瑠璃色の地球”。

Aメロの段階で既に涙池が満水状態^^;;
その後、いつものパターン・・・すなわち昌己ちゃんのご愛嬌で会場から笑いが聞こえてましたが、それがなければ確実に涙腺決壊・・・いやいや、自然とあとから涙があふれてくる・・・そのくらい気持ちのこもった歌声が。

よく、井上昌己の声をして、”透き通るような歌声”という表現が聞かれ、時に”エンジェルボイス”と表現する人もいますが・・・今夜の声は、セイレーンの声・・・”オーシャンボイス”とでも言えるようなものでした。

照明がバックの壁を薄い青で照らしていました・・・深海にたゆたう自分に降り注ぐオーシャンボイス。
やさしくてそれでいながら力強い、透き通る美しい歌声・・・。

CDや録音では感じることが出来ない・・・ライブでなければ感じることは出来ない一瞬でした^^


今日はヴァイオリンの自己練習をしてから会場入りしたのですが・・・思わず大事なヴァイオリンを忘れて会場に取りに戻るほど歌に心奪われました・・・。

お見送りでもぼーっとしてて言葉が出ませんでした・・・^^;昌己ちゃんに心を盗まれたってところでしょうか?・・・まさしくセイレーンの声でした・・・くすっ^^;;


けい
[PR]
by kei4542 | 2011-04-24 23:13 | 井上昌己
続いて、舞弥ちゃんのライブ。

平日の対バンライブで、しかも、(3/8の)つい数日前の休日にも7th Floorでレコ発ライブをしていた影響?か、ちょっと寂しい感じでしたが、ステージでは変わらず素晴らしい歌を届けてくれました。

そして・・・終演後にお目当ての新譜FLAVORを購入。

サインをいただいたあと、驚いたことに舞弥ちゃんから、”今日はカバー曲なかったけど、ごめんなさいね”と・・・。
え?っと思いましたが、私のブログを見てくださったようで^^;;;
(当ブログで2月にアップした、”2番目に光る星”御参照ください。)
ということは・・・他にもいろいろな感想も見られたということで・・・恐縮です^^;

当日、ツイッターからチケットのお願いしての参戦だったので、”けい”という名前で気がつかれたようでした。

新譜を発売して、さあこれから!というところで震災の影響を受けた形ですが・・・がんばってほしいですね^^


震災の影響はまだまだあります・・・現地ではたくさんの方が苦しんでいます。そのことを考えれば手放しで楽しんでもいられません・・・節度をもって・・・です。

音楽業界でもしばらく影響が続き、軒並みライブ会場のチケットの売れ行きも減少しているようです・・・。
私の職場でもローテで福島へ人が派遣されています・・・がんばらなくちゃです!

けい
[PR]
by kei4542 | 2011-04-23 01:24 | 舞弥
一ヶ月以上経過していまさらですが^^;;;

3/6はいづみちゃんのお誕生日でした・・・バースデーライブをかねたグラノワのライブ。
諸事情で追加アップできず・・・先日のクラシックライブもありましたので、ちょこっとだけ追加^^;;

e0176972_0521097.jpg

バースデーケーキ片手にニッコリ^^

e0176972_0523898.jpg


この日の衣装は、浜崎あゆみさんの衣装を手がけているデザイナーさんが作ってくださったドレス。
3人のうち、いづみちゃんだけ先行で完成していた(昨年の12月、心斎橋ヤマハで初披露でした^^)のが、この夜始めて3人分のドレスがそろってのライブ。それぞれの個性に合わせたカラーで作成したそうです。

さあ、6月にグランノワールとしての告知がされましたが・・・どうしましょうかねぇ・・・しばらく悩みます。


けい
[PR]
by kei4542 | 2011-04-23 00:58 | 武内いづみ
おとといは、六本木でいづみちゃんのトリオによるクラシックライブ。

前半はアレンスキーを30分に渡り演奏。
後半はそれぞれのオリジナル。

アンコールは”君の瞳に恋してる”で終了。

奏者は
Vn 武内いづみ
Vc 小澄さおり
Pf 小林沙智


e0176972_0433154.jpg

終演後のいづみちゃんとさおりちゃん。沙智ちゃんはいなくて・・・^^;

もちろん、演奏は素晴らしい!

でも・・・。
この日はグランドピアノの位置をずらし、座席の配置が変わってました。
(今回の映像と、3/1グラノワの写真でネオンの位置に注目。今回はセンターステージとも言える場所にグランドピアノが・・・。)

で・・・座席の関係で、最前列にも関わらず奏者がほとんど見えない状態・・・。
いづみちゃんの後ろ姿しか見れず・・・(泣)その後ろ姿のいづみちゃんの影になってさおりちゃんも全く見えず私の位置からはストリングス全滅・・・あーあ><
(いづみちゃんのコサージュも終演後の写真撮影で初めて気がつくほどの視界不良><)

指使いや弓の動きなどを見るだけでもヴァイオリンの練習になる私にとっては、かなり痛い状態><

座席の案内があった時点で、おそらくそうなるだろうということが予測されましたが・・・有無も言わさず案内され・・・選択の余地なし。
でも、他の人の希望は聞いてたり、常連さんの席を良席にしたり・・・。
全員希望を聞いてない。・・・とかなら納得なんですけどね・・・。

(最前列すわらせときゃいっか・・・ってことなんでしょうかねぇ・・・ライブバカなめんなよ!(笑)って感じです・・・半分マジでw。これが初回なら黙ってますし、2回目ならお小言ですけど・・・今回、何回目ですか?こういうの・・・。少なくても4回目くらいでしょうか・・・。こういう口コミが回りまわってくるってこと、まあ、分からないんでしょうね・・・。)

まあ、分かりますけど・・・正直こういう形式のお店は好きになれませんね。
てなわけで・・・好きでなければ行かないというのも一つの選択肢。
行っても気分がよくないのなら・・・ちょっと考えます・・・。

ま、ライブバカは楽しい会場に行くだけです。

けい
[PR]
by kei4542 | 2011-04-21 23:30 | 武内いづみ
昨日はひさびさの昌己ちゃんフリーライブ。
関東圏では先月のDX以来。

天候は良いものの風が強く・・・花粉症の私は目がしょぼしょぼ(泣)
代表殿の髪はボサボサ・・・髭はボウボウ・・・。
e0176972_166182.jpg

”髭は伸びるの早いのに・・・この分、上にいけばいいのに”と、笑って良いんだか悪いんだか^^;;;

この日は全体的に人がまばらな感じ。人の入りは・・・まぁ仕方ないでしょう。

リハの昌己ちゃん
e0176972_168874.jpg


セトリは下記の通り。

1st.st

1 恋が素敵な理由
2 恋はLiberty
3 忘れてあげない
4 千年情緒
5 遥かな瞳のファナナ

2nd.st

1.恋が素敵な理由
2.世界にひとつだけの涙
3.僕がいるから大丈夫
4.YELL!-16番目の夏-
5.遥かな瞳のファナナ


終演後はいつものごとくサイン会。
e0176972_1611394.jpg


この日はビナウォーク側で用意した義援金箱と事務所サイドの物販がありましたが・・・両方ともちゃんと利用しました。サインもしていただきました^^v

地方物販ではあくまでも”購入者にサイン”ってことで、みなさんルール(マナー?)を守ってましたが・・・。
何度も足を運んでいて買うものがないって人の為に、500円のオルゴールCDも用意してありますからね・・・
新規の方々から見て、”なんだ?この人達?”って思われないためにもきちんと購入してほしいです。

その意味でもあえて再度苦言を呈しますが、物販チーム、撤収早すぎ!
聞けば、今回の物販はちゃんと事務所の収入になるそうで・・・豪華サポートを考えれば、少しでも活動の足しにして欲しいところ。


話は変わりますが、1st.stの際に、隣にいたある昌己ファンから”いづみさんのあれ(渋谷参加)って、けいさんのリクエスト通っちゃったんですか?”と質問が。
もちろん、リクエストというか、個人的な希望としては、いづみちゃん、明香ちゃん、まみちゃん、帆乃佳ちゃん等、参戦してくれればそりゃうれしいですけどね・・・。

今回の件は、代表の事務局通信にもあったように、あくまでも、アレンジャーの松ヶ下さんのマターで実現したもの。”オレ、関係ないよ。”・・・それが私からの回答。

ただ、今度の新曲でアレンジャーが松ヶ下さんだって聞いた時点で、もし井上昌己サイドが沖さんのトラを探す・・・それも松ヶ下さんに紹介してもらうってなったら・・・その競演関係から50/50でいづみちゃんかまみちゃん紹介されるよってことだけは話ましたが・・・。その予測を理解した上での今回の決定でしょう。

いずれにしても、昌己ファミリーにヴァイオリンのサポートが増えることは、音楽的な幅の広がりが”安定する”ってことですからね・・・良いことだと思います。

いづみちゃんに関しては、ただのファンってだけでなく、レッスンの会社を紹介していただいたご縁(まあ、他にも^^;いつか解る時がくるでしょう・・・)もありますからね・・・。

昌己ちゃんには、
”いづみさんのこと、よろしくお願いしますね・・・お酒、飲めませんから(笑)”
とだけ・・・^^;;

e0176972_16361854.jpg


こんなさわやかな笑顔なのに・・・う~ん。やっぱり昌己様にはかないません(笑)

(はっ、普通にアップしてしまった・・・ま、いっか^^;;)

けい
[PR]
by kei4542 | 2011-04-17 16:37 | 井上昌己

武内いづみちゃん

えーっと、一応、宣伝?しときましょうか・・・。

当ブログを拝見していただいてる方にとっては、いまさらですが、”武内いづみ”ってだーれ?って人もいるかもしれません^^;;;

てなわけで・・・。

武内いづみちゃんに関連するブログ、PVなど改めて紹介しときます。

いづみちゃんの公式ブログはこちら ”いづぶろぐ

いづみちゃんが所属する事務所はこちら ”スカイコーポレーション

音楽関連のお仕事をしているいづみちゃんの会社はこちら ”ビジョンミュージック

いづみちゃんが参加しているユニットはこちら ”グランノワール


いづみちゃんのオリジナル曲はこちら "crea"

グランノワールのPVはこちら
"Prelude"


演奏に関しては、グランノワールの”水族館”や”かっこう”、”異邦人”、”G線上のアリア”等、オススメ曲はあるものの、古いものだったり・・・なので^^;
いずれにしてもライブで観るのが一番でしょう。詳細はそれぞれのHPにて確認を・・・。

けい
[PR]
by kei4542 | 2011-04-16 01:53 | 武内いづみ

来たーーー!!!

とうとうきました・・・昌己ちゃんの公式サイトで名前の公表されてるので問題ないと思いますが・・・。

昌己ちゃんのデビュー記念ライブ、それも5/22のpleasure pleasure で

いづみちゃんの参加決定!!!
(オイオイ・・・デカすぎだろ・・・爆)

いろいろありましたが・・・やっと念願かなったという感じです^^;;;

問題は当日ですね・・・沢山人が入ればいいのだけれど・・・。


とりいそぎ・・・。


けい
[PR]
by kei4542 | 2011-04-14 18:55 | 井上昌己
さてさて、昨日の京都・本日の名古屋をファイナルとして、昌己ちゃんのFace to Face ライブも一旦終了><

具体的な内容は・・・セトリも含めここでは述べません。誰かがアップするでしょう・・・きっと。
事実は現地に足を運んだ者のみぞ知る。

ただ、3月から行われた地方7箇所とDXのライブ&野村中学校で行われたイベントは、本人も言ってますが、生涯、昌己ちゃんの心に残るものであろうことだけは間違いないでしょう。

盛岡から東京への脱出行に始まって、不謹慎という言葉が飛び交う情勢の中で行われたDX&野村中学でのイベント・・・。近年、数回のライブを行ってきた福島や仙台でのライブを思い出しながら・・・少しづつ落ち着きを取り戻してきた中での再スタート的意味合いのあった大阪。地元で家族の見守る中で行われた松山。昨年のシリーズでお世話になった某氏の思い出ある、そしてラストを飾った広島でのライブ。

”なぜ歌うのか?震災に遭われた方たちに対して自分は何ができるのか?”

そのことを悩みつづけ、不安を感じながら、その答えを出すかのように行われた、今回の京都・名古屋。


彼女の苦悩は・・・今回、何度となく彼女の涙を拝見したことからも判ります。
(おそらく、会場に足を運んだファンのみなさんから、暖かい何かを感じ取ったことによる涙でしょう・・・。)

PTSDになるリスクもあったと思う。不謹慎だと非難されることへの不安、それも信頼しているファンからの非難。彼女の心の痛みがどれだけのものか・・・どれだけつらい思いをしたか?

ファンという立場の私には・・・その苦悩する彼女の姿を見守ることしかできない・・・その場にいてその苦悩の少しでも背負うことができれば・・・。その苦悩がどれだけ重いか?メルマガにあった彼女の言葉とバースデーカードにつづられたメッセージから図り知ることができました。

そんな彼女の気持ちに応えるには?・・・彼女のパフォーマンスを見届けるしかないでしょう・・・。

行かないと宣言していた大阪・・・。結果的に遅刻でしたが強引に現地に向かったのは、今回のツアーを強行すると代表殿が宣言してから、こうなる予感がしていたから・・・。

”誰か1人でも私の歌を聴きたいという人がいる限り・・・私は歌い続けます・・・。”彼女が過去に何度か口にした言葉。

私は・・・彼女の心の支えになれるのなら・・・どこにだって行くし、何だってしますよ・・・だって、ライブバカだもの(笑)

ちなみに・・・今回の京都、名古屋。歌い方に明らかな変化がありました。大阪のときから何人かのファンから”尋常じゃなく声が伸びてましたよね?”という言葉が何度か聞かれていて、単に喉の調子が良かったんだと思っていたのですが・・・それだけではなかったようです。
最終日の今夜、代表殿に具体的な変化の内容を確認したので間違いないです。
(通信で代表殿が書かれていたピアノの件も話した。)

彼女の短所を修正するのではなく、長所を伸ばす歌い方・・・。
シンガーとしても、1人の人間としても、女性としても素晴らしい!!
・・・惚れてまうがな^^;;

そして・・・松山から変わった香水の香り・・・。
さくらの香りは、私にとってもある意味、特別な意味のある香り(まんまやん。。。とか言わないように。笑)。
季節も桜の季節。広沢にーさんの、”桜の絨毯にのって”じゃないけど、東北の被災地まで穏やかな景色と香りを運んでほしいものです・・・。


けい
[PR]
by kei4542 | 2011-04-10 21:21 | 井上昌己

4月日程

忘れてました・・・4月の日程^^;

そのまえに今夜は8か月ぶりの復活!昌己ちゃんの”急がば回れ”を生で拝見^^;
若干50名?(笑)の観客が^^;

4/2(土) ぶらぶらブラッチェQ@青山・・・(31)
4/7(木) 井上昌己 急がば回れ@秋葉原・・・(32)
4/9(土) 井上昌己 F to F Live@京都都雅都雅・・・(33)
同日、グランノワール、東風ライブゲスト@代官山・・・(欠)
4/10(日) 井上昌己 F to F Live@名古屋DOXY・・・(34)
4/16(土) 井上昌己 インストア@海老名ヴィナウォーク・・・(35)
4/19(火) 武内いづみ他Classic Live@六本木ソフトウィンド・・・(36)
4/21(木) 井上昌己 急がば回れ@秋葉原・・・(37)
4/23(土) 月の203号室 @川崎ラチッタデラ・・・(雨天中止)
4/24(日) 井上昌己 マンスリーライブ@高田馬場音楽室DX・・・(38)

以上、済み。


5/1(日) 井上昌己 @松山
5/5(木)  井上昌己 急がば回れ@秋葉原
5/12(木) 井上昌己 @東京タワー
5/14(土) Bellfast Live in Tokyo 2011 @渋谷LUSH
5/22(日) 井上昌己 デビュー22周年記念ライブ (武内いづみ) @渋谷Mt.RAINER
5/28(土) プリモチャリティーコンサート 場所不明

6/8(水) 松浦ひろみ「ありがとう」レコ発イベント ゲスト井上昌己他 @川崎クラブチッタ

7/23(土) 井上昌己 バースデーライブ @岡山MO:GLA
7/24(日) 井上昌己 バースデーライブ @東京

8/27(土) 広沢タダシ10周年記念ライブ @渋谷BOXX 




ちょっと曜日、日にち間違いがあるかもしれませんが・・・あしからず。
3月までは月に10件ペースを保ってましたが・・・もろもろの諸事情で今月は10件を割り込みそうですね^^;
ま、どうなることやら・・・。

けい
[PR]
by kei4542 | 2011-04-07 23:05