好きなアーティストさんのライヴを中心に、書き込んでいきます!


by kei4542

<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

日程

さ、今年も残り少なくなってきました・・・日程です。

11/3(木) 井上昌己 急がば回れ @秋葉原・・・(111)
11/4(金)  mayu @恵比寿天窓switch・・・(112)
11/5(土) バイオリンレッスン(まつり先生)
11/12(土) 井上昌己 @海老名ビナウォーク・・・(113)
11/17(木) 井上昌己 急がば回れ @秋葉原・・・(114)
11/20(土) バイオリンレッスン(まつり先生)
11/20(日) 井上昌己 マンスリーライブ withグランノワール @音楽室DX・・・(115)
11/24(木) Instead of net (角谷奈緒子)・・・(116)
11/26(土) バイオリンレッスン(まつり先生)
11/27(日) 情熱ナデシコ座(えみゅさん) @四谷天窓comfort.・・・(117)
12/1(木) 井上昌己 急がば回れ @秋葉原・・・(118)
12/2(金) 武内いづみ クリスマスコンサート @ 江古田「ぶな」・・・(119)

以上、終了~^^v

12/9(金) 井上昌己 @名古屋 DOXY
12/10(土) 井上昌己 @京都都雅都雅
12/11(日) バイオリンレッスン
12/14(水) 井上昌己 @東京タワー
12/15(木) 井上昌己 急がば回れ @秋葉原
12/15(木) 東京人形夜 人形振り師パーツ他(演奏 茉莉先生^^;) @目黒 目黒食堂 
12/21日(水)~12/25(日) リーディングドラマ「もしもキミが。」 -Last Christmas- 演奏 武内いづみ @紀伊國屋ホール
12/25(日) 井上昌己 @パラダイスホール
12/31() 井上昌己カウントダウン @DX

2012
1/8(日) 井上昌己 with POPBEAT @汐留BLUE MOOD
1/22(日) 引地麻梨恵Birthdayライブ(武内いづみ) @六本木 Soft wind
1/24(火) GRAND NOIR ライブ  @六本木 Soft wind


上記に、HANAMAS関係、えみゅさん関係、奈緒ちゃん入れたらそれだけで大パニックだなこりゃ^^;;
[PR]
by kei4542 | 2011-11-26 22:26

ヴァイオリニストの体力

さて、グラノワとの共演が終わった所ですが、続けて少々ヴァイオリンネタ。

某代表殿のチクリ?(笑)で、事務局通信にいづみ先生の食べっぷりについて書かれていました。
演奏前に、稲荷5個にヤクルト5本・・・などなど。


ヴァイオリンを弾くのに必要なものってなんでしょう?^^;

指の位置が1mmずれても音痴(笑)・・・繊細さ?
音がどんな風に聞こえるか?自分とそれ以外では結構違う・・・音感の有無?
(ヴァイオリンを肩とアゴではさむので、奏者は耳だけでなく、骨伝導で聞こえるので、奏者と聞き手で聞こえ方が違う。)
人間の解剖生理に反した指の動きが要求される・・・日ごろの訓練、器用さ?

これらは確かに重要ですが、良く聴かれるのが、ヴァイオリンは体力だ!!。。。ってことでしょうか。

演奏では1時間、2時間、照明の暑い中水分補給もできずにブッ通しで弾かなければならなかったり、超ハイスピードで弓を動かしたり・・・。筋トレ、スポーツジムに通ってる人もいるそうです。
一度でもクラシックの演奏を見たことがある人であれば、ある意味マラソンと変わりないと思うかもしれません・・・持久力、瞬発力が要求されるのは、なんとなく理解していただけるでしょうか?

で、記憶に間違いがなければ、リサイタルやコンクールなど、その両者の維持のために、演奏の前に、一握りの砂糖をなめて(食べて)から演奏に臨む奏者もいると聞いたことがあります。

ですから、演奏前の稲荷5個、ヤクルト5本は、しっかり素晴らしい音になってみなさんの元に届けられるわけです。

そんないづみ先生。12月のクリスマスの週にはお芝居の音楽を一人で担当するそうで・・・一回80分?ノンストップで弾くらしい・・・。きっと、差し入れしたら喜ぶんじゃないかと・・・^^;


先日のDXの前に茉莉先生のレッスンがあったことは書いたとおりですが、レッスンは一回45分。
で、プロの過酷な演奏環境に比べればエアコンで温度は自由に調節でき、スポットによる暑さもない。連続で弾いてるわけでもないのに、汗だく^^;;;
人前・・・といっても先生の前ですが、弾くだけでもプレッシャーが^^;;そういった精神的ストレスも少なからずある状態での演奏・・・。多少のわがまま(・・・え?^^;;)不思議ちゃんでもいいじゃないですか(笑)


他にも、いづみ先生の弓、他とは違うことに気がついた方いるでしょうか?

弓を握る部分に(正確には人指し指の部分)、ゴムのサックみたいなのがはまっていたと思うのですが、弓を握って高速で動かすと、弓が飛んでいかないように、握力が必要になるそうです(私はまだそのレベルではないw)。長時間の演奏になるとそれだけで疲れるので、人差し指を引っ掛けて上腕の力だけで動かせるように、工夫してるのだそうです。
いづみ先生の師匠である、ヴァイオリニスト界の巨匠、中西俊博先生もこれを見てマネをしたそうです。

そうそう、弾いてて弓が飛んでいくなんて、そんな漫画みたいなギャグのような話、作ってるだろー??(笑)って言われるかもしれませんが、現にあるんですよ。それもやったのはエロチェロリストの由衣子ねーさんwww

去年(今年だっけ^^;)の年明け、長い間、TDLのパレードのチェロ奏者を探していたそうです。で、そりゃ、私がやるしかないって感じの役割で、面接試験を受けに・・・で、面接官の前で演奏したのですが・・・^^;
いきなり、弓をすっ飛ばしてしまい、取りに行く間、面接官に手拍子をさせて取りに行き、悠々と弾いて見事合格したそうです^^;;ちなみに、チェロのネックを持ってくるくる回転させながら演奏するのは由衣子ねーさん以外に聞いたことがありませんね^^;;(同じチェロをやった小澄さおりちゃんなら出来そうだけど^^;)

話がそれました^^;;


ひとつの素晴らしい音を奏でるための隠れた苦労・・・解っていただけるでしょうか?^^;;
ねえ、代表!(笑)
・・・解ってないから私に”古書の町の間奏くらい弾けないの?”なんて言うんでしょ?www


けい
[PR]
by kei4542 | 2011-11-23 05:08 | 武内いづみ
遂にこの日が来ました・・・昌己ちゃんとGrand Noir(グランノワール)とのコラボ・・・。


その前に、この日は茉莉先生とのレッスンが13時にあり、そちらを済ませてからの現地入り。
ちなみに・・・ツイッターで”梨が食べたい!!”とツイートしていた茉莉先生の為に、Tフルーツパーラーで、デカイ栃木産の梨を購入。レッスン後に差し上げた所、咳き込んでしまうほどテンションが上がって・・・あれだけ喜んでくれるとこちらも嬉しくなりますね。差し上げた甲斐があったなぁと^^v


話は戻ってDX。
この話を最初にグラノワにしたのはいつだっけ?^^;
去年の春と初夏のSoft windでのグラノワライブ(当時はまだRush!)で、アンケートに”井上昌己との共演を・・・”と、それも小汚い字で(笑)書いたのが始まり。

その後、代表にもストリングスチームとのコラボはどうか?と提案し、既にヴァイオリンとのコラボで沖しょこたんとの関係を築き上げつつあった代表と考えが合致。
代表から具体的に交渉GOサインが出た、去年のたまプラーザでのFMラジオの公開放送・・・ひどい雨だったなぁ。
その趣旨を個人ルートでいづみ先生に伝えるも、諸般の理由でリーダーの田口先生から去年のノベンバーイレブンス(with松ヶ下さんで、Mush!という企画 )で終演後、公式回答として、断られ・・・^^;
(先日のノベンバーイレブンスで私がとっとと帰ったのは、この忌まわしき場所に、一分一秒でも長く居たくなかったから・・・。)
といっても、ここでは公表できませんが、ある間違った情報を元に一方的に断られたというのが真相。
(いくら先方の都合があるとはいえ、正直、この前後のやり取りに関しては、ちょっと失礼なんじゃない?って思いが今だに残っている。)

でもここで奇跡が・・・。
松ヶ下さんとの共演を昌己ちゃんが希望。
これで一気に距離が詰まった今年のPleasure Pleasure。松ヶ下さんのマターからいづみ先生が共演。
後は、言うまでもないでしょう。代表が良いようにやってくれるはず。
で、とうとうグラノワとの共演・・・それにしても長かったなぁ・・・。

この間にたくさんいろいろあって・・・今回の共演はいいことばかりではありません。少なからず、いえ、私も他には変えがたい大切なものを失いました・・・それらと引き替え(?)に実現した今回のステージ。ぜひ今後も続けていって欲しいものです。


編成は以下の通り。

井上昌己(Vo)
江口正祥(G)
松ヶ下宏之(pf)
那須野綾(per)
    
ゲスト  Grand Noir
武内いづみ(Vn)
平松由衣子(cello)
田口厚子 (Viola)

セトリは
1 遥かな瞳のファナナ
2 軌道(michi)
e0176972_111793.jpg

姫と、バンマス降格で後ろでこじんまりとまとまる(笑)江口さん

MC

3 月と話す
4 二人の世界
5 星空からのエレベーター

MC メンバー紹介。 体重話。バンマス降格話。新曲アレンジの話。

6 たった一行のノンフィクション
7 ひとしずくの殺意

MC

8 傘(松ヶ下さんオリジナル)
e0176972_0385388.jpg

譜面台が^^;; 切ない表情でコーラスする姫。


Grand Noir JOIN

MC グラノワとのこと。グラノワメンバー構成秘話(?)
e0176972_0423039.jpg


9 揺れるココロ

MC 高貴な感じ・・・林さんの影響?お祭りばっかりやってる農民?。グラノワメンバーによる他己紹介(武内→田口、田口→平松、平松→武内)
e0176972_0472117.jpg

田口先輩を他己紹介するいづみ先生の後ろで”えーっ”と顔を見合わせる先輩二人の図。

10 千年情緒 
11 あなたが教えたこと
(ストリングスVer. 恋が始まる理由→あなたが教えたこと→恋が壊れる理由)

 
【グラノワのコーナー】
12 バッハの平均律クラヴィアッシュより”プレリュード”
  (2ndアルバムBLOWより。クロスオーバークラシック。)
13 Rider(アルバムRushより。Grand Noirオリジナル)
e0176972_051866.jpg

凛としたいづみ先生。

e0176972_0521391.jpg

安定感の田口先輩

e0176972_0544153.jpg

せくしー部長・・・エロチェロリスト^^

昌己ちゃんwith まつえぐあやJOIN グラノワOUT

MC 告知他

13 恋が素敵な理由
14 恋はLiberty

アンコール

MC ムチ持参でグラノワ入場www

15 Merry X'masをあげたい -Last for you-
16 メリーローランの島


今回のステージで特筆すべき点は2点。
ひとつは言うまでもなく、松ヶ下さんのストリングスアレンジによるGrand Noirとの共演。
もうひとつは、それ以外のサポート陣の演奏。

まず前者。
音の厚み、優雅さ、重厚さ・・・言葉では表現しきれない沢山のものを、オーディエンスが感じたことと思います。
そしてそれは、過去のDXにはない歓声の反応の早さに現れていたと私は思います。

特に今回の松ヶ下さんのアレンジ。沖しょこたんとは違ったアレンジで、11あなたが教えてくれたこと のストリングスアレンジにそのクラシカルな音の組み立てを見ることができたと思います。
(そういえば、この音の組み立て、どっかで感じたことが・・・。このブログを始める前に、東京桜組という劇団が”風のクロニクル”という演目を俳優座で公演したとき、まみちゃんのストリングスチームが音楽を担当していて・・・あの時の風景が思い出されました・・・。)

個人的には、ラストのメリーローランの島での短く早いリズミカルなVnの旋律とか・・・散々グラノワやいづみ先生のステージを聞いてきたにも関わらず、まだ耳が新鮮なメロディーを感じさせてくれる松ヶ下さんのアレンジ。今後まだまだ続いていって欲しいと思います。そう。姫の楽曲はまだまだ沢山ありますから(笑)



毎回のことですが、今回のDXの箱庭的ステージ。内容に関する批判とかは一切するつもりはありません。
あれだけの構成と内容に、文句のつけようがないですからね。

私が今回一番素晴らしいと感じたのは、後者のストリングス以外のサポート陣の反応。
バンマス降格になった江口さん。代表に農民の祭りといわれ続ける綾ちゃん。そして、何を弾かせてもバッチリ決まる松ヶ下さん。この三者、本当に楽しそうに演奏されていました。キーはバンマス降格で自由奔放に弾きまくる江口さん^^;それに呼応するようにノリまくる綾ちゃん^^;最後にバーンと鍵盤をはたいて決める松ヶ下さん^^;;
あんな笑顔で三人して楽しそうに弾かれたら・・・何も言えないじゃないですか♪
この三人、実は音楽的に非常に相性がいいのかもしれませんね。
(まさかの、まつえぐ実現かぁぁぁwww まつえぐwithあや だな^^;; )

歌に関しては、非常に繊細に、でもそのせいで歌詞を忘れる姫がいました^^;
一流サポート陣の放つプレッシャーでしょうか。負けないように集中しようとするも、集中しすぎて歌詞が飛んでしまったんでしょう。。きっと(笑)まあ、おかげでいい音を感じさせてくれましたが^^;;;

あと、いくつか補足しないとわからないことも。

まずは、平松由衣子ねーさんの”エロチェロリスト”これ・・・代表がつけた訳じゃないんですよ^^;;;
私との会話の中で、普通に私がエロチェロリストって言ってたから、代表がそう言うようになってしまって^^;

というのも、他の現場(やうこさん)では、セクシー部長とか、エロチェロリストとか平松さんのことを言っていて・・・ムチを振るう図とか、過去にこちらのブログでもリンクしたことが(笑)。
まさか江口さんとねーさんのからみが本当に実現するとは思ってなかったので^^;;;

追記 調べたところ、”エロチェロリスト”という言葉。当ブログに登場したのは、こちらの記事のようです。
おそらく、やうこさんか、まみちゃんが最初の名付け親のようですね^^;

さらに、アンコールではねーさん愛用(?笑)のムチをいづみちゃんが持って登場。このムチネタもやうこさんの現場での話しが最初のはず。
昨年の5月、名古屋栄ミナミ音楽祭でまみちゃんがヴァイオリンの弓を忘れるという前代未聞(?笑)のアクシデントが発生。このとき、”やうぢゃ~~ん!!”という、ガチョウのような悲鳴(どんなだ?ww)をまみちゃんが^^;;;やうちゃんも、”まさかどなたかヴァイオリンの弓を持ち歩いてるって方いらっしゃいませんか~?”っと^^;この時ほど、ヴァイオリンを持ってこなくて後悔したことありませんね^^;結局、チェロ(ねーさん)はピチカートで演奏。その弓をまみちゃんがヴァイオリンで使用。さらにヴァイオリンの弓を使わなくなったらチェロに弓をパスして弾くという超超超絶パフォーマンスをみせたことがあり・・・その後、ホテルで何があったかはご想像に・・・というのは酷なので、なにがあったかは

こちら

ま、過去に一度リンクしてますが・・・。これ見て江口さん喜ぶかな?(笑)

この時にはムチでなく弓を持ってますから、この後このエピソードのあとにファンの方が贈ったんでしょうね。きっと(笑)


他にも、グラノワのコーナーではRiderでヴァイオリンを弾きながらいづみ先生がステージを降りて観客の目の前で弾いてましたが・・・今回が特別なわけではありません。ヴァイオリンなどのストリングスによる演奏のイベントでは、結構これやるんですよね。

望月明香ちゃんしかり、プリモの演奏でもしかり。いずれもYou tubeなどで検索してみることができます。
特に子供たちの前でしゃがんでジブリの音楽を笑顔で演奏する彼女たちの姿は、真っ白なドレスとあいまって、本当に音楽の女神ミューズが降臨したのではないかと錯覚してしまうほどです。

参考までに。アメリカンウェイク -Ray-


退場する際には、いづみ先生からレッスンに関するアドバイスを頂くことができました。
現在のレッスンの進捗状況の報告から現在教わっている先生に関するアドバイス。
小学生のようなと代表は言いますが、やはりヴァイオリンの先生としての彼女は的確なアドバイスをする良き指導者なのだと思います。
代表がしつこく、”古書の町の間奏弾いてよ!”って言うのですが・・・いづみ先生からも”ぜひ聞きたいです!”って・・・オイオイ^^;;言ったな!このおっさんwww
普通に沖しょこたんかいづみ先生に依頼しなさいってかわしてきたのですが^^;
10年後、まだ昌己ちゃんが歌手をしてたら弾きましょうか(笑)


詳細はまた後日。とりいそぎ けい。
[PR]
by kei4542 | 2011-11-21 01:10 | 井上昌己
さて、やうちゃんライブですね・・・。

今回のやうちゃんライブは春先に行われたのと同じ芝のスタジオ。
やうこの2.5面性を視ると題されたパフォーマンス。
2面性なら理解できるが、2.5面性とはなんぞや??

開演と同時に、人形振りによるパントマイム。白い衣装のかわいらしい女性が握手を求めながらステージを歩く・・・。台に腰掛けたところで、真打登場。

前回はヴァイオリンにまみちゃん、チェロにエロチェロリスト由衣子ねーさん。
今回は、ヴァイオリンにまみちゃんのかわいい、かわいい後輩、まつりちゃん。チェロに万衣子ちゃん。
見た感じや雰囲気はメンバーの交代に伴って多少あるものの、いずれも見知った顔。
音に大きな変化、違和感は感じられませんでした。でも、なんか初々しいんですよね^^;
まだまだまつりちゃんには照れがあって・・・後日明らかになるのですが・・・^^;;

メンバー一新してDie Milch再始動!!

セトリは、
1 インストルメンタル数曲(2曲?)。
2 Rosaria
3 It's necessary(新曲)
4 曲名不明。(新曲)

Rosaria以降のボーカルありの3曲。正直苦しかった・・・。MCでもやうちゃんが言ってましたが、体調が悪く、昼の部が終わって声が出なくなってしまったとのこと。こんなにつらそうに発声するやうちゃんを見るのは初めてだっただけに、ちょっと辛かったですね。


しばし休憩のあと、やうこ編へ。

1 s-talking stocking
2 仔犬とおじさん

MC 夜の部は濃い~系で行こう(笑)ということでしょっぱなの2曲でスタート。

3 すいふよう

MC 

4 森夜(しんや)
5 アジアの花 V2

ここでちょっとお願いが^^;・・・定番のパパンという合いの手。たたきゃーいいってもんじゃないと思うのですが・・・^^;
ちょっとヴォーカルの声の調子が悪いとかMCで言ってるし、音響の具合なども考えて叩いてほしいですね。
たまにいるじゃないですか・・・とにかくでかい音出せばいいって人^^;;;でかいだけなんですけど・・・耳が痛くなるは演奏の音は聞こえないは、勝手にアレンジして叩くから演奏者の音楽性無視^^;;
(ちなみに・・・アンコールの再見!なんて、Bメロ殆どボーカル聞こえませんでしたよ!(怒))
なぜかこういう人に限って隣に座ってたりするんですよねぇ・・・悲しいことに。
ヴァイオリンのアレンジは変わってませんね。V2ではないノーマルなバージョンでのヴァイオリンの演奏で、かつて7th Floorでまみちゃんが演奏してたのを思い出しましたね・・・。さすがまつりちゃん、出来る子です^^

6 ちつころりん(最新曲)

鈴木麻衣さんjoin

7 月の夜に
8 Ballad ~愛屋及鳥~

アンコール
9 Canaria
10 再見!

キャストは

前半(Die Milch)
COCO(やうこ)
白い人形(Olive)
Jasmine(ヴァイオリン三國茉莉)
Leira(チェロ佐藤万衣子)


後半(やうこ)
やうこ(ボーカル)
三國茉莉(ヴァイオリン)
佐藤万衣子(チェロ)
鈴木麻衣(琴)

でした。

・・・・・・
・・・
・・でした。

で、これだけの記事・・・。何が大変なの?・・・という声が聞こえてきそうですよね^^;

うん。

実は、このライブの10日後くらいに、とある場所で、茉莉先生と生徒けいとしてヴァイオリンのレッスンが^^;;
そうなんです。茉莉ちゃん・・・もとい、茉莉先生、今年音大を卒業して晴れて社会人に^^v
てなわけで、生徒募集してるのを目ざとく見つけて、体験レッスンを^^

体験終了まで気がついてなかったようで・・・まさか先週ゴスロリで演奏してるJasmineさんを見てますよ~というのを、黙ってるのもちょっとアンフェアかと思い、その話を・・・^^;

で、”え?あの場所にいたんですか??ヤッバーイ^^;;超~恥ずかしいんですけどぉ^^;;;”と素が出とりました(笑)
黙ってても良かったんですけど・・・”最初に言ってくれて良かったです”・・・と先生。
こっちもあとからバレたら・・・”ゴスロリ想像しながら練習してたんですかぁ??サイテー”とか言われちゃたまりませんからね^^;;;

てなわけで。。。新しい師匠との出逢いなのでした(以後、このブログでは茉莉師匠とでも呼びましょうか^^;)。

ちなみに・・・師匠とはレッスンがなくなり・・・ヤマハのグループレッスンも、個人レッスンがないと意味がないと明香先生とも話し合って私の中で結論に達しており、某大手音楽教室の個人レッスン枠(Y師匠)が見つかった時点でそちらを中断。個人レッスンを申し込み(これは以前の記事にも書きました)ました。

つまり・・・現在、某大手音楽教室の定期の個人レッスン(Y師匠)と、茉莉先生の不定期レッスンを受けていることになります。
正直、・・・本当は師匠がしてくれてれば、なーんの問題もなかったんですけどねぇ・・・この一年の遅れを取り戻したいものです・・・・。


けい
[PR]
by kei4542 | 2011-11-16 00:03 | やうこ
さて・・・残るはこの3つ。

10/22(土) やうこ @芝スタジオ・・・(102)
10/23(日) RAY @福生nicora ・・・(104)
10/28(金) Love palette @新宿SACT! ・・・(106)

順番から行けば、やうこ→RAY→ラブパレなんですけど・・・。
その順番に書きにくい内容になってますね^^;;;

というわけで、一番他との関係がきつくない、書きやすいものということで、ラブパレいきましょっか^^;;

では!・・・10/28(金) Love palette @新宿SACT! ・・・です。

今回のラブパレは、前回、同所で行われた桜ちゃん、えみゅさんサポのワンマンライブ以来のスリーマンライブ。

対バンは、
金子麻美
北広昌
LOVE PALETTE の三組。

残念ながら、仕事の関係で、北広さんの途中からの参戦。ラブパレはラスト登場。

セトリは

1 線香花火
2 ひまわり迷路
3 君に届け~初恋~
4 指輪

サプライズ なっちゃん登場。
5 VOICE
6 COLOR~一緒に暮らそう~

アンコール
7 アヤメ

なっちゃんは、以前ラブパレに所属していたヴァイオリニストさんらしいです^^

前回のワンマンでは、ayakoさんのボーカルを楽器編成の関係上完全に聞き取ることが出来なかったので、その確認もこめての参戦。

んで・・・。ワンマンは今でもユーストから歌声を聴くことが出来るのですが・・・今回のベース、ピアノ、バイオリンのアコースティック編成ではしっかりとayakoさんの歌声を聞くことが出来ました。

・・・やっぱり音楽はライブで聴くに限りますね^^

で・・・ayakoさん。思った通り、比較的クセの少ない上手な歌い方をする方です。
R&B歌手のようなパンチはないかもしれないけど、ほのぼのポップスというキャッチフレーズ(?って言うのかな?^^;)の通り、ほんわかした感じのする、やさしい世界観は、私は好きですね^^
そう、歌い方だけが個別性の評価の対象ではないっていう良い例でしょうね。ayakoさんは。

これからも、時間の合う限り足を運びたいですね♪

e0176972_0303577.jpg


簡単ですが、けいでした。
[PR]
by kei4542 | 2011-11-15 00:30 | LOVE PALETTE
昨日の井上昌己Free Live & イルミネーション点灯式です。

サポートメンバーは

杉山ツヨシ(gt)
松原博(pf)
那須野綾(per)

e0176972_15323213.jpg


セトリは

1 恋が素敵な理由

MC イルミネーション点灯

2 純心
3 世界にひとつだけの涙

MC

4 Merry X'masをあげたい
5 遥かな瞳のファナナ
6 千年情緒
7 夢の続きへ
8 恋はLiberty

アンコール
9 恋が素敵な理由

e0176972_1532999.jpg

純心を熱唱中の姫♪


セトリは上記ですが、カウントダウンで気持ちが盛り上がっちゃったんでしょうかねぇ^^;;
4 Merry X'masをあげたいに一人で行こうとするところ・・・ちがうよ~!とサポメンからフォローが^^;;
結局そのまま歌って上記セトリに。

MCでは、前日2011.11.11と1並びで、入籍をしたり・・・した人いませんか?とか^^;;・・・自分がしたんちゃうの?(笑)と、思ったりしてみる^^;;;

それにしても・・・先日触れた、厚顔無恥さん来てましたねぇ・・・どうやったらあんなに厚かましい行動できるんでしょうね・・・。
でもまあ、昨日は会場に沢山の方が見にいらしてて(250~300人位。)・・・その人もその一人ですからね。
代表の懐の広さを思い知った方がいいでしょう。

すいません。ちょっとそれました^^;
音に関しては、このメンバーでの演奏は初とMCにもありましたが、聴きなれてる江口さんのギターが杉山さんに・・・ちょっと、音がふっと消えそうになる弾き方(アレンジ?)をされていましたけど、ちょっと心地よいというか面白いアレンジでした。それを支える松原さんの安定感溢れるピアノ。昌己サウンドの安定感はこの人が作っていると言っても過言ではないでしょうね(特に姫のピアノの負担軽減という意味でも)・・・名古屋、京都の参戦は大きいですね。パーカスの綾ちゃんも以前から定評のあるコーラス。4 Merry X'masをあげたい で、高音をコーラスされて、改めて上手だなぁ・・・と思いました。

で、終演後もファンとのふれあいを大事にする姫。
残念ながら、仕事待機中の私は、代表にだけ挨拶して速攻で帰宅^^;;
お疲れ様でした。姫♪


けい
[PR]
by kei4542 | 2011-11-13 10:26 | 井上昌己
10/29(土) 阿佐ヶ谷ジャズストリート 島野和樹 
10/29(土) Fiddlasstar @ 南阿佐ヶ谷 美容室Forme     ・・・です。

そしてさらにその前日、阿佐ヶ谷ジャズストリートで行われた多数のミュージシャンによって行われた阿佐ヶ谷ジャズストリート。

こちらに、ノベンバーイレブンスでご挨拶した角谷奈緒子さんがFiddlasstarとして参加。

Fiddlasstarは、
e0176972_042169.jpg

ギター 鷲尾広太



e0176972_0425984.jpg

ベース 寺尾陽介


e0176972_0434335.jpg

ヴァイオリン 梶原圭恵


e0176972_0443131.jpg

ヴィオラ 角谷奈緒子


の四人によるアコースティックカルテットです。
主にフィドルといわれる北欧の音楽をベースに、さまざまなjazzを中心に演奏するグループです。

常にズビズバ(あってる?笑)口ずさみながら演奏する寺尾さん。
いきなり楽器を持たずに入場して奈緒子ちゃんに”何しに来てん?”と激突っ込みされるオトボケさんの鷲尾さん。
おっとりさんで、いづみ先生の妹弟子さんにあたるよっしーこと梶原さん。
そして、ツイッターやらでメッセージの交換をさせていただいている奈緒子ちゃん。

曲は会場の司会をされていた男性バイオリニストアレンジによる曲やオリジナル、swing!swing!swing!など演奏してくれました♪

そして、Fiddlasstarは夜に行われたのですが・・・昼間には、かずきちこと、元気なドラマー島野和樹さんが所属するバンド「HIBI☆Chazz-K」によるパレード演奏が^^;;

編成はこんな感じ^^

HIBI★/ひび則彦(S.Sax&Arr)
アヤ☆/濱田亜矢子(A.Sax)
つっつ/筒井洋一(T.Sax)
このり/小仲井紀彦(B.Sax)
カズきち/島野和樹(Dr.&Perc.)
e0176972_0581073.jpg



阿佐ヶ谷の駅前からストリートを抜け演奏していくさまは、ハーメルンの笛吹きそのものでしたね^^;;

そして・・・
e0176972_0584036.jpg

かずきちくんwwww

おしまい(笑)


けい
[PR]
by kei4542 | 2011-11-10 00:59
そして、furaniさんの”ふらにばいため”のあった翌日、全く同じ恵比寿天窓switchでmayuさんのスリーウーマンライブ。

このライブは前日に来たからということではなく、同じ週の月曜に グランノワールのライブがノベンバーイレブンスであり、そのゲストにmayuさんが出演。その告知で知ったというわけです。

mayuさんは、当時良く観に行っていて、今はもう解散してしまったnon-stのボーカルをしていたmayuさんです。
正直、そんなに遠くないうちにソロになったmayuさんを拝見するつもりが、ことごとく日程が重なってしまい、こんなに経ってからのご挨拶となってしまったというわけです。

で、対バンのBlack Symphonyは前回、四谷天窓comfortで拝見していますが、こちらこそ前日に恵比寿に来たから対バンだと知ったというありさま^^;;;というのも、いづみ先生が参加しているBELLFASTにゲストでnaoさんが出演して、そのnaoさんが前回のときに参加していて・・・という繋がりだったので、Black Symphonyから見てノーマークだったというわけです。
HAOWさんは全くの初見。

HAOWさん、詳細は知りませんが、ご年配のシンガーさんらしく、スゴイ上手な歌い方をされる方でした。中島みゆきが正統派として歌ったらこうなるのかな?という感じで、おそらく声楽に関連する経歴があるのではないでしょうか?最低でもボイストレーナーはしてるはずです・・・調べればわかるのでしょうが、すいません^^;

Black Symphonyは前回拝見したときは4人編成でしたが、noaさん(ソプラノ)と弟のakizukiさん(ベース)がいない編成で、Pf minoru、Vn shallyの二人による演奏でした。

セトリは、
1 なんだっけ・・・失念^^;;;すいません
2 神曲
3 死の舞踏
4 ペルソナ
5 ストリング
6 乙(きのと)
7 ラストも失念^^;;

e0176972_23475268.jpg
e0176972_2348289.jpg



で・・・mayuさん。
実はちょっと、心配事がありました。
というのも、なにやら落ち込んでるらしい発言がブログにちらほら・・・。
さらに、月曜のグランノワールのゲストで歌った様子を拝見する限り、何か迷いがあるような歌い方が感じられたからです。
オリジナルも歌っていましたが、non-st時代と比べてバラード系というか歌い上げる系の歌で、non-stの時に感じていたあることが感じられなかったのです。

正直、調子が悪い?時に再会の挨拶に行くのはどうかと迷いましたが・・・ブラ神もでるし、なによりブログに”助けて欲しい”と言うような意味合いの言葉が書かれているのを見て・・・決心してのこの日の参加でした。
で、やはりオリジナルでスタートするも、なにやら元気が感じられない・・・。

そう、元気が感じられないのはなぜか?
何がnon-stの時と違うのか?

・・・それは・・・表情です。歌っているときの表情。
私がみたnon-stのmayuさんの好きな所は、笑顔です。
”こんなに楽しそうな笑顔をしながら歌うシンガーを私は他に知らない・・・”と、表現したことがあります。

その笑顔がなく、眉にしわを寄せながらの熱唱・・・。
もちろん、パワフルな歌唱力には定評がありますから、それでも魅力的ですが・・・。

e0176972_023520.jpg

その笑顔が見られたのはカバー曲を歌ってからだったでしょうか?
e0176972_012649.jpg

ライブバカからひとつだけお願いするとしたら・・・笑顔で歌えるオリジナルを一曲でいいので作って欲しいですね^^

終演後は、再会のご挨拶を。(積もる話(?笑)をして、mayuさんがズッコけるような、実は・・・ってぶっちゃけ話を^^;;)
え?月曜に逢ってるだろって??^^;;
いやぁ・・・そのですね・・・。

ちと、ある理由があって、月曜のグラノワは終演後ダッシュで帰宅^^;;(当然、mayuさんとは挨拶せず^^;)
いづみ先生から代表に、心配のメールが行ったそうですが・・・。
うーん、今は冷静に・・・心穏やかにグラノワのステージを観ることは出来ないかもしれませんね(こんなんで再来週のDX大丈夫なのか???)。
私の中で、自分はここに居てはいけないんじゃないのか?と思いつつ、いや、mayuさん見に来たんだ!と無理やり自分に言い聞かせ・・・そんなんなので、殆どの時間、目をつむって瞑想状態^^;;;
まあ、そのせいで歌と音に異常なくらい集中出来たのは不幸中の幸い?^^;

グラノワライブなのに、まさかのcreaを聴くことも出来たし・・・。creaを聴いて涙が止まらない私は、まだいづみ先生の音楽を間近で観る資格があるんでしょうか・・・。

ちなみに、前日阿佐ヶ谷でFiddlersstarで演奏していた角谷奈緒子ちゃんが居たのはびっくり^^;知人のライブに行くということで1部で帰宅されましたが、そちらにはしっかりご挨拶を^^;

まあ、いろいろあるんです。こんだけいろんなとこに顔だすと・・・^^;;;

けい
[PR]
by kei4542 | 2011-11-08 00:30 | mayu

輪月映美さん関連。

そして・・・桜ちゃん繋がりで注目することになった、輪月映美さん関連です。

10/8 情熱ナデシコ座(えみゅさん)@四谷天窓comfort
11/3(木) Furani ふらにばいため @恵比寿天窓switch

前者から。

情熱ナデシコ座は、
ヴァイオリン 輪月映美
ピアノ 作曲 日吉真澄

の二人によるインストユニットです。

この日行われたcomfort での演奏、MCはほとんど映美さんがされていて、他の現場での様子も見ていてトークも大丈夫なのはこれでかぁ・・・と、納得。

音に関してもさすがの一言。

この日のセトリは、
1 茜空
2 Afternoon
3 舞散花
4 First Love
5 Rainy Forest
6 太陽と月のプロローグ

First Loveは宇多田ヒカルさんのカバー。MCでうっかり、良くカラオケで歌ってます発言をしてしまった映美さん。もう少しで歌うことになりそうでしたね^^;;聴けなくて残念。

一番印象に残ったのは5のRainy Forestかな。クラシカルな感じもある、深い趣のあるメロディーラインでした。もう一度聴きたい所です。


そして・・・。
つい先日ですが、シンガーソングライターであるFraniさんによる ”ふらにばいため” @恵比寿天窓switch。

これですねぇ・・・いやぁ・・・初の体験でした。
ライブの途中に寸劇?っていうんでしょうか^^;;
それも途中で大爆笑^^;;


Piano&Vocal furani
Violin 輪月映美
Cello 百瀬郁子
Guitar 後藤冬樹
Bass 根岸和寿
Special Guest 皐月
Special Guest クリステル・チアリ

のメンバーで行われたのですが・・・。
今年は銀河鉄道がテーマになったらしく・・・。

ひたすら携帯を打つ百瀬さん。サラリーマンの根岸さん。セレブなお嬢様の輪月さん。おばーちゃんのfuraniさん。

ドハマリだったのが・・・銀河鉄道といえば、メーテル。ところが、これを皐月さんがしたからドハマリ^^;;
想像としては・・・渡辺直美が黄色いヅラをかぶってメーテルの仮装したのを思い浮かべてください^^;;
で、サインをリーマンに求められて・・・目輝・・・と書かれたサイン色紙が^^;もう大爆笑。

もうひとつドハマリなのが、宇宙といえば宇宙警察・・・ところが、後藤冬樹さん演ずるポリス・・・ただのアメリカンポリスやんwww
で、パスポートがないサラリーマンに向かって一言、”ユー、スクワット!!”おばーちゃんにも”ユー、スクワット!!”
徐々にへたれるリーマンに元気にスクワットするfuraniばーちゃん(笑)

最後のお嬢様にもパスポートがあるか質問するも、犬(ぬいぐるみ)を抱えているのを見て何かを思い出すポリス。名前を聞くと、”ポワトリーヌチロルちゃん”と答えるが覚えられないポリスは、”ポ。。。チ。。。”としみじみと^^;。
その長いやりとりにスクワットをサボる二人。”おまえらさぼるな!”・・・”演奏に差し支えない程度にな!”とアドリブ炸裂。
思わず輪月お嬢様も、”ときどきアドリブいれてんじゃないわよ!”と^^;;

そんな感じの寸劇があったfuraniさん主催のふらにばいため。
毎年文化の日に行っていて、今回で8回目なのだそうです。どうりで会場満席なわけだ。

e0176972_21384741.jpg


あ、そうそう、寸劇は何幕かで構成されていて、山手線の車中から銀河鉄道へ・・・という設定でした。

で、山手線はおろか、国内の多数の路線でみなさんが耳にしている、女性による英語のアナウンス。あれって誰がしてるかご存知でしたか?
今回ゲストのクリステル・チアリさんがしてるそうで、目の前で生アナウンスしてくれた時はちょっと感激しましたね^^;


最後に、この日は、レコ発ライブにもなっていて、最新アルバムのフランベリージャムの発売もありましたが・・・このあと秋葉に向かったため購入できず。

寸劇だけでなく、素敵な歌声とメロディーのfuraniさんのアルバム。何曲か映美さんもレコーディングしてるそうで、ぜひ次回入手したいと思います。


けい
[PR]
by kei4542 | 2011-11-06 21:45
さらに、横浜で行われた、NUさん主催の横浜アコースティックフェスティバル2011です。

2度目のHANAMASですが、前回もやってた、
H!(菜摘)
A!(ちえ)
N!(菜摘)
A!(ちえ)
M!(菜摘)
A!(ちえ)
S!(菜摘) (・・・ちえちゃん、A!しか言っとらんし^^;;;)
HANAMASでぇ~す!

っていう、関西芸人ノリ?の自己紹介って、毎回やってるんですねぇ・・・^^;;

HANAMASは、
e0176972_20333363.jpg

ヴァイオリン 沖増菜摘

e0176972_20343257.jpg

津軽三味線 はなわちえ

の二人によるインストユニットです。


今回のイベント、HANAMAS以外は全て男性ユニット。
そのせいか会場は女性が多く、MCでも”女性が多くて緊張しております!”と菜摘ちゃん(てか、ねーちゃんも女子やんwww)。
でも、そんなことで演奏がぶれる玉ではないのはみなさんご存知の通り。

セトリは

1 ジョンライアンズポルカ

MC 自己紹介。緊張ネタ

2 津軽じょんがら節
3 LIFE
4 カノン

MC 神奈川子供基金の話 物販の話 ヒートテックの話

e0176972_20355264.jpg

汗だくでMC(笑)

5 リベルタンゴ
6 モーツアルトコトコ行進曲

モーツアルトコトコ行進曲では、会場から拍手をもらって大盛況でした^^

MC 告知、ヒートテックイン話(笑)

7 火群


HANAMASのお二人、12月にはブルネイなど東南アジアに演奏に行くそうです。
他にも、東京都公認アーティスト、ヘヴンアーティストでもあり、関係するイベントにも参加されます。

詳細は、
HANAMASのブログはこちら

沖増菜摘のブログはこちら

はなわちえのブログはこちら
をご覧になってください。

それにしても・・・ちえちゃんかわいらしいですね^^;(特にHANAMASブログのトップの写真、キレイです)菜摘ちゃんが男前過ぎるんでしょうか?^^;;

今後もぜひ拝見していきたいお二人です。


けい
[PR]
by kei4542 | 2011-11-06 20:25 | HANAMAS