好きなアーティストさんのライヴを中心に、書き込んでいきます!


by kei4542

タグ:井上昌己 ( 135 ) タグの人気記事

ご無沙汰してます。(生きてますよ~だっw)
約1年ぶりの更新になりますか(笑)

突然ですが・・・おめでとう!
今日は某歌姫のバースデー&25周年コンサートのツアーファイナル^^

わざとかは知りませんが、チェンバーオーケストラという最高の舞台を用意したのは、代表の愛情でしょう(笑)

そこで最高のパフォーマンスを魅(見)せることが出来るかどうかは本人次第・・・いや、ステージに上がるチームの気持ち次第かな。

もちろん、この後、拝見しにいきますよ。


ところで・・・今日のFMホール以前に、先月のマンスリー(DX)、先日の上尾、東京タワーとほんの数回、ライブを拝見しましたが・・・ぶっちゃけ、マンスリーと上尾でのパフォーマンスには納得しがたいものがありました。
もちろん、私が数ヶ月離れていた事から、そのように感じたのかもしれませんが、それにしても、歌い方まで変えてしまったのか?と、一瞬、耳を疑いたくなるようなパフォーマンスでした。

マンスリーで感じたのは・・・。

まあ、歌詞が飛ぶのはいつもの事として・・・(笑)
声がすっと出てこない・・・搾り出してる感じ・・・それでいて裏返った声が出る。

所がしばらくすると、聴きなれた声で周囲を圧倒するパフォーマンスを魅せる。

まあ、一日だけならたまたまと言えるけど。。。上尾でも^^;;;

1部のスタート2曲は・・・(苦笑)
で、3曲目から調子が上がる^^;

マンスリーから上尾までの間のライブには足を運んでいませんが。。。同じような事があったのではないかと・・・。

で、サイン会で一言だけ、調子悪いんですか?と。
本人は否定してましたが^^;

声が裏返るのは、声帯ポリープの可能性が。
鼻にかかった鼻声のような声は、鼻腔内のポリープの恐れが。。

横浜BAYの時でさえ、ドクターチェックを拒んだ不良患者コンビですからねぇ(笑)
ちょっと先のことも踏まえて、強めの諫言をした所、まさかあっさり診てもらうとは^^;
(あの~脅かしすぎましたかねぇ・・・すいません(笑))

結果はみなさんご存知の通り、オールクリア。
もちろん、問題なし!という安心を確認できた事は、25周年ファイナルのステージを控える身としては、大収穫だったはず。

まあ、無駄足を運ばせた(笑)わけですから、そのお詫び?とツアー最後を見届けるためにチケットを購入しに東京タワーへ。

結論から言うと、DX・上尾とは別人が歌ってるのではないか?
というパフォーマンスが観られましたよ^^


あと、ではなんで歌いだしで声が出ないか?ですが。
DXでもある時を境に、上尾では2曲目が終わってから。

両者の共通点は・・・水です。

どちらも、そして、以前のステージでも補水してから調子が上がる。

まあ、アルコールも影響してますよ。
アルコールを分解するには多量の水が必要になります。
前日にアルコールが入ったあと、補水が不十分だったら。。。

声帯も水分が不足すれば・・・。

てなわけで、ステージに上がる直前には一口、水を飲んでから上がると良いんじゃないでしょうかね^^;


最後に代表。
一個だけ納得いってないことがあるんだけど。
ツアーファイナルだけが本番じゃないよ。

DXも上尾も本番だよ。
中にはDXしか、あるいは上尾だけしか・・・さかのぼって、横浜BAYしかこれなかった人もいるかもしれない。
その人たちにとっての井上昌己のステージは?

過去に何度も言ってきたことだけど・・・。
ライブは一回きりですよ。

私が昨年から9か月ほど応援してきたアーティストですが、4月に突然引退になりました。
その子はまだ少し未練があるみたいだけど、私は後悔も未練もないですよ。
毎回が最後のつもりでその子を見守ってきたから。
引退したあとも、その子を支え続けてるし・・・。

話が逸れたけど、観客を後悔させないパフォーマンスを期待してますよ^^


今日という一日が無事に終わりますように・・・。

けい
[PR]
by kei4542 | 2014-07-21 06:30 | 井上昌己

東京ドーム

このあと、AKBの東京ドーム公演です。

後楽園には、33年前に初めて(笑)
何年か前にはイベントで行きましたが、ライブでドームいうのは今回初めて。

なにせ背が低いので大きな会場で野郎がいっぱい(苦笑)の会場だけは避けてきたので当然の結果。
これがAKBをさけてきた最大の理由。


その他のライブに関しては、I・Sのライブだけでしたね。
25周年のSTBライブ、南相馬の野馬追い祭り。仙台七夕祭り等々。

せっかくなのでちょっとだけ、you tubeから公式映像を(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=4vyIYFel8SA&list=UUEELwCcH_k1LwzJ1gRaNNww

http://www.youtube.com/watch?v=tToE8RdEtTY&feature=c4overview&list=UUEELwCcH_k1LwzJ1gRaNNww

http://www.youtube.com/watch?v=5g8i5UVZMG0&list=UUEELwCcH_k1LwzJ1gRaNNww

見れなかったらすいません。
①が最新曲。②、③はH氏の選曲でSTBライブからファン向けにアップされたものですね。
②はサックスとヴァイオリンが絶妙です。③は同じ構成でも軽いポップな感じを出せるって例でしょうか。①はまさしくI・S節(笑)
ぜひ一度、ライブで体感されてはいかがでしょうか?

と、言っときながら・・・では、ドーム行ってきま~♪

けい
[PR]
by kei4542 | 2013-08-22 12:43 | AKB

久々に・・・

とある事情で、昨夜は井上昌己の下北沢440でのライブをチラ見。


1 あなたに逢いたくて(松田聖子)

 MC1 セルフカバーと本日の演奏について

2 セカンド・ラブ(中森明菜)
3 駅(竹内まりあ)

 MC2 メンバー紹介

4 Pride(今井美樹)

 MC3 

5 初恋(村下孝蔵)
6 悲しい色やね(上田正樹)

 MC4

7 Too far away(水越けいこ)

 MC5 スケジュール

8 C-girl(浅香唯)
10 ふられ気分でRock'n Roll(Tom cat)


下北沢は過去に、Garden(aluto)や小劇場(東京桜組)カラードジャム(角谷奈緒子)モナレコード(ソラミミ)といったライブハウスから小さな劇場まで足を運んだことがある思い出の場所。
440は比較的駅から離れた場所にありますが・・・駅からの行き帰りにわざわざそれらの場所を拝見しながら向いました。

この夜の演奏はオールカバーでしたが、”とうとう、この曲やったかぁ~。”てのが一曲。
ラス曲がそうなんですが、後方で女性が数名、腕を突き上げてましたね^^

歌に関しては問題なし。ピアノは少々ミスタッチ多しという所ですが、まあ、許容範囲でしょう・・・(私の中でですが。笑)

最後にちょっと気になったのは、カバーを歌うにあたって最近ではYou tubeなどで何年も前のオリジナルを見ることが出来るのですが・・・。
オリジナルに忠実か?歌い手のものにするか?
路線が分かれる所。

先日の松山でカバー談義がバスの中で一瞬あったのですが、気になる点がちらほら^^;
その人は、カバーと言えば徳永英明・・・らしいのですが、

今はカバーでトップを走っているのはABC(Acid black cherry)ですよ。

これは私の推測ですが(たぶん否定する人はいないでしょう)、昌己ちゃんのカバーがなぜ3月の第一週ではなく第二週の水曜日に発売だったのかといえば・・・ABCを避けたからですよ。(ABCは第一週にRecreation3をリリースしている)

選曲もワーナー陣が選曲していて、昌己ちゃんサイドは関わってないようですが・・・。
これに関してはABCの選曲を見ればなんとなく事情がわかります。
ABCは、徳永英明がそれまでに歌ってきたカバーと同じ曲を、あえて歌って潰してきた感がある。
当然、後発が先行を超えるには手っ取り早い方法。
会長が支持した曲は置いておいて・・・ワーナーが選曲したのは、とにかくABCと比較される環境を出来る限り避ける事。

これらは、徳永英明(ユニバーサル)、ABC(エイベックス)、井上昌己(ワーナー)のカバーアルバムの選曲を比較することで理解していただけると思います。
その際、徳永英明とABCの選曲がかぶりまくってるのはよしとして、井上昌己に関しては、一昨年、四国の某ホテルで”愛燦燦”(”時の流れに身をまかせ”から訂正です。すいません。5/12 21:52)を歌っているがそれ一度きりである事。上記の”セカンド・ラブ”、松田聖子・工藤静香の楽曲のどれを歌ってるか?等を見ていけば、ABCを避けている事がわかる(逆に言えば、カバーを確立した徳永英明の曲をベースにしているとも言える。これも徳永英明の選曲と比較するとわかる)。

ABCのエイベックスについてもう少し言及すれば、この3者以外にこうだくみも同一メーカーから出しているし・・・エイベックスの大勝ですね。
(ちなみに、こうだくみのカバーは、原曲からどれだけ離れて自分のものにするかをターゲットにしているので、楽曲としての完成度はもちろん高いがファン以外の人がどれだけ手にするかの勝負になってくる。知名度があるからこそできる話。)

そういう状況での”ふられ気分でRock'n Roll(Tom cat)”だったので、とうとう・・・という気持ちが(笑)
まあ、昌己ちゃんは自分のペースでいいと思いますが^^;


ただ、井上昌己サイドの人間は、取り入れる、取り入れないは別として、一度でいいからこれらのアルバムを聞いてみた方がいいかもしれませんね。

ABC Recreation1 2 3 (3は2013.3.6)
こうだくみ Color the Cover(2013.2.27)、ETERNITY ~Love & Songs~

これを見ると、こうだくみ(エイベックス)→ABC(エイベックス)→井上昌己(ワーナー)の順にリリースしてたのがわかる。なぜABCがこうだくみの後に来たかは結果が証明している。


あら、長くなってしまったので、この辺りで。。。


けい
[PR]
by kei4542 | 2013-05-12 14:51 | 井上昌己

願いにかえて・・・

本日、二つ終了。

一つはいづみ先生が演奏で入った、もしもキミが。の千秋楽。
もう一つは、昌己ちゃんの年内最後の(正規の)ライブ。

もしキミは、とてもじゃないけど今からは無理なので、後日また^^


昌己ちゃんのは、やっと新曲が^^

願いにかえて ・・・いいですねぇ^^

どうやら松ヶ下さんアレンジで、ストリングスアレンジされる曲みたいです(実際弦が打ち込みで入っていた)。
アコースティックが好きな私には不満のない曲。

イントロは一瞬絢香アレンジかと思った^^;;
でも歌いだしてからは、井上昌己の新境地を開きそうな感じの優しいメロディーライン。

そして・・・ウロ覚えですが歌詞がいい・・・。


あの日描いた夢が空に続くように。
・・・
残った傷跡に愛が満ちるように。
・・・

ファナナの続編を思わせながら、また違った意味が込められていそうな・・・。

きっと近いうちに。。。この曲への思いを本人が語ってくれるでしょう・・・その日を楽しみに・・・。


とりいそぎ。

けい
[PR]
by kei4542 | 2011-12-26 01:32 | 井上昌己
先日、名古屋DOXYで行われた井上昌己クリスマスライブです。

奏者は、
・ボーカル    井上昌己
・ギター     江口正祥
・キーボード   松原博
・パーカッション 那須野綾

セトリは、

1 あの人
2 星空からのエレベーター
e0176972_111857.jpg



MC セトリを無くして、当日の朝4時に電話した江口さん話。メンバー紹介 他

3 月と話す
4 泣きだしそう
5 終わりの予感

MC ご当地話。

6 あなたが教えたこと
7 ゲーム
8 千年情緒

MC 

9 忘れてあげない


~30分休暇~

MC 次曲の前振り。江口さんの・・・。

10 まぁいいか

MC まぁいいかの当時のエピソード話。次曲の前振り。

11 翼 みつけて (リテイクあり)
12 コンタクトレンズのせい

MC 告知。新曲の話。

13 アナザーフェイス

MC

14 恋はLiberty
15 夢の続きへ

アンコール

16 恋が素敵な理由 X'masバージョン
17 Merry X'masをあげたい

喪中にも関わらず、函館から新幹線で8時間かけて名古屋DOXYへ・・・リアルバカまっしぐら^^;
でも・・・”命を無駄にせず、毎日が充実した日々になるように・・・”そう・・・少なくても後悔しない行動を・・・。
住職にも、”人はある日突然いなくなります。そうなることの意味を今回のことでしっかりと考えてください・・・”と。

もう迷う必要はありません。

それでも、当日の朝、物販相棒のS坂さんから仕事のトラブルで遅れる、もしくは行けないかも。と連絡が入り・・・物販全滅かも・・・いや、この状態で一人で物販大丈夫なのか??一瞬緊張が走ったけど。
・・・名古屋には我等が電たくん、T橋さんもいるし・・・ま、なんとかなるさー・・・と^^;;

実際、喪中であることを知ってる代表に、弔電のお礼を述べると、開口一番、”ん?なおのこと、物販よろしくどうぞ!”って・・・はぁ・・・予定通り一人物販スタート^^;;;それも、なにやら発掘されたグッズがごちゃごちゃと(笑)もう、めんどくさいったらありゃしない^^;;
実は、ここ名古屋DOXYの物販が一番変則的で、机とカウンターと置き場が2箇所になっていて、基本的に2人いなければ出来ない形になってます。
が。。。ごちゃごちゃグッズ+最新カレンダーで目を引いて、カウンターに最近落ち着いているCD類を置く作戦で前半切り抜け・・・後半、CDにも目がいくころに、そっちを遅刻してきたS坂さんに任せることで事なきを得ました。

で、実際のライブ。
ここDOXYは、無防備で・・・リハの音が扉の前で開場待ちしてると、ダダ漏れなんです。
おいしいというかなんというか^^;
珍しい曲をやるって予告がありましたが、まさにその通りの音が。でも、なんか聴いてて不安になるような演奏^^;
直前の江口さん、タバコの煙をくゆらせながら、”マジで今回やばい、こんなタバコすってていいのかな?(笑)”と。
でも、悪いの江口さんですからぁぁぁ。事前に配布したセトリ・・・当日の深夜に目を通して・・・いや、通そうとしたら・・・ない・・。あわてて朝4時に松原さんに電話したそうな(笑)

私も、初めてライブで聴く、7 ゲームは、問題なし。

ただ、11 翼 みつけて は^^;;;;とにかくタイミングが惨敗でした^^;

イントロからの入り・・・入れず(音程が取れなかったと本人曰く。リテイク)。
最初の間奏後の入り・・・クリア。
次の間奏後の入り・・・遅れ。(そりゃ、演奏で1小節たりなきゃ・・・ねぇ^^;)
最後の間奏後の入り・・・遅れ。(ここ、難しいですね。ここだけ2小節演奏(休み)で入るんですか?)

これ、翌日の京都で江口さんの自己申告で発覚したのですが、あわてて書いた江口さんの譜面が、一小節短かったんだそうな^^;
ま、最初の入りは昌己ちゃんのミスだけど・・・残りはぜーーんぶ江口さんが^^;;

これは、いづみ先生から聞いた話ですが、先生の師匠でありバイオリン界の巨匠、中西俊博先生はとにかく一定のリズム、テンポを大事にされるそうです。急に早くなったりという俗にいう、走ることがないように・・・セッションしている以上、奏者の立場として周囲に気を使いながら演奏しているのだと。

それが、急に一小節とんだら・・・ねぇ(笑)
てなわけで・・・当然ですよ!江口さんの罰ゲーム!^^;

何があったかは、京都での配信でごらんになった方もいると思いますが・・・。
10まぁいいか のイントロで入るおこちゃまのトークを、江口さんが(笑)
しかも、”しょうこ!酒くさいよ!”、”化粧が・・・(これ以上言えない^^;)”とか余計なアドリブまで・・・会場、大爆笑でした^^

そして、アンコールでは衣装チェンジ。
サンタさんの衣装ですが、事務局通信で、やばいってことになってますので・・・こちらでも画像アップは控えときます^^;;;

衣装は・・・京都の配信をごらんになった方は分かると思いますが、サンタ関連を除いて、両日ともに奏者4人のベース色が黒と白。
真意はわかりませんが・・・少なくても私の目には、喪中の私に対する配慮だったのかと・・・。
もちろん、ひかりものというのはありますが・・・普段あまりしない長手袋は黒。ブーツも黒。
ひかりものと、京都の白のブーケと上記画像のホワイトラインを除けばオールブラック・・・。

偶然です・・・って言われても、勝手にそう思っておこう!(笑)

けい
[PR]
by kei4542 | 2011-12-11 08:05 | 井上昌己
遂にこの日が来ました・・・昌己ちゃんとGrand Noir(グランノワール)とのコラボ・・・。


その前に、この日は茉莉先生とのレッスンが13時にあり、そちらを済ませてからの現地入り。
ちなみに・・・ツイッターで”梨が食べたい!!”とツイートしていた茉莉先生の為に、Tフルーツパーラーで、デカイ栃木産の梨を購入。レッスン後に差し上げた所、咳き込んでしまうほどテンションが上がって・・・あれだけ喜んでくれるとこちらも嬉しくなりますね。差し上げた甲斐があったなぁと^^v


話は戻ってDX。
この話を最初にグラノワにしたのはいつだっけ?^^;
去年の春と初夏のSoft windでのグラノワライブ(当時はまだRush!)で、アンケートに”井上昌己との共演を・・・”と、それも小汚い字で(笑)書いたのが始まり。

その後、代表にもストリングスチームとのコラボはどうか?と提案し、既にヴァイオリンとのコラボで沖しょこたんとの関係を築き上げつつあった代表と考えが合致。
代表から具体的に交渉GOサインが出た、去年のたまプラーザでのFMラジオの公開放送・・・ひどい雨だったなぁ。
その趣旨を個人ルートでいづみ先生に伝えるも、諸般の理由でリーダーの田口先生から去年のノベンバーイレブンス(with松ヶ下さんで、Mush!という企画 )で終演後、公式回答として、断られ・・・^^;
(先日のノベンバーイレブンスで私がとっとと帰ったのは、この忌まわしき場所に、一分一秒でも長く居たくなかったから・・・。)
といっても、ここでは公表できませんが、ある間違った情報を元に一方的に断られたというのが真相。
(いくら先方の都合があるとはいえ、正直、この前後のやり取りに関しては、ちょっと失礼なんじゃない?って思いが今だに残っている。)

でもここで奇跡が・・・。
松ヶ下さんとの共演を昌己ちゃんが希望。
これで一気に距離が詰まった今年のPleasure Pleasure。松ヶ下さんのマターからいづみ先生が共演。
後は、言うまでもないでしょう。代表が良いようにやってくれるはず。
で、とうとうグラノワとの共演・・・それにしても長かったなぁ・・・。

この間にたくさんいろいろあって・・・今回の共演はいいことばかりではありません。少なからず、いえ、私も他には変えがたい大切なものを失いました・・・それらと引き替え(?)に実現した今回のステージ。ぜひ今後も続けていって欲しいものです。


編成は以下の通り。

井上昌己(Vo)
江口正祥(G)
松ヶ下宏之(pf)
那須野綾(per)
    
ゲスト  Grand Noir
武内いづみ(Vn)
平松由衣子(cello)
田口厚子 (Viola)

セトリは
1 遥かな瞳のファナナ
2 軌道(michi)
e0176972_111793.jpg

姫と、バンマス降格で後ろでこじんまりとまとまる(笑)江口さん

MC

3 月と話す
4 二人の世界
5 星空からのエレベーター

MC メンバー紹介。 体重話。バンマス降格話。新曲アレンジの話。

6 たった一行のノンフィクション
7 ひとしずくの殺意

MC

8 傘(松ヶ下さんオリジナル)
e0176972_0385388.jpg

譜面台が^^;; 切ない表情でコーラスする姫。


Grand Noir JOIN

MC グラノワとのこと。グラノワメンバー構成秘話(?)
e0176972_0423039.jpg


9 揺れるココロ

MC 高貴な感じ・・・林さんの影響?お祭りばっかりやってる農民?。グラノワメンバーによる他己紹介(武内→田口、田口→平松、平松→武内)
e0176972_0472117.jpg

田口先輩を他己紹介するいづみ先生の後ろで”えーっ”と顔を見合わせる先輩二人の図。

10 千年情緒 
11 あなたが教えたこと
(ストリングスVer. 恋が始まる理由→あなたが教えたこと→恋が壊れる理由)

 
【グラノワのコーナー】
12 バッハの平均律クラヴィアッシュより”プレリュード”
  (2ndアルバムBLOWより。クロスオーバークラシック。)
13 Rider(アルバムRushより。Grand Noirオリジナル)
e0176972_051866.jpg

凛としたいづみ先生。

e0176972_0521391.jpg

安定感の田口先輩

e0176972_0544153.jpg

せくしー部長・・・エロチェロリスト^^

昌己ちゃんwith まつえぐあやJOIN グラノワOUT

MC 告知他

13 恋が素敵な理由
14 恋はLiberty

アンコール

MC ムチ持参でグラノワ入場www

15 Merry X'masをあげたい -Last for you-
16 メリーローランの島


今回のステージで特筆すべき点は2点。
ひとつは言うまでもなく、松ヶ下さんのストリングスアレンジによるGrand Noirとの共演。
もうひとつは、それ以外のサポート陣の演奏。

まず前者。
音の厚み、優雅さ、重厚さ・・・言葉では表現しきれない沢山のものを、オーディエンスが感じたことと思います。
そしてそれは、過去のDXにはない歓声の反応の早さに現れていたと私は思います。

特に今回の松ヶ下さんのアレンジ。沖しょこたんとは違ったアレンジで、11あなたが教えてくれたこと のストリングスアレンジにそのクラシカルな音の組み立てを見ることができたと思います。
(そういえば、この音の組み立て、どっかで感じたことが・・・。このブログを始める前に、東京桜組という劇団が”風のクロニクル”という演目を俳優座で公演したとき、まみちゃんのストリングスチームが音楽を担当していて・・・あの時の風景が思い出されました・・・。)

個人的には、ラストのメリーローランの島での短く早いリズミカルなVnの旋律とか・・・散々グラノワやいづみ先生のステージを聞いてきたにも関わらず、まだ耳が新鮮なメロディーを感じさせてくれる松ヶ下さんのアレンジ。今後まだまだ続いていって欲しいと思います。そう。姫の楽曲はまだまだ沢山ありますから(笑)



毎回のことですが、今回のDXの箱庭的ステージ。内容に関する批判とかは一切するつもりはありません。
あれだけの構成と内容に、文句のつけようがないですからね。

私が今回一番素晴らしいと感じたのは、後者のストリングス以外のサポート陣の反応。
バンマス降格になった江口さん。代表に農民の祭りといわれ続ける綾ちゃん。そして、何を弾かせてもバッチリ決まる松ヶ下さん。この三者、本当に楽しそうに演奏されていました。キーはバンマス降格で自由奔放に弾きまくる江口さん^^;それに呼応するようにノリまくる綾ちゃん^^;最後にバーンと鍵盤をはたいて決める松ヶ下さん^^;;
あんな笑顔で三人して楽しそうに弾かれたら・・・何も言えないじゃないですか♪
この三人、実は音楽的に非常に相性がいいのかもしれませんね。
(まさかの、まつえぐ実現かぁぁぁwww まつえぐwithあや だな^^;; )

歌に関しては、非常に繊細に、でもそのせいで歌詞を忘れる姫がいました^^;
一流サポート陣の放つプレッシャーでしょうか。負けないように集中しようとするも、集中しすぎて歌詞が飛んでしまったんでしょう。。きっと(笑)まあ、おかげでいい音を感じさせてくれましたが^^;;;

あと、いくつか補足しないとわからないことも。

まずは、平松由衣子ねーさんの”エロチェロリスト”これ・・・代表がつけた訳じゃないんですよ^^;;;
私との会話の中で、普通に私がエロチェロリストって言ってたから、代表がそう言うようになってしまって^^;

というのも、他の現場(やうこさん)では、セクシー部長とか、エロチェロリストとか平松さんのことを言っていて・・・ムチを振るう図とか、過去にこちらのブログでもリンクしたことが(笑)。
まさか江口さんとねーさんのからみが本当に実現するとは思ってなかったので^^;;;

追記 調べたところ、”エロチェロリスト”という言葉。当ブログに登場したのは、こちらの記事のようです。
おそらく、やうこさんか、まみちゃんが最初の名付け親のようですね^^;

さらに、アンコールではねーさん愛用(?笑)のムチをいづみちゃんが持って登場。このムチネタもやうこさんの現場での話しが最初のはず。
昨年の5月、名古屋栄ミナミ音楽祭でまみちゃんがヴァイオリンの弓を忘れるという前代未聞(?笑)のアクシデントが発生。このとき、”やうぢゃ~~ん!!”という、ガチョウのような悲鳴(どんなだ?ww)をまみちゃんが^^;;;やうちゃんも、”まさかどなたかヴァイオリンの弓を持ち歩いてるって方いらっしゃいませんか~?”っと^^;この時ほど、ヴァイオリンを持ってこなくて後悔したことありませんね^^;結局、チェロ(ねーさん)はピチカートで演奏。その弓をまみちゃんがヴァイオリンで使用。さらにヴァイオリンの弓を使わなくなったらチェロに弓をパスして弾くという超超超絶パフォーマンスをみせたことがあり・・・その後、ホテルで何があったかはご想像に・・・というのは酷なので、なにがあったかは

こちら

ま、過去に一度リンクしてますが・・・。これ見て江口さん喜ぶかな?(笑)

この時にはムチでなく弓を持ってますから、この後このエピソードのあとにファンの方が贈ったんでしょうね。きっと(笑)


他にも、グラノワのコーナーではRiderでヴァイオリンを弾きながらいづみ先生がステージを降りて観客の目の前で弾いてましたが・・・今回が特別なわけではありません。ヴァイオリンなどのストリングスによる演奏のイベントでは、結構これやるんですよね。

望月明香ちゃんしかり、プリモの演奏でもしかり。いずれもYou tubeなどで検索してみることができます。
特に子供たちの前でしゃがんでジブリの音楽を笑顔で演奏する彼女たちの姿は、真っ白なドレスとあいまって、本当に音楽の女神ミューズが降臨したのではないかと錯覚してしまうほどです。

参考までに。アメリカンウェイク -Ray-


退場する際には、いづみ先生からレッスンに関するアドバイスを頂くことができました。
現在のレッスンの進捗状況の報告から現在教わっている先生に関するアドバイス。
小学生のようなと代表は言いますが、やはりヴァイオリンの先生としての彼女は的確なアドバイスをする良き指導者なのだと思います。
代表がしつこく、”古書の町の間奏弾いてよ!”って言うのですが・・・いづみ先生からも”ぜひ聞きたいです!”って・・・オイオイ^^;;言ったな!このおっさんwww
普通に沖しょこたんかいづみ先生に依頼しなさいってかわしてきたのですが^^;
10年後、まだ昌己ちゃんが歌手をしてたら弾きましょうか(笑)


詳細はまた後日。とりいそぎ けい。
[PR]
by kei4542 | 2011-11-21 01:10 | 井上昌己
昨日の井上昌己Free Live & イルミネーション点灯式です。

サポートメンバーは

杉山ツヨシ(gt)
松原博(pf)
那須野綾(per)

e0176972_15323213.jpg


セトリは

1 恋が素敵な理由

MC イルミネーション点灯

2 純心
3 世界にひとつだけの涙

MC

4 Merry X'masをあげたい
5 遥かな瞳のファナナ
6 千年情緒
7 夢の続きへ
8 恋はLiberty

アンコール
9 恋が素敵な理由

e0176972_1532999.jpg

純心を熱唱中の姫♪


セトリは上記ですが、カウントダウンで気持ちが盛り上がっちゃったんでしょうかねぇ^^;;
4 Merry X'masをあげたいに一人で行こうとするところ・・・ちがうよ~!とサポメンからフォローが^^;;
結局そのまま歌って上記セトリに。

MCでは、前日2011.11.11と1並びで、入籍をしたり・・・した人いませんか?とか^^;;・・・自分がしたんちゃうの?(笑)と、思ったりしてみる^^;;;

それにしても・・・先日触れた、厚顔無恥さん来てましたねぇ・・・どうやったらあんなに厚かましい行動できるんでしょうね・・・。
でもまあ、昨日は会場に沢山の方が見にいらしてて(250~300人位。)・・・その人もその一人ですからね。
代表の懐の広さを思い知った方がいいでしょう。

すいません。ちょっとそれました^^;
音に関しては、このメンバーでの演奏は初とMCにもありましたが、聴きなれてる江口さんのギターが杉山さんに・・・ちょっと、音がふっと消えそうになる弾き方(アレンジ?)をされていましたけど、ちょっと心地よいというか面白いアレンジでした。それを支える松原さんの安定感溢れるピアノ。昌己サウンドの安定感はこの人が作っていると言っても過言ではないでしょうね(特に姫のピアノの負担軽減という意味でも)・・・名古屋、京都の参戦は大きいですね。パーカスの綾ちゃんも以前から定評のあるコーラス。4 Merry X'masをあげたい で、高音をコーラスされて、改めて上手だなぁ・・・と思いました。

で、終演後もファンとのふれあいを大事にする姫。
残念ながら、仕事待機中の私は、代表にだけ挨拶して速攻で帰宅^^;;
お疲れ様でした。姫♪


けい
[PR]
by kei4542 | 2011-11-13 10:26 | 井上昌己
もう一月近く前になりますが・・・^^;

10/9 井上昌己 @香川県琴平 琴参閣
10/10 井上昌己 @香川県 ゴーゴーランド
です。

10/10の琴参閣は時間の関係で参加できず。

9日の日中に弟くんの結婚式があって、そちらに参加してたのは本人のブログ、事務局通信、メルマガなどで公式の報告があった通り。
特に結婚式では、Happy ever lasting、想春譜を弟君とお嫁さんのために歌ったことは私のブログでも触れました。

さて、そのついで?で行われた二箇所でのイベント。
これをどう受け取るかは微妙な所です・・・でも楽しい二日間だったことだけは間違いないですよ。

e0176972_18445011.jpg


ぼやけてますが・・・^^;

実は、不参加だった次の日のイベント。全く同じ場所で行われ、確か、ツイッターでUPされた写真と比較するとわかりますが、全くステージ環境が違っていました。

写真がぼやけたのは、天井の照明も全開で点かない状態・・・バックのお土産売り場の照明もそのまんま。スポットもなし・・・ということで、視覚的には普通の自宅で歌ってるのを見るのと変わらないような環境(笑)
当然、ライブバカとしては、その場で感想を代表にチクリと^^;;
ま、言うまでもなく、代表も承知していて次の日に改善を期待している様子。

で・・・残念ながら見れませんでしたが、ツイッターの写真を拝見する限り、スポットで暗闇に映える姫の姿が^^。実際に見たファンからも、前日とは格段の違いだったと。
マルナカの会長さんのパワーでしょうか?恐るべし^^;;

セトリは
1 恋が素敵な理由
2 千年情緒
3 愛燦燦
4 想春譜
5 YELL!! -16番目の夏-


そして・・・初日の不満から、ゴーゴーランド??大丈夫かいな??という一抹の不安を覚えながら現地へ^^;

ステージはこんな感じ。
e0176972_18523713.jpg

通称パーフェクトマンF村氏・・・昌己ちゃんは、パンダちゃんと覚えているそうな^^;

まー、休日の昼間のひと時・・・人数がどうとかは置いといて。。。

セトリは、
1 76th star
2 魚座たちの渚
3 恋が素敵な理由
4 YELL!! -16番目の夏-
5 恋はLiberty
アンコール
6 遥かな瞳のファナナ

e0176972_1945945.jpg


この遊園地、地元にある遊園地を思い出しましたね^^
200円で音楽を流しながら動くパンダ、象さん、わんこのゴーカートがあって・・・。

これを見て茶目っ気たっぷりの人が・・・当然黙ってる訳がない^^;
代表、私、S坂さん、F村さんの4人で勝負!
最初はグーで、一回目はあいこ・・・”おーー、緊張する~!”の喚声^^;

そして・・・誰かさんだけが・・・うっしっし^^;

で、音楽を流しながら象さんにまたがる誰かさんを写真にとってやろうとしたら・・・。
したら・・・やっぱ鬼畜だよwwww逃げたwww

で、一人でたそがれながら何かにまたがる鬼畜さん^^

しょうがないので・・・。
e0176972_19133842.jpg

相手してやったさぁー^^;;;
・・・ったく、大人なんだから約束守りなさいよね!!


あ、そういえば、初日の琴参閣のあと、事務局通信でもありましたが、ファンミーティング?ありました。
昨年と今年、あれだけ姫のライブ、イベントに参加しながら、ファンミーティングは今回が初めてでした。

・一昨年の福岡(イベント見て帰宅><)、
・去年の仙台、福島の間の日(行こうと思えば行けたが、主催者から声をかけられず、参加できず。)
・今年5月の松山イベント(単に行かず^^;)

毎回問題になるファンミーティングですが、私から何かアクションは起こしませんし、ましてや”昌己ちゃんくる?”なーんて、立場をわきまえたら出来ませんて。

今回も代表だけ?の話で期待してませんでしたが、珍しく、姫が”行きたい”と言って参加してくれたそうです。
眠そうにしてたので、次の日心配でしたが・・・。

毎回言うセリフですが・・・現地に来た者のみぞ知る!ですな。

けい
[PR]
by kei4542 | 2011-11-06 19:25 | 井上昌己
今夜は、もはや伝説の域にあるPOPBEAT 初期メンバーを従えた魔女・・・もとい、美女によるマンスリーライブ。


井上昌己(ボーカル)
江口正祥(ギター)
松原博(ピアノ)
白船睦洋(ベース)
山下政人(ドラム) 

代表の、始めましょうか?という軽い一言(笑)でメンバー入場。

1. UP SIDE DOWN

MC

2. アナザーフェイス
3. 瞳

MC 地球滅亡説の話。大阪サプライズ&大阪の食べ物の話。

4. 愛してる
5. 愛してる2

MC メンバー紹介。

6. 星空からのエレベーター
7. 魚座たちの渚
8. 恋が素敵な理由

MC 久々の曲について。新曲の話。

9. バッドフィンガー

MC 山ちゃんのネタ帳の話。山ちゃんのCDの話。

10. 月の或る夜
11. Birth21世紀

MC

12. 悪い人
13. 夢の続きへ
14. 恋はLiberty

アンコール

山ちゃん、睦っちゃんのコーナー

MC イヤモニの話

15. メリーローランの島

やはり、アコースティックにはないものがあります!POPBEAT♪
昌己ちゃんもアコースティックと同じ楽曲でも、明らかに歌の精度が上がる曲もあって・・・こういう一面を見ることもできる、井上昌己の音楽性というものを改めて再確認した時間でした。

MCはあうんの呼吸のPOPBEATですからね。なにより山ちゃんのトークが面白すぎます。ネタ帳30ページは伊達じゃないですね^^;;

願わくばもっと・・・と思わなくもないですが、平日が故に仕方ないでしょうね・・・そのぶん、当日のサプライズ?で来年1/8に汐留BLUE MOODで再度POPBEATとライブを・・・と告知が。
会場にいる人から優先的にチケット販売がありました。現場に参加する人ほど良いことがあるを地で行くような出来事でしたね。


チケットの販売に関しては色々賛否両論ありますが・・・不満をぶつけるだけでなく、こうした方が良くないか?という前向きな意見を事務局に送ってください。飲み会やブログでウダウダ言ってても非建設的すぎて仕方ないですよ。
どうすればもっと良くなるか・・・みんなで考えましょうよ。
代表の腹が太いのは、見た目だけじゃないですよ・・・たぶん・・・・きっと・・・まあ、代表の独断と偏見と自己都合で聞き耳持たないというのもありえますが・・・(笑)

最後に今夜も美しい月の女神を^^
e0176972_1295917.jpg


取り急ぎけい。
[PR]
by kei4542 | 2011-10-26 00:18 | 井上昌己

綺麗ですねぇ・・・。

今夜は姫のDXマンスリー♪

変わった曲をたくさん・・・。

いやいや、詳細をどうこう語るまでもなく、先週の広島~松山ツアーに続いて、素晴らしいパフォーマンスでした^^

理由はいくつかありそうです。

松原さんのピアノのおかげで歌に集中できることもそうでしょうけど、衣装が綺麗でした・・・^^
以前から容姿端麗なことには定評がある姫ですが・・・最近本人は気にしている少々パワーアップした件。

私は、嫌じゃないですよ。むしろ女性らしさが増しているように感じる分、今の感じのが好きです・・・(照)

ただし・・・いったんパワーアップし始めると一気に。。。というのが一般的に多いので、そのことを考えると、差し入れは控えたいところ(みなさんもお願いしますorz・・・その前にアルコールを何とかして欲しい^^;)。

ちょっとそれましたが、そういった部分と素晴らしい歌声を聴くことによる相乗効果なんでしょうかね^^

私には・・・姫からのオーラを感じることができましたよ^^
(強いて言うなら。。。DXで恒例になった昭和歌謡・・・自然に涙があふれてました。曲は失恋した女の子への応援歌的なものなので、過去に歌詞のシチュエーションを経験したとかではないのですが・・・。きっと、表現者としての姫に心の琴線が共鳴したってところでしょうか)



ですが、そのパフォーマンスも来月のDXマンスリーまで無し><
さみしいですねぇ・・・><


アンリミも無期限休止(泣)・・・10月はライブバカ本来の動きができるかも知れませんね^^


まずは、10/2の沖増菜摘さんとはなわちえさんのユニット、HANAMASを。
(先日、東京都公認アーティストであるヘブンアーティストに合格。)

あるドラマーから、”彼女のパフォーマンスは偉才”だと・・・。
そう言われれば、観に行かないわけがない^^;

後は・・・まあ、気ままに音楽をスイングできればそれでいい・・・。


けい
[PR]
by kei4542 | 2011-09-25 23:01