好きなアーティストさんのライヴを中心に、書き込んでいきます!


by kei4542

タグ:江口正祥 ( 16 ) タグの人気記事

本日、昌己ちゃんのデビュー22周年。

まずは、22年歌手を続けてこられた昌己ちゃんに、おめでとうの祝福と、感謝を。

そして、その22周年を記念したライブが、先日の22日、渋谷のMt.RAINIER PLEASURE PLEASUREでありました。


セトリや経過は誰かのブログでアップされるでしょう^^;・・・きっと。てなわけで、いつものごとく、来た人のみぞ知る。会員なら、公式HPの事務局通信でコンサート後記のようなものが見られるでしょう。

正直、いろいろ述べたいところではありますが・・・キーワードは、前回述べた記事にもある、ツインパーカッション、Babybooとのセッション、いづみちゃんのヴァイオリン。もう一つはいうまでもなく、昌己ちゃんのボーカルに関してでしょう・・・他にも今回のコンサートが今後にどう影響していくのか?触れたい所ですが・・・。

①ツインパーカッション

那須野綾と則包桜。
もういうまでもないでしょう。
そんな前からなのかぁ・・・という程付き合いの長い(14年?)二人によるパーカッション。
共演歴はないと桜ちゃん。でもあうんの呼吸だったように思ったのはみなさんも同じでしょう・・・。

どちらかが走ることもなく、息の合ったリズムで今回のサウンドを支えた、影の功労者はこの二人だったと思います。また機会があれば・・・いえ、代表殿の食事がごはん&わさびふりかけから、さらに質素になることで、きっとそう遠くないうちにまた共演の機会があると信じています・・・ね?代表殿!


②Babybooとのセッション

前日の私の記事にも、当日の本人達のMCでもありましたが、Unlimited toneとのさりげない対決を秘めたこのセッション(笑)。かなりびみょーな空気が流れていたことにお気づきだったでしょうか?

素晴らしいコーラスによるセッションだったと思います。ただ、本来の姿のBaby booではなかったことが残念。というのもメンバーの1人が骨折による怪我でこの日のBabybooは4人でのコーラス。

アンリミとの対決は次回に持ち越しということで^^;

アンリミの岡山、京都でのセッションと今回のBabybooとのセッションの両方を拝見した身として一つだけ言えるのは・・・アンリミのDodyさんの低音の存在感がやはり圧倒的だということ。
(そうなんだよなぁ・・・本八幡でのDodyさんライブ、触れてないんだよなぁ・・・)

Dodyさんの低音、昌己ちゃんの声質。両者のコントラスト・・・。
3人対4人の声量の比較・・・特に千年情緒のサビでの・・・。

果たしてどちらの要素を重視するか・・・でしょうね。


③いづみちゃんのヴァイオリン および 今後の展望。
うーーん。悩ましい・・・^^;;;どうしよっかな・・・。

さて、今回のサポートを考えるに当たって、沖祥子さんのことを挙げないわけにはいかないですね。


現に、オフィシャルHPで事務局通信において、事務局代表が両者を以下のようにコメントしています。
****************************
無理やり前事務所に頼んで実現させた「沖祥子」との出会い。
予想以上の反響と共に、ヴァイオリンの音色の美しさが昌己の曲をより壮大なものに変えたことは多々ある。
曲のサポート中心の沖祥子嬢が綴る音色は、流れるようでいて昌己の曲をより美しく魅せる。

対して「武内いづみ嬢」。
彼女は自らもライブを精力的に行っているヴァイオリニストだ。よくわからないが、チェロと、ビオラ?
3人の編成だったりもっと多かったり・・・。魅せる・・・観せる側の人たちだ。

私は以前から沖祥子嬢にはお願いしていて実現不可能と思われていたことが一歩前進したことを今言っておこうと思う。必ず・・・・ヴァイオリン、チェロ、ビオラ・・・弦楽器だけ(どうやらピアノは必要らしい)での井上昌己ライブを・・・・近いうち絶対に実現させてみせるのである。
****************************
以上、事務局通信より一部抜粋(スイマセン・・・拝借しました^^;;)。

大筋において代表の考えに間違い、大きな相違はありません。両者の実績をたどればよく分かる話。

更にその後の展望に関するコメント・・・。これも私にとってはウェルカムだし、今回の一連の松ヶ下さんの紹介の流れから当然の展開だと思う。
そして、ヴァイオリン、チェロ、ビオラが、グランノワールを指していることも、いづみちゃんのブログから考えるにまず99.99・・・%間違いないでしょう。

だが・・・それがベストなのか?と問われれば必ずしもそうではないように私は思います。
確かにいづみちゃんは見せる側の人間。でも、あくまでもするのは昌己ちゃんのサポート。
昌己ちゃんと同じステージで昌己ちゃん以上に光ってはいけないと思うし、現に先日のステージを見てそのような声も聞こえているのは確か。

おそらく、
昌己ちゃん+グランノワール(ヴァイオリン:武内いづみ、ビオラ:田口厚子、チェロ:平松由衣子)+ピアノ(松ヶ下さん?松原さん?・・・私的には中村理恵ちゃんがいい!オール女性!いいねぇ^^;)
・・・の編成が代表の念頭にあるはず。
(ピアノはグラノワ、いづみちゃんのライブオケでかなりの確率で入るのでほぼ必須のはず)

だが、これでは弦楽三重奏・・・。
弦楽三重奏は世間でもかなり珍しい編成だといわれ、四重奏よりも調和というより個性が強い編成だといわれます。現にグラノワのライブを見ればその個性がはっきりと分かると思います。

そこで、鋭い個性よりも優雅さを要求して、上記に、もう1人ヴァイオリンを加えた弦楽四重奏が理想だと思います。
その場合、キーになる人物は、
①沖祥子
②雨宮麻未子
③望月明香(あすか)  のいずれかでしょうね。

①の沖さんは、それまでの昌己ちゃんサポで実績がありますからね。異論はないでしょう。いづみちゃんに初めてのポップスの仕事でお声をかけた事は以前話した通り。
③の明香ちゃんはいづみちゃんの親友でもあり、ふんわりした感じで調和という点では一番だと思います。しかも、BLACK VENUS(あべ(^^;これも触れてない。)やRayでの活動によって、いづみちゃんと同じ、いや、それ以上に魅せる事がよくわかっているプレイヤーだと思います。
そして・・・②のまみちゃんですが、いづみちゃんとも面識があり、おそらく、バイオリンによるサポートという点では頭一つは抜けた存在だと私は思っています。
もし今回のpleasure pleasureがバンドスタイルだったとしたら、おそらく代表殿はヴァイオリン抜きにするでしょうけど、まみちゃんだったら問題なくサポートをこなしたでしょう。

私が思う彼女の素晴らしいところは、サポートに徹して主役を立てること。絶対に表にはでないこと。それでいながらヴァイオリンにスポットが当たれば素晴らしい華を見せてくれるところ。
おそらく、ソロでもストリングス隊でも、アコースティックでもバンドでも、彼女なら期待に応えてくれると信じています^^;;(というか、その全てのシーンを目の当たりにしてきたから・・・。ちなみに絢香も、アンリミのサポもしてる^^。おまけ・・・ただ今のBGM♪アンリミの七色の虹を追い越して♪)


まあ、どうなるかは井上昌己サイド次第。ギャラの問題、事務所の関係、純粋に昌己ちゃんとの相性など、いろいろありますからね・・・。
正直、昌己ちゃん+グラノワの話だけでも一年以上前に代表殿と話した事。明香ちゃんを除くキーの2人に関してもその時から代表に話していたこと。

理想はそうだけれども、まずは代表殿が考える、昌己ちゃん+ストリングスを実現するのが順序であり、筋でしょうね。それだけでも十分魅力的ですから。


あ。具体的な音に関して触れてませんね・・・^^;

沖さんのヴァイオリンを代表が、流れるような・・・というのに対して、いづみちゃんのヴァイオリンに関して、某パーフェクトマンから、”音が大きいというか、力強い感じがしましたねぇ・・・。”とお言葉を頂ました。

私はどちらも素敵な音色で流れるような・・・と思うのですが、確かに後者の思いもないとは言えないかな。ではそれはどこからくるのか?

これはある男性ヴァイオリニストから言われたことですが、ヴァイオリンの音階は人によって違う・・・すなわち、100人のヴァイオリニストがいれば、100人の”ドレミファソラシド”が存在するということ。
そして、どの音だったかは私に絶対音感があるわけではないし、どの場面だったかも忘れましたが、いづみちゃんの音で、低音のある音が低めに響いていた感じを私もうけました。

さらに、同様に演奏にヴァイオリンの加わった一曲目(純心だったかな?)で音が大きな感じもしました。

考えられる理由は二つ。
単にPAの調整の問題。もう一つはヴァイオリンの持つ特性の問題。
私は楽器に関しての目利きが出来るわけではありませんが、いづみちゃんのヴァイオリンはフランス製のオールドタイプ。私の楽器の選定は、値段のわりに音が大きく響くことを理由に選定されたようです。それ(楽器の好み)はご自身の楽器に関しても同様ではないかと推測します。
(あっ・・・そうなんです。私の楽器の選定をしたのはいづみちゃん。楽器を選定するということがどういう意味を持つか、判る人には判るでしょう・・・。そう。私の師匠は・・・。)

他には表現力の違いなどもあったと思います。私が師匠に教わったヴァイオリンを弾く際の姿勢で言えば、沖さんの背筋を伸ばしてしっかりとアゴでヴァイオリンを固定するスタイルが基本。上体を揺らしたりするのはあくまでもパフォーマンスだと。そのような見た目からも音に対する印象に変化はあると思います。ライブならではの話だと思います。

てなわけで、音に関しては、ヴァイオリニストとしての音階の違い、それぞれの楽器の違い、PAの違い、表現力の違いなどが沖祥子さんと今回のいづみちゃんのヴァイオリンの違いだと思います。

④ボーカル
⑤その他

まあ、以後ゆるゆると公開していくことにします。


けい
[PR]
by kei4542 | 2011-05-24 22:41 | 井上昌己
昨日はひさびさの昌己ちゃんフリーライブ。
関東圏では先月のDX以来。

天候は良いものの風が強く・・・花粉症の私は目がしょぼしょぼ(泣)
代表殿の髪はボサボサ・・・髭はボウボウ・・・。
e0176972_166182.jpg

”髭は伸びるの早いのに・・・この分、上にいけばいいのに”と、笑って良いんだか悪いんだか^^;;;

この日は全体的に人がまばらな感じ。人の入りは・・・まぁ仕方ないでしょう。

リハの昌己ちゃん
e0176972_168874.jpg


セトリは下記の通り。

1st.st

1 恋が素敵な理由
2 恋はLiberty
3 忘れてあげない
4 千年情緒
5 遥かな瞳のファナナ

2nd.st

1.恋が素敵な理由
2.世界にひとつだけの涙
3.僕がいるから大丈夫
4.YELL!-16番目の夏-
5.遥かな瞳のファナナ


終演後はいつものごとくサイン会。
e0176972_1611394.jpg


この日はビナウォーク側で用意した義援金箱と事務所サイドの物販がありましたが・・・両方ともちゃんと利用しました。サインもしていただきました^^v

地方物販ではあくまでも”購入者にサイン”ってことで、みなさんルール(マナー?)を守ってましたが・・・。
何度も足を運んでいて買うものがないって人の為に、500円のオルゴールCDも用意してありますからね・・・
新規の方々から見て、”なんだ?この人達?”って思われないためにもきちんと購入してほしいです。

その意味でもあえて再度苦言を呈しますが、物販チーム、撤収早すぎ!
聞けば、今回の物販はちゃんと事務所の収入になるそうで・・・豪華サポートを考えれば、少しでも活動の足しにして欲しいところ。


話は変わりますが、1st.stの際に、隣にいたある昌己ファンから”いづみさんのあれ(渋谷参加)って、けいさんのリクエスト通っちゃったんですか?”と質問が。
もちろん、リクエストというか、個人的な希望としては、いづみちゃん、明香ちゃん、まみちゃん、帆乃佳ちゃん等、参戦してくれればそりゃうれしいですけどね・・・。

今回の件は、代表の事務局通信にもあったように、あくまでも、アレンジャーの松ヶ下さんのマターで実現したもの。”オレ、関係ないよ。”・・・それが私からの回答。

ただ、今度の新曲でアレンジャーが松ヶ下さんだって聞いた時点で、もし井上昌己サイドが沖さんのトラを探す・・・それも松ヶ下さんに紹介してもらうってなったら・・・その競演関係から50/50でいづみちゃんかまみちゃん紹介されるよってことだけは話ましたが・・・。その予測を理解した上での今回の決定でしょう。

いずれにしても、昌己ファミリーにヴァイオリンのサポートが増えることは、音楽的な幅の広がりが”安定する”ってことですからね・・・良いことだと思います。

いづみちゃんに関しては、ただのファンってだけでなく、レッスンの会社を紹介していただいたご縁(まあ、他にも^^;いつか解る時がくるでしょう・・・)もありますからね・・・。

昌己ちゃんには、
”いづみさんのこと、よろしくお願いしますね・・・お酒、飲めませんから(笑)”
とだけ・・・^^;;

e0176972_16361854.jpg


こんなさわやかな笑顔なのに・・・う~ん。やっぱり昌己様にはかないません(笑)

(はっ、普通にアップしてしまった・・・ま、いっか^^;;)

けい
[PR]
by kei4542 | 2011-04-17 16:37 | 井上昌己
翌日、松山へ移動。道後温泉につかり、そのままライブへ突入。

松山編に関して一言だけ言うと、ほぼパーフェクトでした。
声量、音程、リズム、声の伸び、リバーブ、いずれも素晴らしかったですね。近年で最高の出来だったと思いました。やはり、地元で家族の見守る中ですからね(^^)
(一曲目だけ、ボーカルの音量が足りない気がしましたが・・・リハの出来ない影響を昌己ちゃんが修正したのか?PAのボリュームコントロールによる回復か?ま、どっちでも、素晴らしかったので問題ないでしょう^^)

翌日はバスで広島へ移動。
松原さんと昌己ちゃんが途中乗り込んでくれました。内容は・・・ご想像にお任せ(^^)
で、会場にて一旦解散。

今回のハコはビルの最上階とかなり良い雰囲気。
その場所にあわせたかのように、さくらの香りをまとったピンクのロングドレス姿で昌己ちゃん登場。
今日の昌己ちゃんは、香りとドレスがマッチしていて、見とれてしまうほど美しい・・・ま、普段からですが^^;
ライブバカが言うんだから相当だったと(^^;

演奏に関しては、大枠は大阪、松山、広島どこもほぼ一緒。
奏者が広島で、桜ちゃんが抜けただけであとは同一。

但し、当初予定の沖しょこたんは全て欠席でした。
こういうとき、沖さんのトラがいてほしいですね。
師匠、やってくんないかなぁ・・・(^^;
(師匠がその昔、ある現場で、ポップスの領域で初めてお仕事をしたとき、沖祥子さんからお声掛かりがあったそうで、面識がないわけではないそうです・・・師匠は、”先方は覚えてないと思うけど・・・”って言ってますが・・・)

来週はお休みかな?
9日京都、10日名古屋まで昌己ちゃんはお休み(;_;)
(次の土曜、誕生日なんですが・・・なんでライブないかなぁ)


けい
[PR]
by kei4542 | 2011-03-27 20:50 | 井上昌己
昨夜の仙台から、場所を福島に移しての昌己ちゃんライブ。

出演は昨夜に引き続き、
Vo.井上昌己
Gt.江口正祥
Pf.松原博

セトリは

1.遥かな瞳のファナナ
2.YELL ! 16番目の夏

MC メンバー紹介

3.純心
4.終わりの予感

MC 昨日の江口さんの話。タレ目ちゃん・・・
 卒業のエピソード。

5.卒業
6.LOVE

MC シェーカーの話。

7.熱愛
8.あのひと

MC 今日は・・・調べてないのよ・・・。

9.Up side down 失意の果て
10.二人の世界

MC

11.世界にひとつだけの涙
12.想春譜

MC 盛岡の話、エアーピアノ?わんこそばの話。新譜の予定。

13.終わりの予感
14.恋が素敵な理由

アンコール
15.千年情緒
16.恋はLiberty

ダブルアンコール
17.僕がいるから大丈夫

今夜の特筆すべきことは、卒業のエピソードでしょうね。
この曲でオーディションを受かって・・・って話は確かに感慨深いものがありました。
涙を流してたのも頷ける話です。同時になにやらうるうるして、憂いを帯びた感じがしたのは私だけではないでしょう。何かあったんでしょうかね?


取り急ぎアップです。

けい
[PR]
by kei4542 | 2011-03-06 14:43 | 井上昌己
今夜は悲しい想いをさせたかも知れない昌己ちゃんの為に・・・。

Vo.井上昌己
Gt.江口正祥
Pf.松原博

1.遥かな瞳のファナナ
2.YEEL! 16番目の夏

MC メンバー紹介

3.純心
4.終わりの予感

MC 牛タンの話

5.コンタクトレンズのせい
6.星空からのエレベーター

MC ご当地ネタ

7.彼女が泣いた夜
8.悲しい人

MC 斎藤惣一郎さんのコーナー

9.宿無し
10.ジレンマ

昌己ちゃん戻り
MC マスター、バースデー。

11.月と話す
12.愛だけ

MC

13.Up side down 失意の果て

MC 

14.世界にひとつだけの涙

MC 作品作りの話

15.恋が素敵な理由

アンコール

MC

16.千年情緒
17.恋はLiberty


ダブルアンコール
18.僕がいるから大丈夫


ツアー初日。結構な人の入りでした(誰が惨敗ですか?代表・・・小心者めぇっ・・・くすっ。もっと地方ファンのパワーを信じなさい!)。
なにより、地元のファンの存在を強く感じることができたステージでした。

オーディエンスによるコーラス、斎藤惣一郎さんのコーナー、いつもの昌己ちゃんのご愛嬌があったりと、充実した時間でした。

個人的には、"世界にひとつだけの涙"が良かったかな・・・理由は・・・昌己ちゃんには伝わってるだろう・・・と言うことでナイショ(^^;
(因みに、本日も物販で一言も言葉を交わせず(泣)でしたが)

明日(今日)は福島ですね。入場制限一杯の所、何の手違いか5人程度オーバーしてるという、とんでもないことになりそうな予感が(^^;

PS もう終了した話ですが、先日の件に関して物販中の短時間でしたが、とある方と大変有意義な意見交換をすることができました。この方がいる限り本件に関しては大丈夫でしょう。後は真の黒幕を・・・ボソッ(笑)・・・何でもないです(^^;

けい
[PR]
by kei4542 | 2011-03-06 01:27 | 井上昌己
みなさんこんばんは~^^

高田馬場DXで毎月行われる(7月はお休みらしいです)、昌己ちゃんのDXライブ、行ってきました!

ボーカル&エレピ:しょこちゃん
ギター&コーラス:江口さん
エレキパーカッション&ヴォコーダ&エレピ:水島さん

衣装は・・・赤、黒、白のタータンチェック柄のタイに同じカラーのワンポイントラインが袖、裾、腰に入った黒のロングドレス。ショルダーオーバーで軽いマーメイドラインだけど、背中が大きく開いたドレスでした。


1 星空からのエレベーター
2 1976年のラブレター
3 LOVE

MC

4 二人の世界
5 終わりの予感

「すいませんね。いい所で歌詞間違えてしまって」

【水島さんJOIN】

登場早々水をこぼす水島さん。
広島以来。
小編成はひさびさ。

6 恋はLiberty(水島さん:エレキパーカッション)
7 メリーローランの島(水島さん:エレキパーカッション)

MC

8 雨音の記憶(秘密兵器登場!水島さん:ヴォコーダー)

MC
ヴォコーダー説明。

9 揺れるココロ
10 michi-軌道-

MC

今年の水島バンドについて。
今日も背中キレイですよ。(水)

11 始まりの日曜日
12 想い出の続きはなくて・・・

【水島さんOUT】

「オレも一回くらいゲストで出たいです・・・。」(江)
「ちょっとしゃべっててください」(昌)
「なんで声色変わるかな・・・」(江)
「今日が二回めで、このあたり(指を折りながら・・・)には何かが起きるかもしれない・・・」(江)

来月のマンスリー情報。
平日でお客も少ないだろうということで・・・桜ちゃんもJOIN予定。

「オレ、東京タワーの時わかったもん・・・誰もオレのこと見てなくて。みんなそっちの方みてて。」(江)
「でも、がんばって弾いたんだよ。」(江)
「がんばったんだ(笑)」(昌)

あと、じょうせいさん、ゲストだそうです^^

ポストカードのお話。
「大丈夫ですよ・・・どっからみてもキレイなんだから」(江)
「また怒られたいんですか?」(昌)

13 愛だけ

今後の告知。
・昼間ライブあるそうです。
・まさか、まさかの次の新曲・・・曲、詩とも昌己ちゃんの中で出来上がってるそうですよ!!
どこかのライブで先行でやるそうです^^v
「全部行かないとどこでやるかわからないってことで・・・すごい商法ですね・・・うまい!」(江)

14 千年情緒

MC
ファナナの宣伝をしてくれているファンがいて、有線に宣伝してくれて(当ブログの、アポなし探検隊が行くの記事をご参照ください^^;)・・・登録されたのですが・・・登録料を請求されたそうです^^;;
ずっとずっと、何年も先、歌って行きたい!と昌己ちゃん。

さらに・・・衝撃の発言がwww

公式サイトの事務局通信にもあった、古賀さんと最近会ってお話したそうなんですが・・・。
古賀さんが、昌己ちゃんの唄を題材に、演劇の台本を書いているそうで・・・。
”昌己ちゃんでてよ”って言われたらしい・・・。

で、ご本人・・・まんざらでもないらしく・・・。女優デビューかぁぁぁぁ(笑)

ファンとしては見てみたいけど・・・いきなりって大丈夫なんでしょうか?^^;;;;

私が2月に観劇した、劇団ユニットG.COMさんの”闘争か逃走か”でヴァイオリン弾きの役として、一切台詞なしで演奏だけしたまみちゃん(雨宮麻未子)のように(台詞がないことでシュール感を出していた)・・・昌己ちゃんも、唄の流れるシーンで舞台で歌を歌う・・・例えば歌いながらミュージカル風に歩いていく・・・と言った形から初めた方が良いように思います。
どのような形で古賀さんからオファーされたかわからないのでなんとも言えませんが・・・。
私は、脚本と昌己ちゃんの才能次第だと思います。

15 遥かな瞳のファナナ


アンコール
MC

16 流星のアダージョ(with 水島さん)

MC

タペストリーラスト一個で・・・3人サインしたものがファンの一人に送られました^^
ちなみに・・・整理番号が、水島さんの年齢(4?才)の人に当たりました^^

・年齢トーク
・3人の恋バナ
「気持ち悪いでしょ?私たち(笑)」(昌)
・男性の不倫談義に・・・。

17 夢の続きへ

ここでありえないことが^^;・・・2番のBメロの入りでマイクのコードを踏んでしまい、マイクの根元からコードが抜けると言うアクシデント><



ダブルアンコール
MC

「はぁー」(昌)
「それじゃオレじゃないかほんとに」(江)
「くやしい、くやしいのほんと。」(昌)

昌己ちゃん本当にくやしそうでした・・・歌ったあと、目に涙を浮かべてました・・・;:
でもでも、ちゃーんと、ファンのみんながクラップしてつないでましたよ^^・・・誰も声も上げずにコードがつながるの待ってました。
井上昌己ファン・・・あったかいよね^^
そのことは昌己ちゃん自身が良くわかっています。

「みなさんが、いつも暖かい瞳で、暖かい空気で、暖かい笑顔で、私の目の前にいてくれるので・・・いつも。私のほうがいつも勇気付けられて、私のほうがみなさんにパワーを注入しなくちゃいけないのに、逆になっちゃったかもしれませんが・・・」

17 恋が素敵な理由

本日はサイン会はなし。出口でご挨拶のみ^^

最後の言葉は本当にファン冥利につきますね・・・ファンをしていて良かったと心から思える瞬間じゃないでしょうか?

取り急ぎ、記憶に残っている部分だけアップです。
ではでは・・・次回は札幌でお逢いしましょう♪
(小樽は行けませんが、音楽処のかたがいるので、物販は安心です!)

けいでした。
[PR]
by kei4542 | 2010-05-16 01:48 | 井上昌己
こんばんは~。

2時過ぎに打ち上げから戻りました。


ボーカル&エレピ:井上昌己
ギター&コーラス:江口正祥
バイオリン:沖祥子

一部
1 星空からのエレベーター
2 know one knows

MC1 
・名古屋は去年インストアで・・・ライブは6年ぶり?
・まず、出てきたら・・・この前の方の人たちが、”ちかっ!ちかっ!”って。ほんとに近いですもんね。あまりにも近いとこう。。。ねぇ。ちゃんと顔見るのも照れくさいしみたいなのもありますしね。
・江口さん紹介。
オレ名古屋完璧だよ。エビフライ・・・・手羽先食ったし・・・ひつまぶしだけ食べてない。(江)
・昨日は”風来坊”で手羽先食べまくった話。
”私ちょっと抑えましたよ。”(昌)
・今日はリクエストから選曲。一曲以外はリクエストで・・・。
自分たちで選んだら選ばないって曲も・・・。(昌)
この編成で無茶ですよねぇ。(江)すでにさっき・・・。(昌)
Know one knowsやりながら、お客さんのテンポが・・・(江)
いやいや、江口さんならできますよ。(昌)
やりますけど・・・僕だって無理なものが・・・(江)

3 どうしてあなたは泣いたんだろう
4 好きなのに

MC2
初めて、この曲(4)はやりましたね。(昌)
好きなのにってやったことある?(江)
スタッフいわく、かなりマニアックなのがあると・・・私にしてみれば、そうきたかぁ~って感じ。(昌)
次の曲は時代の流れというのがあるじゃないですか。、ずっとやってなかったんですけど。
タイトルからしてね、あ~って感じですよ。カセットの・・・。
当時はまだカセットで聞いてたんですよね。みなさんもわかりますよね?ね?(昌)
このころ携帯電話はなかったんだよね。今は出ないと怒られるからね。(江)
誰におこられるんですか?(昌)
そういう突っ込みはやめてください。(江)
カセットもさ・・・ひっくり返すじゃない・・・その感じがよかった。(江)
おじさんとかおばさんにはさ・・・あ、おばさんって言ってるわけじゃないんだけどさ。(江)
いやーいやー。(昌)
A面になにをいれてB面には何をいれてってさー。いーなー古いころはなぁ(江)

・2部構成・・・昌己ちゃんも江口さんも知らず(笑)
わかってたら、衣装も2着もってきたんだけど。
間の休憩で、”じゃんじゃんばりばり食べて飲んで・・・”(昌)
”ずいぶん古くね?昭和一桁のパチンコ屋さんじゃないの?”(江)

・昨日は車で4時間半。
音楽を聴く気分じゃなかったので・・・綾小路きみまろさんのCDを・・・。
ああいうのって若い子受けないのかな・・・。
面白いですよね・・・トークのヒントにならないかと・・・。ぜんぜん無理ですよね?
Sだからできるんじゃないの?(江)
”かっこいいひとの前だと緊張するんですけど・・・今日は全然緊張しません”(昌)
”今、客の視線がいたかったぞ”(江)

5 カセットの最後のナンバー
6 僕がいるから大丈夫

すごいひさしぶりのナンバーを楽器一本でするってすごい緊張しますね。(昌)
私のほうが緊張しますよ。(江)

【沖しょこたんJOIN】
MC3
・しょこちゃん紹介。
その際・・・江口さんから、”いーねー。あの弓で・・・”と、カミングアウト。

あわてて否定してましたが・・・きっとこういうことなのでしょう(笑)
江口さんのためのリンク張りましたので、よろしければどうぞ^^;;
弓・・・おしおき?(笑)

先週も、京都で終わった後打ち上げに行きまして、江口さんの人間としてのダメだししましたね。(会場爆)(昌)
人間としてのダメだしって。(江)
ミュージシャンとしては最高なんですよ。いろいろ突っ込みたくなるんですよ(昌)

・名古屋のおいしいもの談義。
しょこたんは大名古屋ビルヂング地下にあるポンペイのカレー。
・昌己ちゃんはうなぎ大好き。

7 奇跡の糸
8 愛しているから

30分休憩

二部
9 メリーローランの島
10 YELL-16番目の夏-

MC4
・CD売り込み^^
1gでも軽く・・・。
・Tシャツの色談義。

11 あなたが教えたこと

MC5 
先週京都であって・・・勢いでまたやりましょうって話が。
8/15京都にてフルバンド?でのライブ予定。
ソフトなときとハードなときと・・・。女性とつきあうときも、やさしいだけじゃだめ。ときには強く。(江)
私はあまり、きついのがある人はイヤなんですけどね。(昌)
あなたきついからからね。(江)
そんなことないですよ。(昌)

このお店いいですよねぇ・・女性と白ワインってカンジかな・・・。(江)
やだぁ・・・ぜんぜん似合ってない江口さん。(昌)

次の曲は唯一誰からもリクエストのなかった曲で・・・。

12 想春譜
13 世界にひとつだけの涙

【沖しょこたんJOIN】

MC6

おまたせしました・・・。しょこたんに質問があったんですよ。
まずですね。沖さんが思う井上昌己の良いところは?会場から爆笑。
”これあなたたちから質問あったんですからね!!”(昌)・・・声に力が・・・^^;
”去年の6月に初めてセッションしたんですけど。”(祥)
【注・・・初セッションは4月の川崎ラゾーナですね。6月は六本木の初夏音です。】

好きな曲はなんですか?
”新曲かな・・・”(祥)
”すばらしい!・・・いい雰囲気にさせて・・・持ち上げて”(江)
”CDにははいってないですけど、ライブではイントロでバイオリンが入っていて・・・”(祥)
”あれ・・・代表が大好きな・・・”(昌)
”先週は・・・そのおいしいメロディーを弾かなきゃいけないときに・・・”(昌)
”帰っちゃいましたからね”(江)

美しさを保つ秘訣は・・・?
秘密の情報交換・・・楽屋でこれがいいよ・・・とか話をしてるそうです^^;
髪の中にしこめるヘアピン・・・とか^^;ぴっとリフトアップできる・・・。(昌)
たれ目がいい人はどうするんだ???(江)
今のほうがいいと思いますよ。唄とかも味があって(江)

すべてわかって・・・なんていうの?Sな感じで。(江)
わかった。二人の美貌の秘訣・・・よく飲んで騒ぐんでしょ?ストレスないでしょ。オレと代表なんてストレスばっかだもん。(江)

21年まえからやってるPOPBEAT・・・一緒にやってくれますか?(昌)
バイオリンていいなぁ・・・オレもこうやってひこうかなぁ・・・(江)

14 向日葵
15 千年情緒

次が最後の曲に・・・え~~(会場)
まってましたよ(昌)

16 遥かな瞳のファナナ

アンコール
MC7
当時の名古屋の番組でエンディングに使われていて・・・あれ?少ない?

17 忘れてあげない-NEXT- (名古屋Ver.)
  キーワードは、DOXY、大洲、セントラルパークでした。

ダブルアンコール

MC8
今後の告知。
音楽室では相撲の土俵があるそうです。
・・・
・・・
まだ江口さんとかに言ってないんですけど・・・今年は、カウントダウンとかのイベントをやりたいなぁ~と
ただ飲んだくれてるだけならライブいいなぁって。

こうして名古屋でライブできたのも・・・足を運んでくれたみなさんのおかげです。
感謝しています。ありがとうございました。

感謝の気持ちをこめて・・・。

18 恋が素敵な理由

名前なしサイン会あり。


この日はライブ前後にも面白い(?)光景を見ることができました。

今回私は、新幹線で名古屋入り。名古屋駅から地下鉄で栄まで向かい、次の日の栄ミナミ音楽祭の会場を確認。チェックインとDOXYの位置を確認するために、徒歩でその方面に向かったところ・・・現地の近くで黒の私服なのに、おっきなサングラスに日傘をしてる、奇妙?(笑いえいえ、高貴なオーラがでていてという意味です)な女性がキョロキョロしながらすれ違い・・・。
あれっと思って振り返ると、ヴァイオリンケースを背負っていました・・・もちろん、この近辺でキョロキョロして、ケースを担いでる女性といえば・・・しょこたんしかいません(笑)。
先にチェックインしようかと思ったのですが、迷子?だったら教えてあげようと思い、先にDOXYへ^^
すぐに見つかり、DOXYの前(地下にあって、扉が開いてた)で代表殿に挨拶して、地上に戻ると、しょこたんがやって来てたので、下に林さんいますよ~と挨拶して、チェックインしましたとさ^^;

で、終わったあと・・・2時すぎに宿泊先にもどって鍵をうけとり、エレベーター待ちしてると・・・突然エントランスのガラス越し(外)に江口さんがやってきて、なにやら携帯電話をw
そこに宿泊していたのか?少し奥まった入り口だったので、そこで電話だけしてたのかはわかりません^^;

こんなハプニング的なことが結構ありますね・・・高知でも・・・。
(高知に関しては、いつぞやの約束とおり、レポします^^;;;高知もいろいろあったんですよ・・・実はw)

お休みなさい~。
けいでした。
[PR]
by kei4542 | 2010-05-09 03:07 | 井上昌己
みなさんこんばんは!

さあ、始まりました。昌己ちゃんのFace to Face Live VOL.2♪

今夜は第一弾!京都都雅都雅でのワンマンライブ。

ボーカル&エレピ:昌己ちゃん。
ギター&コーラス:江口さん。
バイオリン:沖祥子さん。

衣装は、公式ブログでも昌己ちゃんご自身が書かれているのですが、八代亜紀さんの衣装・・・ではないですwww

いやいや、とんでもない。真っ白で純白のロングにシルバーのアクセがちりばめられた、ウェディングドレスを思わせるような素敵なドレス姿でした。
そうそう、例の、胸元が・・・と、物議?をかもした例のドレスでございますよ^^;
古賀さんのライブハウス、ワニズホールで一度お召しになられたのを、一回じゃもったいない・・・元をとらなきゃ(笑)ということで2度目のお披露目でした。
(ワニズホールでなくイクスピアリらしい・・・どっかで見たと思ったのはDVDでだったんでしょうか?^^;;失礼しました。)


♪本日のセトリ♪

1 星空からのエレベーター
2 ありきたりのラブソング

MC1

3 あなたが教えたこと
4 YELL! -16番目の夏-

MC2
衣装について・・・。目のやり場が・・・と江口さん。

5 High Heel-もうひとつのSweet-
6 どうしてあなたは泣いたんだろう

MC3
50歳談義(笑)。

7 古書の町
8 想春譜

沖祥子さんJOIN

MC4
衣装について

9 愛しているから
10 奇跡の糸

MC5
同職同志の結婚はNG・・・ミュージシャンは全会一致でダメだし(笑)
自分の娘がミュージシャンと付き合ったらどうする?という問いに、ミュージシャンだけは、絶対にダメ!特にギタリストは・・・。としょこたん(笑)
お堅いところがよい?・・・今度合コン?

11 千年情緒

次の曲・・・のはずが^^;ハプニング発生!(笑)
次のファナナは、沖さんのヴァイオリンが主旋律で、ギターと一緒にイントロが流れるはずが・・・トコトコとしょこたん、ステージの下へ・・・^^;;
ええええーーー????って思っていたら、ギターのみのイントロが^^;;;
で、当然ストップ。

昌己ちゃんいわく、”江口さん間違えた!ここMCだよ。しょこたんも間違えた”
と冷静に江口さんには容赦なくS攻撃(笑)。
しょこたんには、”今度は立って弾くのかなっと思った”らしいですが・・・そんなわけないじゃんwって位、堂々とステージ下へ降りてった沖しょこたんなのでした^^;;;

”そうか・・オレも間違えたんだ(笑)。いまこの一瞬、みんな3人とも思い思いシュプールを描いてたのね?”と江口さん。

みなさん、良くわかってらっしゃいますよねぇ^^;


MC6
ヴァイオリンやってなかったら・・・しょこたんは証券トレーダー?
昌己の野望!・・・江口さんにギャラをドーーンと(笑)
音大の男子はモテモテ・・・音大マジック(笑)

で、リテイク?でファナナ♪

12 遥かな瞳のファナナ

沖祥子さんOUT

13 思い出の続きはなくて・・・
14 恋はLiberty
15 メリーローランの島

アンコール
16 恋が素敵な理由
17 向日葵

MC7

ダブルアンコール
18 世界でひとつだけの涙


先日の東京タワーでの熱気も覚めやらぬ状態での、まさかの”星空からのエレベーター”からスタート。
ファンの方々のリクエストに応える形での選曲で進行し、沖祥子さんのヴァイオリンで音の響きを堪能し、まさか、まさかのダブルアンコールで、”世界でひとつだけの涙”で締めという、私にとっては21年間を凝縮したスペシャルな展開でした。
(この2曲が私にとってどんな意味を持つかは過去の記事をご参照ください。)

そして・・・本日も物販させていただきました^^;お買い上げくださったみなさまありがとうございました。

結果的に、今日はカバーは歌われず・・・そのせいかカバーアルバムの売れ行きが^^;
やっぱり毎回、”チェリー”を100回歌いましょうか?(笑)ね、江口さん!

【ちなみに本日はカンジさんと物販でした^^計算楽でした^^。S坂さんはムービー係。くるめさんはスチール係でした。S坂さん、ダブルアンコール、ちゃーんと撮れたんですよね?(あえて念押し^^;)・・・撮れてなかったら・・・しばく!!!(笑)】

打ち上げも参加させていただきましたが、ダックさん、お名刺までいただきありがとうございました^^これからもよろしくお願いします!


早くレポしろと催促メールが来てるので、とりいそぎアップします!
ではでは、けいでした♪
[PR]
by kei4542 | 2010-05-02 00:19 | 井上昌己

9時45分^^

皆さんこんばんは^^

井上昌己フリーライブ@東京タワー行ってまいりました。

実は私・・・東京に18年もいるのに東京タワーは初^^;;;それもすぐ側の病院に勤めていたこともあって・・・それもタワーの見える病棟だったのにです^^;;;
まあ、なまじ毎日見えるだけにいつでもいけるやってことで行かないのかもしれませんね。

それはさておき・・・本日のライブ。

ボーカル&エレピ:井上昌己
ギター&コーラス:江口正祥
パーカッション&コーラス:則包桜(のりかねさくら)

セトリは
1部
1 恋が素敵な理由
2 チェリー
3 あの場所へ
4 愛しているから
5 千年情緒
6 遥かな瞳のファナナ


2部
1 恋が素敵な理由
2 Too far away
3 YELL -16番目の夏-
4 星空からのエレベーター(2010年ver.?(笑))
5 千年情緒
6 遥かな瞳のファナナ

短めのライブでしたが、いろいろあったライブだと思います。

まずは、初パーカッショニストの則包桜ちゃん。ちょっと最初は遠慮がちな感じで音を刻んでいたように思いましたが、だんだん元気になってきたと思います。そして、ただ刻むだけでなく、しっかりと井上優弥子ちゃんを思い出させるようなコーラス(YELLで)も聞かせてくれました^^綾さんは照れてあまり歌ってくれた記憶が・・・^^;;
でも、できればレギンスでカホーン刻むのはやめましょうね・・・最近の流行なんでしょうか・・・^^;

そして、実は私、東京タワー初めてでした^^;
その初タワーで、昌己ちゃんのライブ。それも、2010年ver.の星空からのエレベーター♪
当時の東京タワー。最終のエレベーターは8時15分。今は二年前から9時45分なのだそうです・・・。で、
”はぁちぃじぃ~♪じゅう~ごぉふう~ん~♪”が・・・”くじぃい~よんじゅぅごふぅ~ん~♪”になっておりました(笑)

いずれにしても、いろいろな意味で思い出のあるこの曲。やっと、東京タワーで生歌を聴くことが出来てうれしい限り^^v♫

やはり、タワーで聴く昌己ちゃんは最高だと皆さん考えているのか、ご無沙汰している方。遠方の方。そして、通りがかりの方がたやカップルのみなさんも足を止めて聞き入っていました。本当にうれしいことです。

次回は、5/1の京都、都雅都雅ですね^^

ではでは、また^^
けいでした。
[PR]
by kei4542 | 2010-04-29 01:35 | 井上昌己

命がけ(笑)

週末にかけて、2件のライブに行ってまいりました。

土曜は、”井上昌己満天の星空の下で!~プラネタリウムLIVE出演!@千葉”
日曜は、”井上昌己Face to Face tour vol.1 オーラス@高田馬場音楽室DX”

何が命がけって・・・千葉、外房にある富浦市。南国リゾートみたいな素敵なところでした・・・が。ですね・・・家から何分、いえ、何時間かかったんだろ・・・。正確な時間計ると気が遠くなりそうなんでやめますが、アクアラインを使って、少なくても3時間かかったはず^^;;;
しかも、夜勤明けで一睡もしてない状態でのプラネタリウム・・・心地の良い音楽・・・真っ暗・・・リクライニング・・・涼しい風・・・zzz(笑)
寝ないほうがおかしいだろーっと開き直ってみる^^;;
昌己ちゃんのときはちゃんと起きてましたよ^^v
それ以外は睡眠学習状態^^;・・・でもでも、その場でARIAさんに試験されてちゃーんと答えられましたよ^^;じょうせいさんの曲^^v
こちらの詳細は、”素敵な理由”さんのブログで、セトリ含め、詳細アップされていますので、そちらをご参照くださいね^^

で、音楽室DX。
正直、プラネタリウムの日まで、迷ってました・・・どちらかというと、8割欠席の予定でした・・・が、代表殿から、”え?大丈夫なんだよね?物販断っちゃったよ。”と宣言が^^;
ひぃぃ~もう行くしかない・・・てなわけで、必至こいて日程調整^^;職場でKYだと思われたでしょうね・・・きっと^^;
ところが・・・”あ、物販いいやってか、新曲とシャツしか持ってきてないんだよね”・・・オイw
”まー、たまにはゆっくり楽しんでってちょうだい”・・・クビになったら、あとのことよろしくです・・・代表さま!
(まあ・・7月一杯を目処に、職場を変えようと思っていたところなので・・・^^;できれば、早めにFtFライブvol2、お願いしますね・・・そしたら全部行きます!)

で、オンタイムで入場。
コーラス&エレピ:昌己ちゃん
(ワインレッドのon膝ドレスに、ロングブーツ。ちょっとサイズが大きいのか、胸元がぁぁぁwwwと、打ち上げで女性陣が申しておりました・・・^^;)
ギター:最近ドMぶりが板についてきた^^;、エロギタリスト江口正祥

1 恋が素敵な理由
2 Before tears

MC1

3 YELL -16番目の夏-
4 メリーローランの島

MC2
地方の方々は、初めて見ました。来てくれてありがとう・・・懐かしい曲を・・・リクエストしてくれて。(昌)
このツアー1月に始まって、最初は季節を意識した選曲をしてきたけど、もうどうでもいいやって。(昌)(会場爆笑)
”メリークリスマスをあげたい”だけはないね・・・この曲のときだけは、私、地球の裏側から来て季節感わかりませ~ん・・・で。(江)

自然にフェードインして来ましたね。江口さん。ちゃんと紹介しましょうかね。(昌)
今日はいいでしょ。ファンクラブの方だけだもの。(江)
頼りになる・・・江口正祥~。(江)
後楽園。ホームに帰ってきたって感じだよね。後楽園でホームランかっ飛ばしてる感じ。(江)
ここ数日の睡眠時間がほぼ?時間でして・・・もう絶好調ですよ。もうロウソクのあれと同じででふいっと。(江)
あしたは、ライブないんですか?(昌)
ないんでね・・・ふっときえたまま・・・探さないでください。(江)
どっかで勝手に消えててください。(昌)(会場大爆笑)
わかってるけどSだよなぁ~。(江)
いえいえそんなことない、喜んでいただければ。(昌)
普通はこんな冷たいこと言わない。(江)
今回のツアーでまた再確認してね。攻めれば攻めるほど喜んでくれて・・M心。(昌)

今回のツアーでいろいろ周りましたけどおいしいものは?・・・。(昌)
オレはとにかくカニバケツ。(江)
だけど、バケツ、半分上げ底。(昌)
2番がレバサシ。やまちゃんスペシャル。(江)
私たちが帰るときも並んでて。すごいと思った。(昌)

昌己殿はなにが一番おいしかったんですか?焼酎とかワインとか言わないでくださいよ(江)
広島で、お好み焼き・・・。(昌)
・・・

次の曲も急遽ライブハウスで譜面を書いて・・・。(昌)
汚いよねぇ自分でも読めないよ。(江)

5 恋はリバティ

MC

6 古書の町
7 HIGH HEEL
8 終わりの予感

皆さんには関係ない話ですが・・・。(昌)

厄落としの話・・・。(江)
プレイに集中してほしかったのに・・・。(昌)
言葉なくて、会話ができるんだよね。ちょっとした長さでぞわぞわと・・・(江)
同じ曲やってても、毎回違いますしね。
ほんのAメロからBメロに・・・今日の恋が素敵な・・・レイドバックしてたんだよね・・・。
生ものなんでね・・・ちょっとした自分の何かがテンポ感に。(昌)
どっちかがまちがったりするとさ・・・ヨシヨシヨシって(江)
そういうところを見てさ、お客さんが楽しんでくれて・・・今回のツアーで良くできたと・・・。(江)
なんせやっぱMCがいいよね。心から感謝しているってのが出るんだよね。彼女はね。(江)
おーっと、ほめ殺しだぞぉ~。(江)(会場大爆笑)
それいわないの。(昌)

江口さん、コーラスまでやってくれて、今回のスタッフ、新曲はもちろんだけど・・・次にカバーが(昌)
・・・
そんな簡単に売れるんだったら・・・チェリー100回やろうか?(江)
やだっ!それだけはやだ!(力強く)(昌)
・・・
こんだけいうんだから、Vol2ではSにならないでください。(江)
だってよろこぶんだもんねー。なんかうれしそうだよねー。(昌)
なんか、けなされるのって、燃えるんだよね。(江)

9 ありふれた今日という日に
10 思い出の続きはなくて

今回のツアー、タペストリーを作って一緒に旅をしました。ぶっちゃけ、今回、実は原価が8000円なんですね。で、最初はオークションで・・・でも、そんな商魂たくましいことしちゃいかんということで、今回のツアー、全部に参加してくれたファンの方が、一人だけいらしたんですね(おおーーという会場)。で、その方に送りたいな・・と思うんですけど、みなさんいいですか?(満場拍手)(昌)

”それは8000円の問題じゃないぞ。交通費だけでもバカにならない・・・交通費に、飲み代に、飲み代に、飲み代に・・・。(会場笑)”(江)

”これはVOL2になったら大変だ。”(江)

ここで、パーフェクトのF村さんに昌己ちゃんからタペストリー贈呈。
(あのー・・・私とみっちゃんさんの年末地方ライブパーフェクト賞はどうなったんでしょうか?ねぇ!代表殿^^;)

江口さんは車で…アタシは飲むよ。(昌)

毎回来てくれた彼に付けといてくれ。(江)

11 抱きたい

さてみなさま、ここ高田馬場音楽室・・・ディーエックス?デラックス?(江口さんもわからず、会場スタッフからディーエックスと)・・・すいません、どっちも判ってなかった(笑)。これから毎月一回やっていきたいと・・・。毎月ゲストを呼んでしたいと思って。(昌)

沖祥子さんです!(昌)
おれなんかここいると、見えないって、見えないオーラがバンバンくるんだけど・・・。すげー空気わかるんだ。
(江)
ヴァイオリンみたいもんね。(昌)
見える?なんとかがんばって・・・。(昌)

なに?オレもっとそっちいけ??もう向こうまで寄ったるわww(江)
このチューニングがいいんだよね。オレなんかした向いて・・・。(江)

江口さんどうですか?女二人に囲まれて・・(昌)
S!S!M!・・・いやいや、名前がね。昌己、祥子、正祥だもん。(江)
うらやましいだろー。このステージで男一人。それも一番前。初めて来た人がいたら絶対ブーイング。
このコーナーもうしゃべんない。3・2・1・・・。(江)

ほっとくとどんどんしゃべっておもしろい・・・。(昌)

浜松町の方でやって。(祥)
迎えにいったのが事務局代表で・・・あせって目の前でUターンして。警察につかまって・・・。見てた人?(昌)

二人素敵でしたね?かっこいいーって思った。(祥)
普通そういうだろー。ここ出てきて江口さんサイテーっていうやついないだろー。(江)

12 愛しているから

ちょっとまって。ちゃんとチューニングして・・・。(江)
黙ってていいんでしょうか?(昌)(会場笑)
いいねー。やっぱり。(江)

13 奇跡の糸

昨日のプラネタリウムの話。次回の音楽室をはじめとするスケジュールの話。

次の曲もね・・・ツアーを重ねるうちに、より、大切さが増した曲です。いろんな思い出がつまった曲です。(昌)

14 想春譜

さて、長い長い、FtFツアーVOL1も、残すところ、一曲になってしまいました!(昌)
ええええええ~~~~!!!(会場)
ありがとうございます。さすが、さすが東京ですね。(昌)
さすが東京だなーなんでこんな息があってるんだ。(江)
やってくれましたね。どこにいっても。どうしようかな?これいおうかな、いうのやめようか思ったんですけど、勇気をもっていうと、一人になってもありましたね。(昌)

(毎回、一部替え歌をしてきた恒例の、”あれ”ですが・・・。今日はそのまんまで・・・というと、え~が^^;;;で、急遽、東京バージョンに^^;)
”い~ざかやで~”と江口さん^^;;

※以前ろくさんのブログにも書きましたが、この、恒例となった”え~”。これからは、毎回必ずやります!広島編あたりでも書きましたが、この”え~”を聞いた江口さんが、”ベタやな”という感想をぼそっと言いつつ、うれしそうにしているのを見たのをきっかけに、中四国に来ていたシンさんと毎回意地になって、私も小声ながら”え~”を言ってきました^^;
で、高知の物販中に、シンさんから、”これからも、やってください!一人になってもやりますよ”宣言が^^;
昌己ちゃんも、”そっか、やったほうがいいのかな?”ってお言葉がありました。

15 忘れてあげないNEXT 東京バージョン。

アンコール
E1 千年情緒
E2 遥かな瞳のファナナ

ダブルアンコール
DE1 向日葵

とりいそぎ粗文ですが、消去防止でアップです。
ではでは、けいでした。
[PR]
by kei4542 | 2010-04-12 01:57 | 井上昌己